クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト(26)の顔!道頓堀殺人事件の犯人!不法残留していたヤバイ男だった!


8月2日の夜、道頓堀川で男性が突き落とされ溺死した事件の犯人が、逮捕されました。

逮捕されたのは、ドミニカ国籍のクルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト(26)容疑者です。

 

日本人だと思っていましたが、ドミニカ国籍の男だそうです。

さっそくクルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト容疑者について、みていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道概要

 

 

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

2日夜に、ミナミの道頓堀川で男性が突き落とされ溺死した事件で、

クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト容疑者が逮捕されました。

 

被害者はベトナム国籍のチン・トゥ・アインさん(21)です。

アルベルト容疑者とアインさんは事件直前まで現場付近に一緒にいて、

大音量で音楽をかけながら、お酒を飲んでいたようです。

 

酔っぱらって、何かしらのトラブルに発展したのでしょう。

それにしても、暴行を加え川に突き落としてしまうなんて、怖すぎます。

 

 

事件の動画はこちらから見ることができます。

【動画有】道頓堀川に外国人男性を突き落とした犯人の名前や顔・特徴!

 

スポンサーリンク

 

 


クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト容疑者の顔

 

8月5日時点で、クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルトの顔は公開されていませんでした。

本日、はっきりわかる顔画像が報道されていましたので、更新いたします。

 

引用元:MBS

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルトは不法残留で逮捕されていた

 

アルベルト容疑者は事件翌日の8月3日、大阪市西成区の簡易宿泊所で発見。

すでに警察が入管難民法違反の疑いで逮捕していました。

 

不法残留し、さらに殺人事件まで起こしたアルベルト容疑者。

日本にいる外国人が、こんな危ない人ばかりではないと思いますが、

実際に事件になると、ゾッとしてしまいますね。

 

アルベルト容疑者は

「弁護士と話してからでないと話すことはない」

と認否を保留しているということです。

 

スポンサーリンク

 

 


 ネットの反応

 

捕まって良かった
でも 自分の国で やってくれ
日本の警察に面倒かけるな

 

外国人労働力頼りすぎて確実に治安悪くなってるわ

 

ベトナム関連多すぎ。

 

ベトナム人やスリーランカ人の犯罪が多いですよ。
ベトナム人の犯罪は殺害する事が目立つ!

 

>西成区の簡易宿泊所…

警察も触りたくない悪・汚の巣窟って感じ。

 

 

入国管理を見直ししっかりした審査を行うか、身元引受人にしっかり責任を取らせるべきでは?
技能実習制度を廃止して作り直す事も必要だけど。

 

結局の所、外国人が外国人を殺害した事件だったと。
しかも容疑者は無職の不法滞在者。
不法滞在はまともな職もなく違法薬物の販売、窃盗、ギャング化、強姦、暴行、あらゆる犯罪の温床になりかねず、いかに日本の入管法や政府の不法滞在者への対応がお粗末かが良くわかる。

 

入管難民法違反の疑い。どういう経緯で入国したのか?無職で酒飲むって、生活費はどうしてるのか?こういう報道ってその時だけで、後どうなったかわからないことが多いので、追跡調査、報道してもらいたい。

 

日本も何の事件でも、結構、防犯カメラなど普及して、しょうもない事件も減ってきていると思えば、近年では、外国人も多くなってきていて、違う心配が出てきている。
まー、どちらにしても、注意は必要。
外国人の方が、このような事件を起こすたびに、良い外国人の方が、肩身が狭くなるよね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)