「シ○ブほしい人」覚○剤販売を匂わせた男性の顔!飲食店は?掲示板の書きこみは?


去年の10月にインターネットの掲示板で「シャブほしい人」という書き込みをして

 

覚○剤を販売するかのような呼びかけをしたとして34歳の男性が逮捕されました。

 

犯人の男性は覚○剤を所持してはおらず、「嘘につられる人を見てバカにしたい」という遊び半分の気持ちで犯行に及んだようです。

 

遊び半分とはいえ、現代で覚○剤販売は流石に冗談では済まされないですよね・・・。

 

今回は事件の経緯と犯人の男性のプロフィールなどを見てきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

インターネットの掲示板サイトに覚醒剤販売をうたう書き込みをしたとして、名古屋市の34歳の男性が書類送検されました。  覚醒剤取締法違反(広告の制限)の疑いで書類送検されたのは、名古屋市守山区の飲食店店員の男性(34)です。  警察によりますと、男性は去年10月、インターネットの掲示板サイトに「シャブほしい人」「良いのありますよ、〇g〇円」などの内容を書き込んで、不特定多数に対し覚醒剤に関する広告を出した疑いがもたれています。  「シャブ」は覚醒剤を意味する隠語としてインターネット上などで使われています。  警察の調べに対し、男性は「うそにつられて反応した人をバカにして、ストレスを解消しようと思って書き込んだ」と容疑を認めています。  男性は、実際に覚醒剤を販売しておらず、警察は、犯行の経緯などを調べています。

引用:Yahoo!ニュース

 

去年の10月にインターネット上の掲示板にて

 

「シャブほしい人」「○g○円」といった書き込みをして

 

覚○剤の販売を匂わせる広告を掲載した疑いで34歳の男性が逮捕されました。

 

この行為覚○剤取締法違反(広告の制限)に抵触しており

 

何人も医薬関係者以外に覚○剤に関する広告を打ち出すことはすべて認められていません。

 

よって今回の犯人のように嘘で実際には販売するつもりがなかったとしても罪に問われてしまいます。

 

それにしても嘘につられる人をバカにしたいという面白半分で覚○剤の広告を掲載したばっかりに

 

人生に拭えぬ汚点を背負う結果になるとは・・・犯人も軽率でしたね。

 

犯人としては「別に実際に販売をしたり所持をしているわけではないから問題ない」といった心持ちで今回のような犯行に及んだのでしょうが

 

法に抵触して捕まってしまうだなんて夢にも思っていなかったでしょうね。

 

覚○剤というもの自体が日本では厳しく取り締まられているということを知っているなら、今回のような犯行に踏み切ってしまう前に自分の行いが違法でないかを調べておくべきでしたね・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人の男性のプロフィール

名前:不明

 

年齢:34歳

 

性別:男性

 

職業:名古屋市守山区

 

職業:飲食店

 

報道では以上の情報が公開されていましたね。

 

34歳という人生これからという年齢にして逮捕されてしまうとは・・・。

 

バリバリに働いて貯金を貯めて今後の人生を安泰にするという年齢で捕まってしまうと雇ってもらえることすら難しくなるでしょうから

 

犯人の男性の今後の人生には陰りを感じざるを得ませんね・・・。

 

犯行に及んだ時の気分は軽いものだったのでしょうが、これほどまでに重いハンディを背負うことになるとは夢にも思っていなかったでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人の勤め先は?

犯人の勤め先について有力な情報は得られませんでした。

 

報道では名古屋市守山区の飲食店とされていますが、これ以上の情報がないため特定にいたることはできませんでした。

 

今後追加情報が報道されると思いますので、新たな情報が得られ次第報告いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

実際に書き込みがあった掲示板は?

「シ○ブほしい人」「良いのありますよ、〇g〇円」といった書き込みをインターネット上で書き込みをしたとして犯人の男性は逮捕されたわけですが

 

その掲示板はどこにあるのでしょうか?

 

報道では不特定多数の人に向けて広告を打ち出したとしていますので掲示板を漁れば見つかりそうではあります。

 

ただ今回の騒動を受けて削除されたのかそのような書き込みや広告を発見することはできませんでした。

 

削除されたのであれば今後も書き込みは秘匿されるでしょうからもう書き込みを見ることはできないかもしれません・・・。

 

ただ報道されるという可能性もないわけではないので続報をお待ちくださいませ。

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

【警察の調べに対し、男性は「うそにつられて反応した人をバカにして、ストレスを解消しようと思って書き込んだ」と容疑を認めています】

思い付きで書き込みした嘘で書類送検

後悔してももう遅いな

 

 

こういうことをやれば、どうなるか分かるはず・・。面白半分でやって、これからの人生どうするの?

 

連絡してきた人たちに
「覚せい剤の売買は犯罪なんですよー知らないんですかぁ?」とか
やりたかったんかな。
けれど広告だけでも犯罪になることを知らなかった、と。

 

 

面白半分で掲示板に釣り情報を掲載し、逮捕されるに至ってしまった犯人の男性に対して呆れるコメントが寄せられました。

 

犯人としては実際に所持していたなかったり販売する意図がなかったとしても面白半分で販売を匂わせる広告を打ち出すことは違法ではないと思っての犯行だったのでしょうが

 

実際には法に抵触してしまい逮捕されるという想定外の事態に陥ってしまったといった感じでしょう。

 

罪に問われ、逮捕されることが報道されるとなると社会的信用が大きく落ちてしまいます。

 

面白半分でやってしまった軽率な行動が自分の人生を狂わせることになるという・・・

 

今頃犯人の男性は「なんとバカな行いをしてしまったのだろう」と後悔している事でしょう。

 

結果自分が1番馬鹿にされるというw

 

警察にバレるに決まってるじゃん…
バカにしようとして…って
あなたが…ねぇ…

 

犯人の男性が自分の出した嘘の広告につられる人をバカにしようとし他のに

 

結果的に自分が逮捕されることになってしまい、世間からバカにされるという皮肉な状況になってしまったというのも目を引きますよね。

 

いくらネット上で匿名で活動したからといって犯罪行為がバレないという保証はないですし

 

バカな行いをする前に自分の行為を振り返って自制すれば世間から笑われるような状況には陥っていなかったでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)