赤堀恵美子・碇利恵のツイッター特定!「赤堀ユウナ」が偽名!虚言壁で夫婦の評判がヤバイ!

碇利恵 ツイッター

福岡県篠栗町で5歳の翔士郎くんが餓死した事件で、

逮捕された赤堀恵美子と碇利恵容疑者のツイッターがようやく特定されました。

そして、赤堀容疑者が「赤堀ユウナ」という偽名を使っていたことや、

赤堀夫婦の評判がヤバイ!と話題になっているようなので、まとめました。

 

スポンサーリンク

 

 

 赤堀恵美子のプロフィール

赤堀恵美子 ツイッター

名前:赤堀恵美子(あかほり えみこ)

年齢:48歳

職業:無職

家族構成:夫・子供3人

住所:福岡県篠栗町

 

赤堀恵美子は、ママ友だった碇利恵に近づき洗脳していきます。

赤堀恵美子

 

こちらの画像を見る限り、碇利恵がかなり楽しそうにしていますよね。

この画像の場所は、碇容疑者が篠栗町に引っ越す前に夫と住んでいた一軒家です。

赤堀恵美子

碇利恵の自宅には、赤堀容疑者夫婦が遊びに来ており、

家族ぐるみの付き合いだったことが分かります。

真ん中の男性が、赤堀の夫とみられる人物。

そしてその横には、亡くなった翔士郎くんの姿が・・・

 

真ん中の男性の横にくっついて立っているので、懐いていたのかもしれませんね。

この後、赤堀恵美子は碇利恵に対し

「あなたの夫は浮気している」

と洗脳をしていきます。

そしてこの素敵なマイホームも、夫婦も、子供も失っていくことに・・・

碇容疑者も、赤堀と出会っていなければ・・・洗脳されなければ

今も子供たちと夫と幸せな時間を過ごしていたかもしれません。

 

赤堀容疑者のヤバすぎる洗脳方法はこちら!


 

 

 

スポンサーリンク

 


 赤堀恵美子のツイッター特定!

赤堀恵美子 ツイッター

 

赤堀恵美子のツイッターを調査したところ、こちらが赤堀容疑者のツイッターのようです。

ちゃっかり非公開になっていました。

そのため中身を見ることはできませんでした。

 

その他、赤堀容疑者のfacebookもリサーチしました。

赤堀恵美子 facebook

赤堀恵美子のfacebookをリサーチしたことろ、同性同名の人が多数いたため

本人と断定することができませんでした。

こちらは引き続きリサーチを続けたいと思います。

 

赤堀恵美子の宗教が創価学会と判明です

 

スポンサーリンク

 


 碇利恵のツイッター特定

碇利恵 ツイッター

碇利恵容疑者のツイッターを探してみました。

「碇利恵」で検索しても、まったく見つけることができずにいたのですが、

どうやらこのアカウントで利用していたようです。

見つからないはずですね・・・

そしてこのようなツイートがありました。

碇利恵 ツイッター

「育児のことはほったらかし、、、絶対遊んでる。あじありえない。今日こそ話す」

碇利恵の夫は育児に無関心で遊んでいたのでしょうか。

それとも、赤堀容疑者の存在が嫌で家に帰ってこなくなってしまったのでしょうか。

どちらにせよ、赤堀容疑者の存在が碇夫婦の関係に亀裂を入れたことは

間違いないでしょう。

 

碇利恵 ツイッター

「誕生日くらい祝ってよ。一緒にいてよ。。もう限界。」

碇容疑者は、赤堀容疑者に洗脳されつつも、夫に救いを求めてたのかもしれません。

もう限界・・・

これは赤堀に対する愚痴でしょうね。

 

碇利恵 ツイッター

「育児家事、頼れるのはママさんだけちゃけど」

ママさんというのは、赤堀容疑者のことでしょう。

赤堀は碇利恵に「あなたの夫は浮気している」

「私がいるから大丈夫」と言い、夫の浮気を疑うように仕向けました。

 

碇容疑者が離婚後「元夫の浮気調査費用」という名目で、碇容疑者の預金通帳や現金、

生活保護のお金を搾取するようになりました。

その額なんと約1000万円以上!!

 

「子供が太っていたら夫との裁判で養育費や慰謝料が取れない」

「裁判に勝つためには質素な食生活を続けなくてはいけない」

という意味不明な理由で、子供たちへ食料制限をしていきます。

こんなことを言われても、おかしいと思えないほど

碇容疑者は洗脳されていたのでしょう。

 

 

幸せだった家族を壊し、わずか5歳の翔士郎くんの命を奪った赤堀容疑者。

本当に許せませんね。

 

事件があった碇容疑者の自宅特定はこちら

 

 

スポンサーリンク

 


 赤堀恵美子の偽名は「赤堀ユウナ」

 

 4年前に話した時、彼女は自分のことを『赤堀ユウナです』と周囲に名乗っていた。偽名を使っていたんです。本名は報道を見て知りました。年齢も『34歳です』と実際よりも10歳もサバを読んでいた。

引用:文春

文春の情報によると、赤堀恵美子は『赤堀ユウナ』という偽名を使っていたようです。

そして年齢も34歳と10歳もサバを読んでいました。

これは自分の過去を隠すためなのかもしれません。

 

このような虚言壁のある人は特徴があるそうです。

そしてそのほとんどが、嘘をついているという自覚がありません。

 

隠したいことや大きな秘密を抱えている人も、嘘をつきやすいです。はじめは、その秘密を守るために嘘をついていたはずが、嘘に嘘を重ねていくうちに虚言癖の傾向がでてきます。このタイプは、嘘に自覚的である場合もあります。

引用:TABI LABO

 

虚言癖の人であっても、初めから人を傷つけようと考えて嘘をつく人は少ないです。しかしながら、虚言癖の人は自分が可愛く、自己正当化したいという欲求が人よりも強くあります。

そのため、自分のミスを隠すために人に濡れ衣を着せたり、他人のせいにしたりすることは気にしません。虚言癖があると知らないと、周囲の人が嘘を真に受けるため、他人が被害をこうむる可能性があります。

引用:TABI LABO

 

 

赤堀容疑者の両親に関する記事はこちらです。

 

 

赤堀容疑者と碇容疑者の子供が通っていた幼稚園はこちらで特定しています

 

スポンサーリンク

 

赤堀恵美子の評判がヤバイ!

赤堀容疑者は、モンスターペアレントでも有名な存在だったようです。

子供が先生に注意されると後日赤堀が

『うちの子の何が悪いんだ!』

と、学校に怒鳴り込んでいました。

言葉遣いも荒々しく、とにかく態度が横柄だったようです。

 

そんな赤堀恵美子に対し、碇利恵も最初は

「あまり関わりたくない」

と周囲に漏らしていたようです。

そんな赤堀と関わるようになってから、周囲のママ友も碇容疑者から離れていきました。

 

また赤堀夫婦は、購入したお弁当屋さんで

「お弁当にコショウが入っていない」と激怒し、

店員を家まで謝りに来させていました。

赤堀恵美子 夫婦

碇容疑者から騙し取ったお金で夫婦揃ってパチンコをしていました。

小さい子供たちがろくに食べ物を食べれずにいた時に、

赤堀容疑者はブランドを買い、美味しいものを食べ、パチンコをしていました。

今回の主犯は赤堀容疑者ですが、夫が何も知らなかったというのは考えにくいです。

 

実際、翔士郎くんが亡くなったと連絡を受けた時も

赤堀恵美子は夫と、碇容疑者の家に行ったそうです。

夫も今回の事件に関わっていたのかもしれません。

また新たな情報が入り次第、更新いたします。

 

ママ友からの証言についての記事はこちらです

 

赤堀容疑者の自宅特定についてはこちら

 

スポンサーリンク

 

 ネットの反応

人を見かけで判断してはいけない!と言うが見かけがヤバすぎる。絶対に関わりあってはいけない闇(病み)オーラしか感じない。かわいそうに、かわいそうに、たった5歳で餓死させられた男の子はどんなにかお腹が空いて悲しくて辛かっただろうか自分だけブクブクとよくもこれだけ太られたことだろうか、、

 

こんな悪党はきっちりと罰を受けるべき。
少しでも早い検察の立件を願います。

 

この妖怪にも旦那と子供との家庭があるってことが恐ろしい
そっちもかなりヤバそう

 

騙されやすい人 と すぐに信用してしまう人 は紙一重。この赤堀容疑者は 数あるママ友の中から 自分の話を信用してくれそうなタイプの人を絞り込み、碇容疑者をターゲットにしたと思われる。 赤堀容疑者のような手の人は人を支配して言いなりにして金を貢がせることに成功すると、一度味を占めたら繰り返す癖があるから、追及すれば他にも余罪があるかも。 今回が初犯じゃないかもしれない。

 

普通こんなのに洗脳されたり依存したりしないと思うけど
心の隙間に付け込むのが上手いんだろうな怖いね

 

齢をサバを読む人って、そこそこ美意識のある人だというのは先入観だったとわかった。
この人、危ないとか違和感を感じたら一度リバースすることが大切。
どこかで違和感を感じたはずだと思うのだけど…

 

いろいろ不可解な事件だな。何か弱みを握られて脅されたりしてたのだろうか。にしても我が子を死なせるよりは警察に行く方を普通は選ぶだろうし、なんとも理解しがたい。

 

罪を償う場合に、太っていると反省していないと思われてしまうので、ご飯は食べさせなくていいのではないでしょうか?死刑にならないでしょうから、食べ物を食べる事が出来ない苦痛を、餓死する事の恐怖を、少しでも味わっていただく事が必要だと思います。

 

めちゃくちゃデブでやたら明るく、喋りが上手く仕切るタイプでキレると何をするかわからない人、まさに犯人とよく似たタイプの人今まで何人か遭遇した事ある。私は近寄らないけど。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)