【逮捕は?】97歳運転手は誰で名前や顔は?福島市南矢野目の事故現場はどこ?原因は?

福島市南矢野目の市道で97歳の男性が運転する車が事故を起こしました。

この事故で女性が1人亡くなっています。

事故を起こした男性などについてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

19日午後5時前、福島市の市道で軽乗用車が歩道に突っ込み歩行者をはねたあと、車3台に衝突する事故があり、歩行者の女性が死亡しました。 【写真を見る】97歳運転の車が歩道に突っ込み歩行者はねる、車3台にも衝突 40代女性死亡、5人けが 福島 事故があったのは福島市南矢野目の市道で、19日午後5時前、通行人から「軽自動車が歩道に乗り上げ、女性がはねられた」と消防に通報がありました。 警察によりますと、軽乗用車を運転していたのは97歳の男性で、歩道で歩行者をはね、さらに信号待ちをしていた車3台に衝突したということです。 消防などによりますと、この運転手も含む6人が救急搬送され、そのうち歩行者の40代女性1人は死亡が確認されました。 97歳の運転手と、衝突された車に乗っていた20代女性、70代女性、80代女性、100歳女性は意識はあるということです。 現場は「イオン福島店」西側の市道です。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

イオン福島店の近くの道路で

97歳の男性が事故を起こし死傷者が出ています。

 

歩行者の40代女性がお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

また、97歳男性の運転する車は

車3台にぶつかっていて、

衝突された車に乗っていた20代女性、

70代女性、80代女性、100歳女性が

けがをして病院に搬送されています。

 

97歳の男性運転手の身元は明かされているのでしょうか?

調査してみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

97歳男性運転手は誰?名前や顔画像!逮捕は?

 

 

名前;不明

年齢:97歳

性別:男性

 

運転していたのは97歳の男性でした。

97歳で運転…

筆者はちょっとびっくりしてしまいましたね。

 

高齢者の事故がたびたび話題になりますが

90歳代はなかなか珍しい気がします。

 

97歳にもなって

運転を続けなければいけない理由は

何だったのでしょうか。

 

ご家族はいたのか、

協力は得られなかったのか、

免許返納の説得はなかったのか、

色々と考えてしまいます。

 

 

 

現時点では逮捕の報道などはないようです。

 

意識はあったものの、

病院に搬送されたようですから

治療を受けているのかもしれません。

 

女性が1人亡くなっていますから

今後逮捕される可能性もあると思います。

 

名前の報道などがありましたら

こちらにも追記していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

事故現場や事故原因は?

 

事故現場は、

・「イオン福島店」西側の市道

・福島市南矢野目の市道

と報じられています。

 

映像などから場所が特定されています。

 

 

 

見通しが悪いわけでもなく、

道幅も十分ある道路のようです。

 

事故原因ははっきり判明していませんが、

97歳という年齢が関係ないとは言い切れない気がしますね。

 

 

事故原因が発表されましたら

こちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

 

18歳にならないと免許が取れないのに、どうして能力が著しく低くなる97歳が免許を保持したままでいいのか。 免許とは、その能力があることの証明書のはず。 上限年齢決めて、それ以降も運転したければ実技も学科も再試験受けるべきだわ

 

自動車は、免許を18歳まで取得できない年齢があるんだから、これから、超高齢化社会になっていくんだから、反対意見も多いと思うが、免許を返納しなければいけない年齢を法律で作ってもいいと思う。 この97歳の方は、世間から叩かれると思うし、この方に子供たちがいたなら、何で運転させたんだって絶対言われるし、同居してたなら、全国ニュースには、名前は、報道さらなくても、近所やその地域くらいには、わかってしまうので、世間の目を気にして最悪引っ越したりしなければならない。 こうならないためにも、免許返納の年齢制限は、必要になってくると思う。

 

高齢化社会なので難しい問題だなぁ感じますが、毎日街のどこかで結構ご高齢の方の車の運転をお見かけします。自分の家族がもしこういう事故に巻き込まれたらと不安に思うのも事実です。政治家の方は、高齢者からの票集めにやっきになるのではなく、こういった高齢化社会の問題を解決することにも注力してほしいと思います。核家族化や年金問題で長く働くことは、車の運転を必要とする年配者が必然に増えてしまう。この解決策として、みんなが共同で乗れるサブスクタクシーなど政府がもっと国民の生活支援をはかるべきではないでしょうか。70歳まで長く働けと言う政府にはもっと考えていただきたいです。

 

97歳の爺さんが運転する車が歩道に突っ込み歩行者をはね、40代女性が死亡とある。いやー、97歳迄運転するってあまりにもリスク大きいし、他の車3台ぶつけている時点でもうただただ驚きである。あと、交通手段がなくなるとかデメリット等が出るのは仕方ないにしても、免許を強制的に没収や取り消しが出来る年齢を決めないとまたこの類の事故は続くと思う。免許証を持っているという事は安全に自動車を運転することが出来、かつ安全運転をしなければならない事になるので年齢自体は関係ないが、やはり人間は加齢とともに認知、判断能力やハンドル、ブレーキ、ギア操作等に低下や遅れ等が出るので、現行更新時の75歳以上の技能試験で不合格になれば取り消しになるが、更新が出来る年齢もはっきり法改正で上限を決めなければならないと思う。

 

事故で死んでしまった40代女性が気の毒でならない。人生まだまだこれからだったはずなのに、無念だと思う。 何歳まで運転してもいいかは難しいところだけど、97歳はさすがにダメだと思う。周りの人は止めなかったのだろうか? 70歳を過ぎるとどうしても咄嗟の判断力の低下や身体の衰えがみられやすい。 個人差はあるものの、75歳ごろには免許証返納した方がいいように思う。まだまだ乗れると思うかもしれないが、事故を起こしてからでは遅いので、少し早めに判断する方がいいように思う。 車がないと生活がと思うかもしれないが、なかったらなかったで意外に生活は可能かと思う。 田舎の方でも乗合タクシーなどが広がってきている。便利ではないが全く手段がないわけではないので。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)