武田祐介の顔とfacebook!一橋大学卒の弁護士!法律事務所は?高校は?


先月の8日に知人の女性にわいせつな行為を働いたとして

 

千葉市の弁護士の男が再逮捕されました。

 

犯人の武田祐介容疑者は3月にも同じうような事件で逮捕されているようです。

 

弁護士という法で誰かを守る立場でありながら自ら法を犯してしまうとは・・・

 

立場とやっている行動がチグハグなように感じますね。

 

しかも再逮捕されるまで一ヶ月も立っていないということで

 

非常に短いスパンで二回も性的暴行を加える事件を起こしているようで

 

武田容疑者の道徳的正義感にはちょっと疑問符が浮かびますね。

 

今回は事件の概要をはじめとして短いスパンで二回も逮捕されるに至ってしまった竹内容疑者のプロフィールや犯行の動機をみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

千葉市の弁護士の男が、自宅に顔見知りの女性を連れ込み性的暴行を加えたとして再逮捕されました。  強制性交傷害の疑いで逮捕されたのは、千葉市内に住む弁護士の武田祐介容疑者(36)で、今年3月の午後9時ごろ顔見知りの飲食店従業員の女性(22)を自宅に連れ込み、顔などを殴って抵抗できないようにしたうえで性的暴行を加えた疑いがもたれています。女性(22)は顔や頭に軽いけがをしました。武田容疑者は先月8日、別の飲食店従業員の女性(24)に性的暴行を加えようとしたとして逮捕・起訴されています。  警察によりますと、今回の事件について女性(22)から被害届を受け、捜査を進めていたところ、別の女性(24)から被害を受けたと通報があったということです。警察は武田容疑者の認否を明らかにしていません。

引用:Yahoo!ニュース

 

今回再逮捕された武内容疑者は3月に顔見知りの飲食店の女性(22)に性的暴行を加えた上に

 

4月の8日に別の飲食店の女性(24)にも性的暴行を加えたとして再逮捕されたようです。

 

それにしても一ヶ月、下手すると一ヶ月もしないうちに二回も犯行に及ぶという・・・

 

法を司る弁護士という立場からは大変考えにくい行動と言わざるを得ませんね。

 

しかも3月の犯行については非常に残酷なものを感じます。

 

被害者の女性に性的な行為を加えるだけでなく、抵抗できないまでに顔を殴るとは・・・。

 

被害にあった女性のことを考えると心が痛むばかりです。

 

 

再逮捕されたことによって今後二次被害が出るということはないのでしょうが

 

今回の逮捕を受けて武内容疑者にはしっかりと反省してもらい、弁護士としての立ち振る舞いをしっかりと取り戻してほしいものです。

 

 

 

スポンサーリンク

 


武内容疑者のプロフィール

名前:武内祐介

 

年齢:36歳

 

性別:男性

 

職業:弁護士

 

住所:千葉市

 

報道ではこれほどの情報が報道されていましたね。

 

他にも詳しく調べてみると

 

高校:千葉県立安房行動学校

 

大学:一橋大学法学部

 

との情報が出てきました。

 

まさかの一橋大学法学部出身なんですね!

 

一橋法学部といえば法学部界隈の中でもトップレベルの大学で、ちょっとやそっとの学寮では入学も卒業も到底できっこない名門です。

 

そんな名誉ある大学に入ってまでこのような罪を犯すなんて・・・。

 

正しくその手腕を発揮し続けていれば名弁護士と呼ばれるにまでなったのでしょうが

 

なぜこんな誰かを深く傷つけるような行いをしてしまったのでしょうか。

 

犯してしまった罪は非常に深いものです。

 

深く反省してほしいものです・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

 


武内容疑者の顔写真

顔写真を調べましたところ

 

以上のような写真が見つかりました。

 

こう言っては何ですが非常にイケメンですね・・・笑。

 

ぱっと見ではまさか今回のような性的暴力を働くような方には見えませんよね。

 

弁護士でかつ甘いマスクを持っているということを武器に被害者となる女性を誘惑していたのでしょうか。

 

見かけに騙されるなとは言いますが、これほどしっかりそうな方だと「信用できるかも・・・?」と思ってしまうのは仕方がありませんよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

武内容疑者の所属する法律事務所は?

独自に調べましたところ、武内容疑者は自分の法律事務所を持っているようで

 

武田総合法律事務所というところのようです。

 

武田総合法律事務所

 

ただ現在ではすでに凍結されてしまっているようで詳しい情報を見ることはできません。

 

どうやら離婚問題をはじめとした男女トラブルを主に弁護活動を行なっていたようですね。

 

主戦場としていた法律の領域が男女問題ということがなおさら今回の犯行のタチの悪さきわだ出せますね。

 

これまで男女問題をとりもつために弁護する側に立っていた武田容疑者が

 

まさか自分が今回の事件で弁護される側に回ることになるとは夢にも思っていなかったでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

犯行の動機

 

今回の犯行について動機が供述されていたいどころか

 

容疑についての認否も明らかにされていないようです。

 

前科もあることから頭ごなしに「今回の犯行の犯人も武田容疑者だろ!」と言いたくもなりますが

 

もし犯行をしたと仮定するとなるとその動機は「性的ストレスの発散」が妥当なところでしょうか。

 

性的暴行までなるとそこに男女間の愛などを想定するというのは非常に難しいことですし

 

短いスパンで違う相手に対して性的暴行を行ったとなるとストレス発散が目的と考えるのが自然です。

 

被害にあった女性は自宅に訪れているということですから同意の上で武田容疑者の家に訪問しているのでしょうが

 

まさか今回のような犯行をされるとは夢にも思っていなかったでしょうね。

 

どうも被害者の方の立場に立つと浮かばれない気持ちになりますね・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

社会的地位の高い職業であれば、女性と普通にお付き合い出来ると思うのですが…。
サドスティックな行為が好みなのか、自分の思い通りならない事への苛立ちなのか…。
努力して弁護士になったはずなのに、更生できなかったのですね。

 

一昔前は弁護士って高収入で尊敬される職業だった。
今は飽和職業でコマーシャルでも分かるようにサラ金の利息返済の??みたいに
仕事探しに必死なイメージしかないんだけど。サイテーな弁護士だね。

 

弁護士という立場でありながら今回のような犯行に及んだことに対して呆れるコメントが寄せられました。

 

法を司る立場である弁護士というのは誰かを守る立場なはずなのですが

 

自ら誰かを傷つけるような行動に出るというのはどうにも弁護できないですね・・・。

 

 

自分が被告として出廷し、弁護される側になるとは。

 

弁護士が弁護士を頼むって・・・恥ずかしわ。  弁護士資格は無効になるな。アホや。

 

弁護士ながら自分が弁護される立場になるということを恥ずかしく思ったり、滑稽に思うコメントも寄せられました。

 

人を弁護する立場から人に弁護される立場になるという状況はなんというか、皮肉なものに思えますよね。

 

武田容疑者を弁護する弁護士の方も武田容疑者に対して「何をやってるんだ・・・」といったようなネガティブな感情を持って法廷に立つのでしょうね。

 

何れにせよこれまでの罪を清算し真っ当な弁護士に戻ってほしいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)