栃木県茂木町|通学バスに女児を置き去り|学校名や運転手の勤務先は?確認ミスを認め謝罪!


昨年11月、茂木町が業者に委託して運行する通学バスの車内に、

小学生女児が1時間ほど取り残されていたことが分かりました。

女の子は自力で脱出し、足に軽いけがを負ったそうです。

学校名や、運転手についての情報はあるのか調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

 栃木県茂木町で昨年11月、町が業者に委託して運行する通学バスの車内に、小学生女児が1時間ほど取り残されていたことが分かった。運転手は女児に気づかず、バスと車庫を施錠して帰った。女児は自力で脱出した際、足に軽いけがした。町教育委員会が朝日新聞の取材に認めた。

 町教委は今回の事態を重く見て、車内の点検を二重にする再発防止策を取っているとしている。昨年7月には福岡県中間市で、保育園の送迎バスの車内に男児(5)が朝から夕方まで取り残され、熱中症で死亡した事故が起きた。

 町教委によると、置き去りがあったのは昨年11月29日の下校時。女児は眠ってしまい、車内に1人残された。運転手はバスを車庫に入れ、点検しないまま施錠し、車庫のシャッターも閉めて帰宅した。約1時間後、目を覚ました女児はバスの窓から飛び降り、車庫の窓から外に出て徒歩で自宅に帰ったという。

 バスは約20人乗りのマイクロバス。運転手は「点検をおろそかにしてしまった」とミスを認めているという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

昨年11月29日の下校時、栃木県茂木町で町が業者に委託して運行する通学バスの車内に、

小学生女児が1時間ほど取り残されていたことが分かりました。

 

女の子はバスの中で眠っていたようですが、

運転手は女児が乗っていることに気づかず、バスと車庫を施錠して帰ったということです。

女児は自力で脱出した際、足に軽いけがをしました。

 

昨年7月、福岡県中間市で、保育園の送迎バスの車内に男児(5)が朝から夕方まで取り残され、

熱中症で死亡する事故が起きました。

 

今回は寒い季節だったことが幸いでしたが、

真夏に起きていたらと思うとゾッとします。

 

バスの中に取り残されたら大人でもパニックになってしまいそうですが、

とても機転の利くお子さんです。

 

本当に無事でよかったです。

 

運転手は「点検をおろそかにしてしまった」とミスを認めているということです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 学校名は?

 

女児が通う小学校についての情報は出ているのか調べてみました。

 

分かっているのは、栃木県茂木町という地名だけのようです。

 

茂木町にはいくつか小学校がありますが、現時点で学校名は公表されていませんでした。

続報が入りましたら、追記していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 運転手の勤務先は?

 

バスを運転していたのは、茂木町が委託している業者でした。

勤務先や運転手ついての情報は、現時点で一切報道されていません。

 

これから気温が高くなる季節です。

二度と同じことがないよう、再発防止に努めてほしいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)