スーパー駐車場前で4歳の男の子が跳ねられ死亡!運転手は誰?親は近くにいた?東京荒川


東京荒川区にあるスーパーバリュー 西尾久店の駐車場に入ろうとした、リサイクル回収のトラックに4歳の男の子がはねられ、亡くなりました。

夏やすみに入ると、どうしても子どもの事故のニュースが多く感じますね。

どのような事故状況だったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

スーパーの駐車場の前で4歳の男の子が車にはねられ、死亡しました。  警視庁によりますと、30日午後0時半ごろ、東京・荒川区の路上で段ボールの回収などをする車がスーパーの駐車場に入る際、4歳の男の子をはねました。  男の子は病院に搬送されましたが、死亡しました。  警視庁は車を運転していた50代の男を現行犯逮捕しました。  警視庁は逮捕容疑を過失運転致死に切り替え、事故の詳しい経緯を調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

30 日のお昼過ぎに4歳の男の子がリサイクルの回収トラックにひかれて亡くなりました。

 

トラックがスーパーのスロープに向かって左折するところで事故が起きたようです。

 

4歳というと手をつなぐのが1番安全ですが、親のいうこともある程度聞いてくれるので手をつながないタイミングもあるかもしれません。

 

まだ事故当時の詳細は分かりませんが、きっと一瞬の出来事だったのでしょう。

 

小さな子供の死亡事故は胸が痛くなりますね。

 

事故現場や逮捕された運転手の情報を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


事故現場

 

事故現場は東京・荒川区にあるスーパーバリュー 西尾久店です。

 

 

 

リサイクルの回収トラックは、このスロープをあがるために左折するところ、事故が起きました。

スロープをあがるということもあって、少し加速されていたりしたのでしょうか?

男の子は痛い思いをしたでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


運転手は誰?

 

運転手の実名はまだ報道されていません。

現在わかっている情報はこちらです。

 

名前:不明

年齢:50代

性別:男性

勤務先:千葉県市川市の古紙回収業

容疑:過失運転致死

 

【追記】こちら容疑者わかりました。


 

 

スポンサーリンク

 

 


親は一緒にいた?

 

事故当時、男の子の近くに母親がいたそうです。

夏やすみですし、一緒に買い物に来ていたのでしょう。

事故に巻き込まれてしまったということは、手を繋いでいなかったのでしょうか。

わたしも子供がいるので、4歳の男の子とずっと手を繋いでいるのは難しいのがわかります。

駐車場だけでなく、車の危険がある場所は油断してはいけませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

車の運転で一番怖いのが駐車場だ。車や人間が四方八方からいつ出てくるか分からない。
一般道より細心の注意が必要だ。
よく駐車場でスピードを出して走っている車を見かけるが、駐車場の怖さを分かっていない人間だろう。

 

駐車場で徐行しないで、時速20km以上の早いスピードで移動してる車がほとんどなんだが。
中にはもっと早いやついるし。

人がいるんだから、時速8km程度のいつでも止まれる速度で運転してほしい。

駐車場も道路だと勘違いしてるやつがほとんどで怖い。

 

情報が少なすぎて手を繋いでいたかどうか、運転手が前方不注意だったかどうかは分かりませんが、スーパーの駐車場に入る際は一時停止、駐車場内は徐行。子供は抱っこ。そうしようと思いました。

 

親のことで多々コメントありますが、
そもそも、親は何をしていたんでしょうか?
それがわからない以上、親がどうこう言ってはいけない。

手を引いても逃げるから、人形じゃないから意味ないとか、完全に間違いを書き込み、人々の大きな誤解を生じる人が居ますが。
 まず、手を繋ぐ事が大事である事は間違いないです。そうしていれば咄嗟の時に気付くまでの時間が違います。一瞬のことであるからこそ、その僅かな時間の差が生死をわけます。

 

 

自分に子供は居ませんが若い子、小さい子供が事故で亡くなるニュースを見るたびに故意では無いとはいえなぜ未来ある子供の命が奪われなければいけないのかと胸が痛みます。
こういう事故は運転手にも気の毒にと思います。
都内は特に交通量も多いし、変な人も多いしで親御さん達は気が休まらないですね…。

 

意識不明との報道だったが、亡くなってしまったのか…かわいそうに…
親はどれだけ後悔してるか…

車は駐車場のスロープを登ろうと、さらに加速してたのか。
駐車場の出入りは、車を運転する自分もよく気をつけないといけないと改めて思う。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)