齊藤和仁の顔やSNSは|四人がかりで男性にハサミで切りつけ強盗…

なんと痛々しいことか、

 

四人がかりで、ハサミで男性を切りつける凶行を犯した犯人が逮捕されました。

 

真相に近づくべくお伝えします。

 

事件の概要

 

去年12月、青森県弘前市で、知人の男性の耳をはさみで切りつけたり顔を殴ったりするなどしてケガをさせ、現金などを奪ったとして、7日までに20歳の男4人が強盗傷害の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、いずれも20歳で弘前市松原東2丁目の自称塗装工・三浦快斗容疑者と弘前市賀田2丁目の会社員・齊藤和仁容疑者、それに平川市小和森下松岡の会社員・木村荘史容疑者で、8日朝、身柄を検察庁に送られた。また、東京都新宿区の無職・佐藤柔仁容疑者は7日夜、逮捕された東京から県内に身柄を移された。

4人は去年12月28日と29日、弘前市内の佐藤容疑者の実家とコンビニエンスストアの駐車場で、知人の男性の右耳をはさみで切りつけたり顔を殴ったりするなどしてケガをさせ、現金12万円などを奪った強盗傷害の疑いが持たれている。逮捕された4人は遊び仲間で、このうち齊藤容疑者は県議会の文教公安委員会で副委員長を務めている齊藤爾議員の二男。

警察が犯行の動機などを調べている。

(引用:yahoo!ニュース[男性の耳をはさみで…強盗傷害で男4人逮捕]

 

 

 

 

 

 

 

 

四人の容疑者のSNS(facebook,twitterなど)は?

 

SNSについても調査しましたが、本人特定には至らずでした。判明したならば、追記します。

ご了承ください。

 

 

 

四人の容疑者、顔は?犯人像と背景を分析

 

 

以下に四人の情報をまとめました。

 

氏名:三浦快斗

年齢:20歳

職業;塗装工

住所:弘前市松原東2丁目

 

 

 

 

 

 

  

氏名:齊藤和仁

年齢:20歳

職業:会社員  

住所:弘前市賀田2丁目

 

 

 

 

 

 


氏名:木村荘史

年齢:20歳

職業:会社員  

住所:平川市小和森下松岡

 

 

 

 

 

氏名:佐藤柔仁

年齢:20歳

職業:無職   

住所:東京都新宿区

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犯行の動機は?

 

犯行動機については、警察が調査中とのことですが・・・

「現金などを奪い」とあります、

最近調査していたニュースで自分勝手な理由で犯行に及ぶ、という手のものが多いこともあって、

この事件の流れを見ていても感じるところとして、

自分たちが自分たちで気ままに使うためのお金にしようとしていたのかなと考えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも痛々しい

 

ハサミで切りつけた上、殴る暴行・・・

しかも12万円のためという結果を聞くと、

もちろん額がどうであれそのような仕打ちを向ける理由はどこにもありませんが、

なぜそのようなことができてしまったのか、なぜそこまでしなければならなかったのか、と

苦しい思いを感じます。

 

 

 

 

yahoo!ニュースのコメント欄でも、この行動には色々な声が寄せられています。

 

 

いけないことだとは知っていますが、こんな人達には同じことをやらないと分からない。と思う。

 

異質さにしてもそうですが、耳にハサミというのがもう言葉にならないくらいおぞましさを感じます。そのおぞましさ、現金を奪うというだけの目的、考えても「同じことをやらないと分からない」という考えは、過激ではありますが、多くの人が思ってしまうとことかもしれません。。。

 

 

 

 

12万円を4人で分けて一人3万円
他にも色々やってるだろうけど、安い人生だったな。

安いでは済まず、今回の件で
返済不可能と思える程の借金(逮捕歴)が発生したわけだが。

 

どうしても痛々しさに目を向けてしまいそうですが、

まず

犯っていることが安い、安すぎる。それは金額もそうです、そうですけど、人生が。生き方が、この選択肢を選んだ生き方が・・・そんな訴えが見て取れます。

 

 

さらに、その「安さ」に対しては圧倒的な「借金」。

何を望むのか、そこに気をつけなければ、どうしようもないことになりかねるのです。

当然ですが、皮肉にも犯罪とは物事のそういう部分を見せてくれているところがあります。

 

 

 

 

 

どういうふうに育ったら、こうなるのか?
他にもやってるだろうし、やりくちからして公正もしなさそうだな!
なんか新しい法でも作ったほうがいいんじゃないか!

 

先ほど述べたところに近しいですが、どうしてこのようなことを、しかも四人ですからね、なにかしらのブレーキが働いて…!!と痛切に感じます。だからこそ、あまりにも不思議すぎるからこそ、殆どのひと、誰にもどうしようもないから、どんどん悪循環的になってしまうのだと思います。

こういうとき、悪循環をさりげなく、うまく止められる人間になりたい、という人が持つ行動目標もまた、こちらも皮肉にも、というところですが、犯罪によって生まれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

yahoo!ニュースでの報道で、犯人の親が県議会の文教公安委員会で副委員長という書き方がなされていました。20歳は成人ですから、親は関係ない、けれど、「公安委員会」というところが報道すべきと思わせたのでしょうか。

 

取材力には感服ですが、こんな意見も。

 

成人している息子の件で、親の職業晒すのは、個人情報保護法違反です
日本テレビを処分すべき

 

気になった方もいたかなと思い、一応触れてみました。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

突然襲われた男性は、恐怖感もそうですし、痛みにも苛まれていることと思います。

 

 

本当に災難なことと思います。

 

 

1日も早く快方に向かうことを願うとともに、

 

 

今回の犯人グループのような狂気的なこころが生まれてしまわないよう、何か策はないのか、考えねばならないです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)