旭川いじめ北星金子圭一校長「イジメなかった。死にたかったのは前から」加害者特定されるもイジメ隠蔽指示!


どうしても学校は、イジメがあった事実を

認めないのでしょうか?

どこまでも自分本位と保身にしか見えない言葉が、

旭川いじめ問題の北星中学校校長から

飛び出しました。

いまだに、「イジメはなかった」という認識だというのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

彼女の中には前から死にたいという気持ちが…

「(ウッペツ川に飛び込んだ事件について)お母さんの認識はイジメになっていると思いますが、事実は違う。爽彩(さあや)さんは小学校の頃、パニックになることがよくあったと小学校から引継ぎがあり、特別な配慮や指導していこうと話し合っていました。爽彩さんも学級委員になり、がんばろうとしていた。でも川へ落ちる2日前に爽彩さんがお母さんと電話で言い合いになり、怒って携帯を投げて、公園から出て行ってしまったことがありました。

 何かを訴えたくて、飛び出したのは自傷行為ですし、彼女の中には以前から死にたい気持ちっていうのがあったんだと思います。具体的なトラブルは分かりませんが、少なくとも子育てでは苦労してるんだなという認識でした。ただ、生徒たちが爽彩さんに対して、悪い行為をしたのも事実です。その点に関してはしっかり生徒に指導していました。

 我々は、長いスパンでないと彼女の問題は解決しないだろうから、お母さんに精神的なところをケアしなきゃない問題だって理解してもらって、医療機関などと連携しながら爽彩さんの立ち直りに繋げていけたらなと考えていました」

https://bunshun.jp

 

北星中学校の金子圭一校長は、これだけの事件になりながらも、

「イジメはなかった」と言い張っているのです。

 

 

その理由として、

 

①爽彩さんは小学校の頃、

パニックになることがよくあったと小学校から引継ぎがあった

 

 

②川へ落ちる2日前に爽彩さんがお母さんと電話で言い合いになり、

怒って携帯を投げて、公園から出て行ってしまったことがあった

 

 

③何かを訴えたくて、飛び出したのは自傷行為。

彼女の中には以前から死にたい気持ちっていうのがあった

 

 

つまり、一連の出来事は学校側の対応の問題や、

 

校長曰くの「生徒たちが爽彩さんに対して、悪い行為をした」、

 

という一連の出来事は、

 

 

全く関係ない、というのです。

 

 

信じられない発言です。

 

この人が教育者?と疑ってしまいますが、

 

残念ながら、校長なのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


パニックになる子

https://bunshun.jp

 

パニックになることがある、と小学校から引き継ぎがあった、

 

とされる爽彩さんですが、

 

ではなぜ、特別な配慮が必要だと話し合っていたにも関わらず、

 

 

爽彩さんの状態がより悪くなっていくのを、

 

無視したのでしょうか?

 

 

母親からは4回、爽彩さん自身も担任に相談しています。

 

 

ですが、爽彩さんの「加害者には言わないでほしい」という願いも、

 

聞き入れられることはありませんでした。

 

 

母親が納得する回答を出さず、

 

一日で「イジメはありません」

 

と言い切ってしまう担任、菅野美里の調査状況もそうですが、

 

被害者の願いをあっさりと無視する担任の態度や、学

校の対応には、問題はなかったのでしょうか?

 

母親がイジメの相談をしているのに、

 

「彼氏とデートだから明日でいいですか?」

 

あっけらかんと言い放つ人間に、

 

期待した方がいけなかった、とでも言うのでしょうか?

 

 

以前から死にたいと思っていた、と認識しているなら、

 

どうしてそれを止めるための対応を

 

してこなかったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


生徒たちが爽彩さんに対して、悪い行為をした

https://bunshun.jp

爽彩さんに対し、生徒が悪いことをした。

 

金子圭一校長はそう言っていましたが、

 

果たして、「わいせつ画像を送ることを強要した」

 

と言う行為が、「悪いことをした」と言う一言だけで、

 

済まされることなのでしょうか?

 

もはや犯罪ですよね。

 

爽彩さんは、「死ぬから画像を消してください」とまで

 

懇願していました。

 

 

その段階で、イジメが原因で死を選ぶ、と言うことには

 

ならないのでしょうか?

 

 

死ぬこと、に対して近い状況にあった生徒だと言う認識をしたなら、

 

どうして死ぬことの決定打となったかもしれない行動を、

 

「悪いことをした」の一言で済ませるのでしょう?

 

 

教育の世界が恐ろしく思えてきますよね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


親子関係に責任を負わせる?

https://bunshun.jp

北星中学校の金子圭一校長は、

 

終始インタビューに対して、学校側は

 

「なんとかしたいと思って指導した」

 

と言う旨しか言いません。

 

 

そして、「イジメには至っていない」と言う見解を

 

曲げようとはしません。

 

 

さらに、「川へ落ちる2日前に爽彩さんが

お母さんと電話で言い合いになり、

 

怒って携帯を投げて、

公園から出て行ってしまったことがあった」ことや、

 

 

家を出て行ったことに対して、

 

何かを訴えたくて、飛び出したのは自傷行為。

彼女の中には以前から死にたい気持ちっていうのがあった」と、

 

まるで、全て家庭の問題のように語っています。

 

 

自傷行為をしてしまう心理を理解した上での発言だとしたら、

 

本当に許せません。

 

 

ストレスから自分を傷つける行為が、10代から20代を中心とした若い世代にみられます。リストカット、たばこの火を押しつける、ピアス穴を過剰にあけるなどのほか、髪の毛を抜く抜毛症などもあります。リストカットをしたからといって自殺したいと思っているとは限りません。これらの行為には、自分の体を傷つけることで、精神的な苦痛を和らげようとする気持ちが隠れていることがあります。

厚労労働省

 

自傷行為=死にたい、ではありません。

 

 

自分の体を傷つけることで、

精神的な苦痛を和らげようとする気持ちが隠れている

 

と、厚生労働省のHPには記載があります。

 

 

言葉もろくに理解せず、ただ保身に走っているようにしか

 

見えませんよね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

誰一人として葬儀にはこなかった

 

爽彩さんの葬儀に、

 

北星中学校の関係者は、誰一人来なかった、と

 

文春の取材に対し、爽彩さんの親族は語っています。

 

 

どこまでも、爽彩さんの気持ちを無視し、

 

ないがしろにしている行動です。

 

 

たとえ参列を断られてでも、

 

爽彩さんを悼む気持ちを持つべきでは

ないのでしょうか?

 

 

一人の教育者として、

 

そういった気持ちにはならなかったのでしょうか?

 

 

教育部次長を任じられていたこともあるようですが、

 

根本的なところから、冷たい、利己的な人間だと

 

 

わかってしまいますよね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

ここまできて責任逃れか
ホントにこれ何とかならないものかね
学校にとっていじめに真っ直ぐ向き合う事を躊躇わせる何かが有るんじゃないか

それとイジメをした人間にも大学進学くらいまでは内申書でイジメの過去が付いて回るくらいのペナルティ必要だと思う

 

記事に書かれていることが事実なら、イジメじゃなくて犯罪だと思いますが、それをイジメレベルですら認めないどころか「トラブル」と表現する当時の校長の認識の異常さが目立ちますね。

報道されている情報を見る限りでは、犯罪被害やその後の学校の対応を受けて精神的に追い詰められただろうと思いますし、学校関係者と加害者の責任が追及されるべきだと思います。

 

 

何だこの校長は? この子がされたことと自殺に関連性がないだと? どうしてここまで頑なにイジメ(という表現も生易しい。脅迫罪、強要罪というべき。)があったと認めたくない? 自分の校長としての査定がそこまで大事なのか、どこか他人事だし自分の子供が同じ目に遭ってもイジメと認めないのか? 私にとっては報道がなければ知ることがなかった子の話ですが、すごく腹立たしい気持ちになりました。

 

 

そうイジメはなかったよね。完全に犯罪だし。犯罪者が学校に通って、被害者がそばにいるのにまともにケアや注意を払おうとしない学校。
校長の他人事感と、責任を何とか逃れようとしているのを隠そうともしないのが、一層清々しい。謝罪の会で弁護士を同席させない理由が子供のためと言いつつ、結局子供たちは同席させて、教師だけ逃げてんじゃん。自分たちの責任追及されないためだよね。

 

いじめがあるなんてアンケートに書けるわけないじゃん。
対策しろと上がうるさいから、何か形になることしとけー。アンケートくらいしとけば問題ないじゃね?っていう程度のものですよ。
この取材がもし本当なら「私はいじめについて何も知りません」と回答していると同じ事。
アンケートに書いたら書いた人がやられますから。匿名でもばれたらとか怖いし書きませんから。

 

 

イジメがあった場合、しっかりと学校で把握し虐められた側では無く虐めた側が転校なり、カウンセリングなりしなくてはいけないのではないですかね。

 

これ読んでいるとあんた本当に校長なの?と問いただしたくなる、あんたはその学校のトップなんだから責任を持つ必要があるよ。それに弁護士もどうして同席させなかったの?いじめてた5人なんて全然反省もしないしはすらもしないだろう、加害者だけがいい思いして被害者は泣き寝入りは絶対におかしい。加害者にも同じ位の罰を与えてもいいと言うことを忘れないでほしい。

 

 

もはやいじめではないでしょ、事件でしょ。
謝罪の会なんてふざけた会だね。
加害者は守られる必要がない、警察は捜査をメディアももっと追及してください。

 

こんなコメントをする元校長はマジで最悪だ。こんな人間は教育者になるな。普段は誹謗中傷には反対だが、この人は自殺に追い込まれるまで誹謗中傷されてほしい。これは犯罪行為だけとイジメじゃないとか、じゃぁ、この人がいうイジメってどんなもののことをいうんだ。こういうことが起これば学校側が苦労するのは当たり前だろ。だから何だって言うんだよ。こっちの苦労もわかってくれとでも言うの?被害者には学校の苦労なんか関係ないから。こうやって教育する場がイジメをなかったことにして許しているんだから、無くせるわけがないね。もう学校を教育の場っていうのやめてほしいくらいだよ。

 

 

子どもを守る、教育するのが学校。親はそう思って学校に行かせてる。悪いことしたら注意する、指導する。それが当たり前で、その中で子どもは成長し、先生、生徒、保護者の信頼関係が成り立つ。お母さんは先生達を信頼し、何度もsosを出してる。なのに、先生側からその信頼を裏切ってる。事件のあった学校、学校の在り方をもう一度問い直してほしい。救えた命だったはず。先生、大人が、ただ一人の繊細な子どもを助けれなかったのは事実。一生胸に留めてほしい。そして、私は、何らかの形で加害者の子どもたちも刑罰を受けるべきだと思う。現行では無理だが。

 

yahoo!ニュースでは、連日、

コメントが寄せられています。

 

 

その多くが、学校に対する怒りや、加害生徒に対する怒り。

 

当然ですが、彼らを擁護する声はありません。

 

実名まで特定されて、ここまで隠蔽し

責任逃れをしようとする姿は、

醜悪としか言いようがありません。

 

 

こういった姿勢自体が、

 

「加害生徒の未来を誰も信じられない」、

 

と言う現象を引き起こすことに、

 

 

いい加減気づいたらどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)