【元携帯販売員が教える】携帯・スマホのキャリア契約(au,docomo,softbank)で安くする方法!【docomo編】

・simフリーの通信状況が良くないことはわかった。なのでau,softbank,docomoで使い続けたい!

・やっぱdocomoを使い続けたい!!

そんなユーザー様の為にキャリア契約で安くなる方法をお教えしちゃいます!

必見です!!

スポンサーリンク





はじめに

元携帯販売員の”ミコ”と申します!

前回はスマホの

①通信回線を落とさない

②安く利用できる

方法をお教えしました!

結論としては、Y!mobileのキャリア契約がこの2つが合理的に解決出来る為、良いと考えられるといった考察をしました!

しかし中には

・昔からdocomo使っているし、docomoを使い続けたい!

・家の固定回線がauだから、auの光割引を使いたいから使い続けたい!

といった方も中にはいるかもしれません!

元携帯販売員としての知見を活かしながら如何に指定キャリアを安く使い続けるか!

というのをご紹介したいと思います!(2019/1/26)

特に今回は、docomoのキャリアに着眼して情報を提供していきたいと考えております!!

スポンサーリンク





docomoのスマホ最安値方法はどうすべき?

まず初めにdocomoはこの3キャリアの中で

料金形態が高い傾向

にあるとだけ申しあげておきます!(泣) 

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/

                docomoの月々料金形態

基本プラン(980円~)+パケットプラン(1GB:2900円~)+インターネット接続サービス(300円)=4180円(税抜)
 
機種代金=0円
付加サービス代金=0円
割引・得点=0円
と仮定すると、
 
最安値で1人あたり4180円!
しかしながら、基本的には機種代金が機種によっては費用となるのでご注意を,,(笑)
 
 

docomo withは安くないの?

 
docomo with とは、対応端末を購入すると月々1500円の割引が適用する制度
一見すごく安そうに見える制度ですが、落とし穴があります。。(笑)
 
 
①対応端末が旧世代iphone
docomo withの対応端末が実は、今発売されている端末よりある程度旧世代の端末なのです。
現在だとiphone6sがdocomo withの対応端末ですが、発売されているiphoneは、iphone6s,iphone7,iphone8,iphoneX,iphoneXR,iphoneXs となっているため、
5個前のiphoneとなっているわけです。
 
それだと、やはりカメラ、CPUの精度はやや落ちていたり、顔認証機能は使えない等
最新機種よりも遥かに劣ってしまいます。
その為、割引対象機種というのは、値段相応の端末であるという事を覚悟しなければなりません。。
 
 
 
②docomo with2年目以降から安くなる傾向あり
docomo withは、月々1500円(税込1620円)の割引がありますが、端末代金が1782円なので
実質月々※ 1782円-1620円=162円の料金がかかってしまいます。
 
 
1~2年目:4514円(通信料金 4180円税込)+162円=4676円
 
2年目以降:4514円(通信料金 4180円税込)-1620円(docomo with)=2894円
 
しかし、iphoneはバッテリーが人によっては1年ですぐ切れてしまう人もいるのです。
その中で、2年目以降使い続けるというのは非常に現実的ではないのと同時に、2年も経つと
新しいiphoneが発売されています。
その為新しいiphoneを購入する機会を値段的な意味合いで失ってしまうのです。
 
※docomo with料金は、端末料金ではなく、通信料金値引だが、今回便宜上通信代金に引いて
おくとする。
 
 

docomo光割引がひどい!?

au,softbankと比較すると実は、docomo光割引というのは非常に割引額が小さいです。

docomo光割引は上記の最安値プランに全く適用しません。

上図を見てわかると思いますが、1GBのプランにdocomo光割引は適用はしません。
 
 
 
 
上図を見てわかると思いますが、Softbankであれば1GBでも光割引が適用します!!
 
 
auには1GBプランでも適用しない物と適用するものがあります。
しかしながら、docomoと異なる点は、2GB、3GB契約でも割引額が大きい点です。
 
 
 
 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回docomoの料金形態とdocomo単独契約時のスマホ最安値方法をお教え致しました。

次章では、auとsoftbankの料金形態とその比較も詳細に迫りながらいきたいと踏まえております。

では読んでいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする