【動画有】煽り運転の女性悲鳴に炎上!非難殺到で動画削除された?岐阜県大垣市


9月3日午後4時ごろ、岐阜県大垣市内を車で走っていた20代女性が、

後方から煽り運転を受け警察に通報。

あおり運転を受けた女性は、

「きゃー! 無理! 無理! 無理! 無理! 」と悲鳴を上げています。

その音声は、煽り運転のリアルな恐怖を物語っていました。

しかし、なぜか煽り運転を受けた女性が炎上し、非難されているようです。

事件を見てみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

ドライブレコーダーがまたしても危険な“あおり運転”の一部始終をとらえていた。

9月3日午後4時ごろ、岐阜・大垣市内を車で走っていた20代女性は、走行中に異変を感じたという。

あおり運転を受けた女性「何かさ、私あおられとるよ。真後ろにおる。警察電話して、警察。警察電話して。無理やって」

真後ろから車間距離を詰める黒い車。

この車は対向車が走る中、追い越し禁止の黄色いセンターラインをはみ出しながら走行していた。

110番通報がつながるが…

あおり運転を受けた女性「すみません! あおられてます! あおられてます!」

警察「落ち着いてください、たたかれたりとか何か暴力をふるわれたりとかはありますか?」

警察はDVなど暴力事件か何かと勘違いしたようだ。

あおり運転を受けた女性「そういうのじゃなくて… きゃー! 無理! 無理! 無理! 無理! いやーどうしよう、ハザードたいて止まってる」

助手席の夫が通報する間も“あおり運転”を繰り返す車は、追い越し禁止の黄色のセンターラインをはみ出して追い越すと、無理やり前に割り込んできた。

しかも道の真ん中でハザードランプをつけて止まってしまう。

あおり運転を受けた女性「いや~どうしよう。ハザードたいて止まってる…」

その後、女性はパニックに陥りながらも、なんとか停車して、あおり運転の車をやりすごすことができた。

あおり運転を受けた女性「(あおり運転を)テレビで見てた時は、冷静になれば止まったりとか逃げたりできるんじゃないのって思ってたけど、いざ自分がなるとパニックになって」

女性はなぜあおり運転を受けることになったのか。

ドライブレコーダーには直前の様子も記録されており、女性が左側の車線から右折レーンに入ろうとした際、その手前のゼブラゾーン(導流帯)をまっすぐ走ってきたのが“あおり運転”をした車だった。

その黒い車の前に入った直後から始まり、約3分間続いたという執拗な“あおり運転”。

女性は1週間たった今も当時の恐怖がよみがえってくると話す。

あおり運転を受けた女性「無理やり入ったわけではなく、間隔もほどほどに空いてたので入ったんだけど、多分それが気に食わなかったのか…思い出しても手足が震えるんですよ。それがやっぱり怖くて…」

警察はドライブレコーダーの映像の提出を受け、事件として立件できるかを含め調べるとしている。

引用:プライムオンライン

 

9月3日午後4時ごろ、岐阜県大垣市内を車で走っていた20代女性は、走行中に異変を感じました。

女性

「何かさ、私あおられとるよ。真後ろにおる。警察電話して、警察。警察電話して。無理やって」

と110番通報。

女性「すみません! あおられてます! あおられてます!」

警察「落ち着いてください、たたかれたりとか何か暴力をふるわれたりとかはありますか?」

女性「そういうのじゃなくて… きゃー! 無理! 無理! 無理! 無理! いやーどうしよう、ハザードたいて止まってる」

 

相当な恐怖を感じた女性は、1週間たった今も当時の恐怖がよみがえってくると話しています。

さっそく煽り運転の動画を見てみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 煽り運転の動画

 

 

 

 

こちがらドライブレコーダーの映像です。

雨の中、追い越してくる後方からの車に恐怖を感じ悲鳴を上げる女性。

完全にパニックに陥っています。

助手席には夫がいるようですが、もう少し冷静を保てるようアドバイスできなかったものか…

実際に衝突するなどの事故に至らなかったことが幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 なぜ炎上している?

 

煽り運転の被害に遭った女性が、なぜ非難を浴びて炎上しているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雨の中、60kmほどのスピードで、黒い車の前に入り込んだようです。

 

 

ドライブレコーダーの映像を見る限り、

煽り運転をされるほうにも原因があったということですね。

さらに、この報道に対して非難が殺到したため、

元々あったヤフーニュースからこの報道や動画が消えているという情報もあります。

 

 

 

 

そもそもこのゼブラゾーンは追い越し可能なのでしょうか?

こちらのサイトに詳しく記載がありましたので、掲載いたします。

 

引用:ソニー損保

 

ゼブラゾーンは図のように、道路にしま模様で書かれた部分です。

車両の走行を誘導するためにあるものだそうです。

もし、この部分で事故が起きた場合の過失割合はこちら。

 

引用:ソニー損保

 

同一方向に進行中に、進路変更を行った車と後続の直進四輪車が衝突した場合の基本過失割合は

A:30%、B:70%になるそうです。

今回の煽り運転の場合ですと、被害女性の車がB・煽ってきた黒い車はAです。

 

実際に事故が起きたわけではありませんが、

万が一衝突していれば、被害女性の方が分が悪くなりそうな状況でしたね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 ネットの反応

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


1件のコメント

悲鳴女性に対する避難殺到と、その原因は女性側の危険運転にあるから「記事が消された、無かった事にされた」のは何となく分かるけど、それ卑怯だよな?
ちなみにYouTubeで
「恐怖あおり運転一部始終」
で検索すると、魚拓的に動画残ってるし、それ見ると「悲鳴女」が如何に危険な割り込みしたかよく分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)