青木翔平の顔やfacebook・ツイッター・インスタ!大学はどこ?年上好きのヒモ男か!福岡市南区


交際相手の女性(41)とその息子(3)に暴行を加えたとして、

福岡市南区若久団地の大学生青木翔平容疑者(23)が逮捕されました。

 

女性と息子にケガはありませんでした。

今回は青木翔平容疑者の顔画像やSNS、通っている大学について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

交際相手の女性(41)とその息子(3)に暴行を加えたとして福岡市に住む23歳の大学生の男が逮捕されました。 暴行の疑いで逮捕されたのは福岡市南区若久団地の大学生青木翔平容疑者(23)です。 警察によりますと青木容疑者は10日午後8時半ごろ、福岡市早良区で交際相手女性(41)の腹を蹴ったり女性の息子(3)の顔を平手打ちするなどの暴行を加えた疑いが持たれています。 被害者の女性が警察に通報し事件が発覚したもので2人にケガはありませんでした。 警察の調べに対し青木容疑者は容疑を認めていて「直前に女性と口論になった」と話しているということです。 警察は事件の経緯についてさらに詳しく調べる方針です。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

交際相手の女性(41)とその息子(3)に暴行を加えたとして、

福岡市に住む23歳の大学生、青木翔平容疑者が逮捕されました。

青木容疑者は10日午後8時半ごろ、福岡市早良区で交際相手女性(41)の腹を蹴ったり女性の息子(3)の顔を平手打ちするなどの暴行を加えた疑いです。

青木容疑者は「直前に女性と口論になった」と容疑を認めています。

 

女性や小さい子供に手をあげるなんて、とんでもないですね。

青木翔平容疑者についてみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 青木翔平のプロフィール

 

名前:青木翔平

年齢:23歳

住所:福岡市南区若久団地

職業:大学生

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 青木翔平の顔画像

 

青木翔平容疑者の顔画像を調べてみました。

しかし、現時点では報じられていないようです。

 

顔画像が分かり次第、こちらにも掲載いたしますのでお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 青木翔平のfacebook・ツイッター・インスタ

 

青木翔平容疑者のfacebook、ツイッター、インスタグラムを調べてみました。

 

まずfacebookを調べました。

 

『青木翔平』で検索をかけたところ、複数のアカウントがありました。

そのため、本人のアカウントを特定するのは難しそうです。

 

次にツイッターとインスタグラムを調べました。

こちらも複数のアカウントがありますが、本人と特定できる情報はありませんでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 大学はどこ?

青木翔平容疑者は大学生です。

 

住所は福岡市南区若久団地ですので、近隣の大学に通っている可能性が高いですね。

自宅はこちらです。

 

 

近くの大学はこちらです。

 

 

・純真学園大学

・純真短期大学

・九州大学 大橋キャンパス

・第一薬科大学

 

この中に該当するのかもしれませんね。

 

タレコミ等で情報が入りましたら、更新致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 年上好きのヒモ男か

 

逮捕された青木翔平容疑者は23歳。

交際女性は41歳。その息子は3歳です。

年上の女性が好きだということは理解できますが、

大学生ですからとても甲斐性があるとは思えません。

 

女性のヒモのような生活をしていた可能性も考えられますよね。

 

とはいえ手をあげるなんて、もってのほかです。

女性もしっかりしなければなりませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

いろいろなことを妄想しておきますが、3歳の子供が無事に育つことだけは祈っとく

 

 

お母さん世代と大して変わらない?…お母さんは泣いています。

 

 

小さいお子さんが居んだから交際する相手を考えないと。

 

 

息子さんが命落とす前でよかった
心は傷ついてるはず。お母さんはしっかりと彼氏から子供を守った。と信じたい。自分の幸せも大事だけれど子供が自立するまでは子供の幸せに軸足置いた方が幸せだと思うんだが

 

たまに10歳以上若く見える女性がいるけど、そんな女性なら年の差関係なく交際するかもしれないですね。喧嘩が、別れ話だったら暴力行為があることも、少し納得するけど。生死に関わる事件じゃなくて良かった。お互いの為にも、小さな子供の為にも、人を入れてキチンと話合うべきですね。

 

 

淋しさからかもしれないけど母親としてまず子供の事一番に考えよう!

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)