埼玉朝霞第五小学校の皿うどんの給食センターはどこ?「ありえない」と話題に!

「歯が欠ける」と言うのは、かなりショックな話ですよね。

しかも、それがまさか、「学校給食」の「皿うどん」が原因とは…。

今回は、埼玉県朝霞市立朝霞第五小学校で起きた、とんでもない

学校給食について、調べていきたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

問題になった11日昼の給食メニュー。左下が皿うどん=朝霞市教育委員会提供

https://www.asahi.com

 埼玉県の朝霞市教育委員会は13日、市立朝霞第五小学校(唐松善人校長、児童数956人)で、11日昼の学校給食で出した皿うどんの麺が硬かったため、1~5年の児童6人と教師1人の歯の一部が欠けるなどしたと発表した。児童3人が病院で治療を受けた。6人とは別に口の中が傷ついた児童が数人いたという。

 市教委によると、11日のメニューは皿うどん、春雨サラダ、カステラ、牛乳。同校にある給食室で皿うどんを調理する際、麺を揚げる油の温度が下がったことから給食時間に間に合わない恐れが出てきた。このため、1回に揚げる麺の量を増やして揚げる時間も10分ほどに延ばしたところ硬くなったという。児童に配膳する前に検食(試食)した教頭が、少し硬いが問題ないと判断したという。

 同小では10日の給食でも、県学校給食会が納入した期限切れのドーナツを提供して児童2人が食べてしまうトラブルがあった。(斯波祥)

事件は、11日昼に起こりました。

埼玉県の朝霞市立朝霞第五小学校で、

給食として提供された「皿うどん」を食べた

児童6人と教員1人が、

歯が欠けてしまったのです。

そのうち3人が病院で治療を受け、歯が欠けた7人以外にも、

口の中を傷つけてしまったと言う児童が多数いたようです。

 

皿うどんといえば、パリパリの食感の揚げた麺をすぐに思い浮かべますが、

それで歯が欠ける…?

どう言うことなのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

原因は何!?

https://www.city.asaka.lg.jp/

原因はなんだったのでしょうか?

報道によると、皿うどんを調理する際、

麺を揚げるための油の温度が下がったことで、

給食の時間に間に合わない、と現場が判断。

このために、一回に揚げる麺の量を増やし、

揚げる時間を通常の3分程度から

10分ほどに延ばしたとのこと。

これが、皿うどんが硬くなってしまった原因のようです。

麺は揚げ過ぎると硬くなる…?それにしても、歯が欠けるほどの硬さの麺を、

子供達に提供したということが問題ですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

誰も止めなかったの?

朝霞市立第五小学校公式HP

給食は、安心・安全であることが求められます。

当然ですよね。子供達が食べるのですから。

学校給食は、基本的にその学校の教頭先生がまず子供達の前に

試食(検食と言います)し、問題がないかを確かめてから、

子供達に配膳されます。

では、なぜ今回のようなことが起きてしまったのでしょうか?

報道によると、今回、朝霞市立第五小学校でも、児童に配膳する前に、

教頭先生が検食をしていたと言うことです。

しかし、「少し硬いが問題ない」と判断した、とのことでした。

確かに、全ての皿うどんを検査することはできません。

ですが、歯が欠けるほどの硬さになってしまった麺があることは事実。

大人にとっては問題なくても、子供達の発育途中の歯には、

かなりのダメージだったのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

朝霞市立第五小学校はどこ?

 

 

問題の皿うどんが提供されたのは、

朝霞市立第五小学校です。

 

住宅街や大きな道がある中に経っている学校ですね。

特別支援学級も併設されている学校で、

児童数は合計949人

それだけの人数の給食を提供するのは、確かに大変でしょうが、

現場の判断だけで動いた結果、このような取り返しのつかないことに

なってしまいました。

責任を持って調理をして欲しい、と切実に思ってしまいますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

朝霞市立朝霞第五小学校の給食センターは?

学校給食には2種類あります。

一つは、給食センターと呼ばれる工場で、複数の学校の分の給食を

一箇所で作るもの。

もう一つが、自校給食と言って、学校で材料を仕入れ、給食室と呼ばれる

学校内の調理場所でその学校の分だけを調理するもの。

いわゆる、給食のおばさん、はここで働く人のイメージが強いですね。

第五小学校の場合は、二つ目の、自校給食です。

つまり、問題の皿うどんは、他の学校では提供されていませんでした。

不幸中の幸いでしたね。

調理場が工場でない分、気の緩みも出るのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

調理していたのは?ハーベストネクスト株式会社!

http://www.harvest-corp.co.jp/next/

 

http://www.harvest-corp.co.jp/next/

発表により、学校の給食室で調理をしていた業者は、

ハーベストネクスト株式会社である、

と言うことが判明しています。

この会社は学校給食を専門に請け負っている、

学校給食の会社です。

 

http://www.harvest-corp.co.jp/next/

大人数の料理は大変でしょうが、子供達が楽しみにしている給食です。

こんな事故は、あって欲しくなかったですね。

http://www.harvest-corp.co.jp/next/

現在、ハーベストネクスト株式会社からの公式コメントはありません。

食育に力を入れているからこそ、しっかりとした対応をお願いしたいですね。

心から子供達がまた、給食をありがとうと言える会社になって欲しいものです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

第五小学校の給食の取り組みは?

http://www.asakadai5shou.city-asaka.ed.jp/

最近は、学校で「食育」が叫ばれています。

ファーストフードやインスタント食品が便利に使えるようになり、

子供達の発育に悪影響を及ぼす、あるいは、両親が多忙で、

家族で食卓を囲むことが少なくなった、など、

「食」に関する「教育」の場が

少なくなってきた、との見方を文部科学省はしています。

その分、自校給食では、「食育」に力を入れ、

給食に関してより細かな指導がなされます。

http://www.asakadai5shou.city-asaka.ed.jp/

事実、第五小学校でも、月ごとの献立だけでなく、

週ごとの献立を張り出し、

どのような食材か、どんな見た目かを公表しています

自分たちが食べたものがどう言うものなのかをクローズアップされることで、食に対する興味や山地に対する学びを促す目的があるのでしょう。

しかし、よりによって子供達が楽しみにしている学びの場、給食で

歯を欠いてしまうとは…。

 

 

 

スポンサーリンク

 

学校長からのコメントは?

 

学校内部では何か通知があったのかもしれませんが、

外部には校長のコメントはありません。

他の学校に通っている子供達の不安を払拭させるためにも、

何かコメントが欲しいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

朝霞市教育委員会は?

https://www.city.asaka.lg.jp/

朝霞市の教育委員会は、朝霞市教育長 三好 節氏のコメントを発表しました。

 

 この度、朝霞第五小学校において、3月11日(木曜日)に給食で提供した「皿うどん」の麺が固く、児童や教諭の歯が欠けるなどの事故が発生しました。被害に遭われた方におかれましては、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。また、ご心配をおかけしたすべての保護者、地域の方々に心よりお詫び申し上げます。
 事故発生の経緯と原因を分析し、今後、二度とこのようなことを起こさないよう、安全管理を徹底してまいります。

令和3年3月13日

                                  朝霞市教育長 三好 節 

https://www.city.asaka.lg.jp/

回復、と言っても、欠けた歯が元に戻ることはありません。

取り返しのつかないことだ、と言う認識を持って欲しいですね。

朝霞市教育委員会は、調査の結果をHPに載せていました。

 

https://www.city.asaka.lg.jp/

被害状況としては、

(1)歯が欠けた 児童6名(1年生1名、3年生1名、4年生2名、5年生2名)
           教師1名

(2)口の中が傷ついた 児童数名

※被害を受けた児童の内、3名が病院で治療を受けた。

https://www.city.asaka.lg.jp

次に経過を

 皿うどんの麺を必要以上(10分程度)揚げたことで固くなってしまい、児童等がこれを喫食し歯が欠けるなどの事故が発生した。

https://www.city.asaka.lg.jp

対応を

 発生状況を確認し再発防止対策を講じます。

https://www.city.asaka.lg.jp

としています。

なんと言うか、釈然としないかたも多いのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

歯が欠けたらどうなる?

歯が欠けてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

色々と調べて見た結果、大きく三つに治療法が分けられるそうです。

 

①欠けた部分を詰める
歯が小さく欠けている場合に使用される方法で、レジンなどの詰め物を使い、治療を行います。

欠けた部分を補うだけなので、余計な歯を削る必要がありません。

②詰め物・被せ物
歯が中くらいに欠けた場合は詰め物・被せ物を使用します。

セラミックのものからプラスティックのものなど、種類があります。
審美性や料金は異なるため、自分の要望にあったものを選ぶことになります。

③抜歯
歯が土台となる組織に広がるまで大きく欠けた場合は、歯を保存するのが難しいため、抜歯が必要となります。

抜歯した後は、入れ歯やインプラント、ブリッジ
といった治療になります。

今回、病院で治療している子供達は、どのやり方で治療しているのかはわかりませんが、一つだけ確かなことがあります。

欠けた歯は、二度と元には戻らない、

と言うことです。

そのことも含め、関係者の方々はよく反省して欲しいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

前日には賞味期限切れのドーナツ!

実は、第五小学校では前日にも給食のトラブルがありました

それは、学校給食会が納入したドーナツが、

期限切れだったのです。

しかも、その期限は一年前!!

とても、単なるミスでは許されませんよね!

6年生の一部に提供してしまい、

結果児童2人が食べてしまうと言う

トラブルがあったばかりでした。

こう立て続けに給食でトラブルがあると、保護者の方も、

児童も、不安で給食なんて食べられませんよね。

しっかりとした管理体制を敷いて欲しいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

学校内での給食調理員をしております。
はっきり言って、ありえない事例です。
まず、梱包されていた袋等の揚げ時間をチェックは当たり前。
1回目に揚げた時に、味見をして、揚げ時間の調整等を行います。(その際に学校の栄養士も味見を一緒にする)その揚げ時間で全て揚げ終わる時間も見えてくるし。
そもそも検食さえも行なっていない学校なんでしょうか?
ドーナツに関しては、納品された物に関しても賞味期限チェックは当たり前です。
正直、日本の話じゃないと思いました。

 

食えないもの出すのも問題だが、歯が欠けるほどかたい皿うどんを無理して食べる、「残さず食べる」という指導でもしてるのかな。

 

そもそも歯がかけるほどってどれだけ硬いの?
揚げただけでそこまで
まず業者が取り分けるときに気づくのでは?
市は業者を変えるべきですね
こんないい加減な業者ではいけないでしょう
反省だけでは済まないと思うけど

 

歯科医です。

想像の範囲ですが、乳歯であっても永久歯でもあっても、全く健全な歯
(削って詰めたことがない歯)で、かつ、う蝕がない歯ならば、食べ物で
そう簡単に歯が欠けることはないと思います。
逆に言えば、金属とかプラスチックで詰めている歯ならば、残っている
歯質は、欠ける可能性は大きいですし、う蝕歯もどうように弱い歯質の
部分が欠けることがあります。

ただ、7人も同時に欠けたということは、食べるものとは言い難い硬さ
だったのでしょう。

無処置の、う蝕のない、健全歯ならば、そう簡単には欠けません。

 

 

 

歯医者さんも「ありえない」と言う

今回の揚げすぎ皿うどん。

一部では「凶器」とすら言われていますか…まさにその通りですね。

再発防止は確実にしてもらいたいところです!

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)