青森八戸市新井田西の殺人事件!犯人の男子中学校の名前や顔!どこ中?無差別!

青森県八戸市で、小学校6年生の女子児童が首を切りつけたとして14歳の男子中学生を逮捕しました!

今回は14歳の男子中学生について着目しました!

名前や顔は?どこ中?

恋愛沙汰でもめた?

スポンサーリンク

事件概要

青森県八戸市で、小学6年生の女子児童が下校途中に首を切られけがをした。警察は、14歳の男子中学生を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、八戸市内に住む14歳の男子中学生。警察によると、男子中学生は12日午後4時40分ごろ、八戸市の路上で小学6年生の女子児童の首を刃物で切り殺害しようとした疑いが持たれている。女子児童はのどの辺りを10センチほど切られ、病院で手当てを受けているが、全治3週間のけがだという。

警察の調べに対し男子中学生は、カッターナイフを使って殺すつもりだったという内容の供述をしていて、容疑を認めているという。また、警察は男子中学生の自宅から凶器とみられるカッターナイフや犯行当時着ていたとみられる服などを押収し、裏付けを進めている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

12日夕方、青森県八戸市で下校中の小学校高学年の女子児童が後ろから近づいてきた男に刃物のようなもので首を切りつけられました。女子児童は全治3週間のけがだということで、警察は見知らぬ男に切りつけられたとみて、傷害事件として男の行方を捜査しています。12日午後4時半すぎ、八戸市新井田西の路上で「子どもが首を切られた」という通報が消防にありました。警察によりますと、小学校高学年の女子児童が、下校中に後ろから徒歩で近づいてきた男にいきなり首を刃物のようなもので切りつけられたということで、女子児童は自力で自宅に戻り、状況を聞いた家族が消防に通報したということです。女子児童に意識はあり、首に長さ10センチ、深さ1センチの傷を負って病院に搬送され、全治3週間と診断されたということです。警察によりますと、女子児童は男とは面識がなく、男はやせ形で短髪、白っぽい上着と黒っぽいズボンをはいていて、徒歩で逃げたということです。

現場は、八戸市内を流れる新井田川沿いの住宅が密集している地域の路上で警察は、傷害事件として逃げた男の行方を捜査しています。

出典:https://www3.nhk.or.jp/

青森県八戸市で恐ろしい事件が発生しました。小学校6年生の女子児童が下校途中に、急に後ろから刃物のようなもので首を切りつけられたそうです。

そしてその事件で逮捕されたのは、14歳の男子中学生でした。当初無差別事件なのか、だれがやったのかといった形で近隣住民に対して、恐怖だったと思います。

なぜ14歳の男子中学生が刃物を持ち歩き、小学校6年生の女子児童を切り付けたのでしょうか?

無差別事件であれば女子児童を切り付けた後に、また他の児童や人に対して切り付けるといったことをするはずです。

そのため無差別というよりかは、狙っていた可能性は高いようには見えます。

また襲われた女子児童は、首に長さ10センチ、深さ1センチの傷を負っており、病院に搬送されて全治3週間だったそうです。

命に別条がなくて本当に良かった限りです。

次章では、事故現場について調査しました!

田舎道だった?

スポンサーリンク

現場特定!

現場は、青森県八戸市新井田西の路上だそうです。

googlemap上では以下の場所だと判明しております。

出典:https://www3.nhk.or.jp/

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

夜道だとかなり見えにくい路上になっております。どうやら住宅街に位置する場所であることは間違いないそうです。

次章ではここで行われた犯行動機について迫りました!

恋愛沙汰?無差別?

スポンサーリンク

動機は一体何?

今回小学校6年生の話としては以下のようなことをコメントしています。

女子児童は男とは面識がなく、男はやせ形で短髪、白っぽい上着と黒っぽいズボンをはいていて、徒歩で逃げたということです

この文章からすると、14歳の男子中学生とはもともと面識がなかったということがわかります。

その一方で男子中学生の供述を見てみましょう。

警察の調べに対し男子中学生は、カッターナイフを使って殺すつもりだったという内容の供述をしていて、容疑を認めているという。

この男子中学生は殺すつもりだった。と供述しています。

なぜこのように強い殺意があるのでしょうか?

小学校6年生と14歳の中学生であればかなり近い年ごろだと思います。そう考えるとこの男子中学生が、この小学6年生に何らかの好意や恨みがあったために殺害しようとしたといったことも推測できそうです。

もし無差別殺人であれば、この女の子のほかにも他の下校途中の児童を狙ったり多くの人を殺害しようとするはずです。

そのため、この小学校6年生の女の子に何らかの好意や恨みがあったといっても過言じゃないでしょう。

今調査したところによると、以下のような動機が判明しました。

青森県八戸市で12日に小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、県警は13日、市内に住む中学生の少年(14)を殺人未遂容疑で12日夜に緊急逮捕した、と発表した。「カッターナイフを使って殺すつもりだった」という趣旨の供述をして容疑を認めているほか、捜査関係者によると、「誰でもよかった」との趣旨の話をしているという。県警は、無差別的な犯行の可能性も含めて詳しく調べている。

出典:https://www.asahi.com/

つまりこれは無差別で“誰でもよかった”と供述しております。誰でもよいから殺害したっか動機とは今のところ不明ですが、過去に起きた無差別事件から推測してみました。

過去に起きた無差別事件だとしたら神戸連続児童殺傷事件があります。今から約20年前ほどに発生した残酷極まりない事件です。

1997年5月27日早朝、神戸市須磨区の中学校正門に、切断された男児の頭部が放置されているのを通行人が発見し、警察に通報。5月24日から行方不明となっていた近隣マンションに住む11歳の男児のものと判明した。耳まで切り裂かれた被害者の口には、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」名の犯行声明文が挟まれており、その残虐さと特異さからマスメディアを通じて全国に報道された。6月4日に犯人から第二の犯行声明文が神戸新聞社に郵送され、報道はさらに過熱。警察の捜査により、6月28日に犯人を逮捕。マスコミが報じていた推定犯人像(がっちり体型の30~40代)と異なり、犯人が14歳の中学生であったこと、連続殺傷事件であったことが判明した。

出典:https://ja.wikipedia.org/

この事件では当時14歳の少年が、2人の児童を殺害し、3人を負傷させたとして世間の人を驚かせて、恐怖にさせた事件です。

このように無差別事件であれば、複数人の負傷者や死亡者がでるはずですが、今回は小学6年生の女の子のみ狙われてしまいました。当初この女の子に対して恨みや好意があるかと思いましたが、どうやら異なるそうです。

「弱い者なら誰でもいい」

といった形で神戸殺傷事件を起こした人が事件後の供述していたそうです。あたかも普通の少年のような雰囲気だったそうですから驚きを隠せません。

現状はいまだに不明ですが、わかり次第更新させていただきますのでもう少々お待ちください。

スポンサーリンク

男子中学生の名前や中学校名?

名前:不明

年齢:14歳

在住:青森県八戸市

出身:不明

罪名:殺人未遂

14歳の男子中学生の名前や中学校に関しては一向にわかりませんでした。

八戸市にある中学校は全部で26校あることが判明しました!

特別学級まで含めると31校でした。

出典:八戸HP

  • 八戸市立第一中学校
  • 八戸市立第二中学校
  • 八戸市立第三中学校
  • 八戸市立長者中学校
  • 八戸市立小中野中学校
  • 八戸市立江陽中学校
  • 八戸市立湊中学校
  • 八戸市立白銀中学校
  • 八戸市立白銀南中学校
  • 八戸市立鮫中学校
  • 八戸市立南浜中学校
  • 八戸市立根城中学校
  • 八戸市立白山台中学校
  • 八戸市立下長中学校
  • 八戸市立北稜中学校
  • 八戸市立是川中学校
  • 八戸市立三条中学校
  • 八戸市立明治中学校
  • 八戸市立市川中学校
  • 八戸市立豊崎中学校
  • 八戸市立大館中学校
  • 八戸市立東中学校
  • 八戸市立中沢中学校
  • 八戸市立島守中学校
  • 八戸市立 白銀中学校 労災病院内学級
  • 八戸市立 吹上小学校 市民病院内学級
  • 八戸市立 根城中学校 日赤病院内学級
  • 私立 八戸聖ウルスラ学院
  • 私立 八戸工業大学第二高等学校附属

しかしこの中のどの学校かはわかっておりません。

大手メディアに通じては少年法で守られている為報道されていません。

もしSNSでの関連する情報やツイートがあれば、確証できると断言できる場合のみ掲載していきたいとも考えておりますので、分かり次第更新させていただきます。

神戸連続殺傷事件のような事件にならずには住みましたが、この女の子が今後下校途中でトラウマにならないかどうかなど不安が残ります。

そして同時に、この男子中学生が反省しているかも不明です。家庭環境やどのような心の闇を抱えているのかも気になるところです。

スポンサーリンク

顔画像!

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

今回顔画像に関しては調査をしましたが、少年法の規定により大手メディアで報道されておりませんでした。

今後わかり次第更新させていただきますので、お待ちください。

また神戸連続殺傷事件の少年はどこにでもいそうな普通の少年だったそうです。

凶悪性にはらんだものは心に秘めているものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

みんなの反応

これはさすがに再犯おかすだろう。終身刑って訳にもいかないし、病院にだって一生閉じ込めておくのも実際難しいと思う。だからといって自由の身にしたら、次は確実に幼い子の命を殺めると思う。こういう場合、どうしたら良いんだろう。ホントはアメリカのように、未成年だろうが終身刑があってもいいような気もするが。

育ってきた環境とかの影響もあるかもしれないけど、こんなヤバい奴が将来また世に出てくると思うとゾッとするわ

こんな恐ろしい事件を起こしても少年法に守られすぐ世に放たれる……
日本の司法は大丈夫か?

怖すぎる。

女の子の身体の傷もだけど
今後トラウマになったり心の傷を思うと
世にでてこないでほしい。

面識あるのか知らないけど
弱い者しか狙えない頭おかしいやつみんな無人島詰め込んで勝手にやり合ってほしい。

被害に遭われた女の子、その家族からしたら死刑にしてもらいたいと思われて当然だし、自分ならそう思う。
絶対にまたやるし、メンタルのリハビリ等をしても更生するものでもないと思う。
年齢関係なく、犯罪を犯したら、それなりの罰を受けるべきだと思う。

少し前に、息子(成人だけど)の将来を案じて自ら手にかけた父親がいたけど、気持ちわかります。
加害者本人やその家族のことを考えるとその方がいい時もあるんじゃないかな?

ま、施設入りだとしても、おそらくすぐ出てくるでしょ?この手の事件は絶対に 衝動に駆られてまたやる!何なら施設入りの時に妄想で欲望が高まる!今回はまだカッターで首切れば簡単に殺れると知恵が浅かったから助かったが次はしっかり殺傷能力高い物で対策してくると思う。

捕まえました。施設に入れました。少年だからすぐ釈放しました。で、終わらせてはいけない!強制的な監視と行動制限とカウンセリングを絶対もう大丈夫と太鼓判捺されるまで対応して欲しい。

14歳と報道があり驚きですがこれで報道も収まってしまうでしょう。
刑事処分もありませんし、成人までに社会復帰する可能性もあります。知らない間に隣にいるかもしれません。それも恐ろしいことです。

サカキバラを思い出すね。
更生出来なかった人。
生まれつきの悪魔が存在する事を初めて知った事件でした。
この犯人が同じとは限らないけれど、この犯人も更生出来ない悪魔の魂を持った人間だったら、どうするのか。
サカキバラの時のように明らかに更生してないのに、理由をつけて世間には更生しましたと言って外の世界へ放ってしまうのか。
この犯人は危険。

やはり、犯罪者の擁護を目的とした少年法はもう時代遅れ。
実際に被害に遭った人が居て、将来的にまた被害者が出る可能性が有る以上、犯罪者では無く、被害者側の人権を最大限に尊重するべきっだと思います。
先日、少年院関係者や元少年院関係者が現行の少年法の尊重を訴えていましたが、被害者の存在を無視した「偏った考えの人」の集団だと思います。

サカキバラも14歳の時に殺してる。校門に首を置いた事がインパクトが強すぎて他の事件はあまり取り上げられてないけど、最初は通りすがりの女の子をハンマーで撲殺してるし、他にも小学生の子の腹部をカッターナイフで刺して重傷を負わせたりしてる(あと少し深く刺していれば助からなかった)。あれもたった数ヵ月の間に五人死傷させているから、ハンマーの事件の時にちゃんと調べて逮捕していればその後の事件は起こらなかったんじゃないかと言われている。今回の事件を起こした14歳の少年も人を殺したかったという理由がサカキバラと同じなので、このままでは次は人を殺す可能性が十分ある。更正できるかどうかはわからないが、簡単に日常生活に戻さないでほしい。

娘が首を切られて帰ってきた親御さんが受けた衝撃と狼狽ぶりは察するに余りある。
救急車呼んで通報して、犯人はまだ野放しで、気が動転しそうだったろう。

理不尽で残忍卑劣な犯行を中学生がやってのけてしまうのはもはやサカキバラを引き合いに出すまでもなく想定しておくべきで、更生を念頭に置く少年法理念自体はいいのだが、社会の要請として加害性向のある少年は一生保護観察が求められることを法に反映させなければ、社会を犠牲にするだけ。

身勝手な殺意を実行に移した少年は社会的にはアンスータブル(不適)なのだから、後生絶対に監視を解いてはいけないんですよ。

14歳の犯人がなぜ人を殺したいと強く思い、実行したか心理的な解析も必要。

犯人の人生はこれからまだまだ長い。
犯罪抑止の研究材料として施設に一生閉じ込めておけるならそうして下さい。

法に乗っ取って処分すると、数年で世に放たれて次は本当に取り返しのつかない事になる。

中学生だろうが14才だろうが未成年でも殺人を犯すことは十分出来る。だのに未成年に対する異常とも思えるほど擁護する少年法には異論を唱えたいと思います。動機は「人を殺したい」なんて、今回はこれで済んだけどまかり間違えば殺人事件です。被害者も勿論のこと加害者側の親だってたまったものじゃない、おそらく何かで病んでいるのだろうけどそれは自分の問題、何の関係のない人に手を出すんじゃない。おそらく再犯の可能性は大、そこらへんのところは司法で完全なるマークをお願いしたい。

18歳未満なら親も同罪に処すべきであり、理解できるまで教育・訓練する施設も創るべきだ。
18歳以上でも精神的に成人に成りきれていないと客観的に判断された場合は上記と同様にすべきだ。
来年の花見を考える余裕があるくらいなら、あまりにも同類の事件が多いので対策を早急打ってほしい。

この女の子の心のケアを最優先にしてほしい。
本当に心配です。当分は外を1人で歩くのも恐怖やと思う。
周りの大人たち、彼女の心のケアを本当にお願いします。

そして、この犯人は本当に許せない。
でも、なぜこんなことをしてしまったのか、原因は何かをきちんと解明してほしい。ただのサイコパスなのか・・・。それとも、ここまで追い詰められ自暴自棄になる原因があったのか。

どちらの親御さんの身になって考えても、本当に悲しい。

ただ、「少年法」はもういらない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ノリ より:

    私もサカキバラ事件を思い出しました…。
    14歳は自己判断が出来ると思うので、少年法は、いらないと思う…。この子は誰でも殺したかったという、明白な殺意があるわけだし…。
    過激な事を言うと、殺人=死刑ぐらいでいいと思う。
    世の中には、悪魔みたいな人もいると思う。
    だから、少年法反対!!