琵琶湖岸で殺人死体遺棄事件!「またか」スーツケース発見場所や死体の特徴!滋賀彦根市


 

滋賀県彦根市の琵琶湖岸で死体が発見されました。

地元住民からは、「またか」という声も。

 

今回は、スーツケースが発見された場所や特徴など

詳しく見ていこうと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

 

 

17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖岸で、近くの男性(83)が、打ち上げられていたスーツケースの中に人の腕などを見つけ、市を通じて滋賀県警彦根署に通報した。県警は死体遺棄事件として捜査し、身元の特定を進めている。

県警捜査1課によると、スーツケースは発見時開いた状態で、中からは銀色のシートにくるまれた遺体が見つかり、性別や年齢などは不明という。腕は一部白骨化していたという。

現場はJR稲枝駅の北西約4・5キロで、室戸川の河口付近。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

5月17日、午後2時15分頃

滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖岸に

打ち上げられたスーツケースの中から

人の腕などを発見したと

滋賀県警彦根署に通報が入りました。

 

発見したのは、近くの83歳男性です。

 

スーツケースは、発見当時空いた状態で見つかり

中からは、銀色のシートにくるまれた遺体が入っていました。

 

また、遺体の一部は白骨化していたとのことで

年齢や性別などの遺体の身元は、一切不明という事です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


 スーツケース発見場所!

 

 

遺体発見現場は、滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖岸とのことです。

 

 

こちらが、周辺の地図です。

 

こちらの地域には、湖岸緑地 薩摩があります。

 

口コミなどでは、「さんぽに最適」「夕焼けが素晴らしい」

「時代劇の撮影によく使われる」などあり、地元では

人気のスポットのようですね。

 

スーツケースから遺体を発見した83歳の男性は

この辺りの住んでいるのでしょうか。

 

毎日の日課である、午後の散歩をしていた時に

ふと、スーツケースに目が行ったのでしょう。

 

突然、遺体が見つかるとは・・・想像しただけでも恐ろしいです。

 

また、スーツケースは開いている状態で見つかったと

報道がされていました。

 

もしかすると、83歳男性の前に遺体を発見した人がいるのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


 発見された遺体の特徴は?

 

 

発見された遺体についての情報です。

 

現時点で分かっていることは、

スーツケースの中に、人の腕などがあった

また、腕は一部白骨化していたということだけです。

 

警察によると、その遺体からは

性別も年齢も分かっていないという事です。

 

明日、18日に司法解剖がされ

詳しい死因などが分かってくると思います。

 

こちらに関しては、新たな情報が入り次第

更新、追記等していきたいと思いますので

しばらくおまちください!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


 「またか…」数年前にも同様事件が迷宮入り?

 

 

今回の事件について調査を進めていくと「またか」といった声が

たくさん寄せられていました。

 

 


滋賀県ってバラバラ事件多いな
またか・・・

 

 

さらに、数年前にも同じような事件が起きており

なんと、事件はまだ解決していないという事です。

 

 

数年前にも同様の事件が発生してるが、迷宮入りになったはず。
今度こそ、しっかり検挙しろよ、滋賀県警!

 

数年前の事件とは、一体どんな事件か気になったので

少し調べてみました。

 

 

こちらの事件は、2008年5月17日早朝から

6月23日にかけ、滋賀県近江八幡市の琵琶湖で発覚した

殺人・死体損壊(バラバラ殺人)事件のことのようです。

 

Wikipediaにも、琵琶湖バラバラ殺人事件

出てくるまでの、大きな事件だったことが分かりました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 みんなの声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)