遠藤裕喜の母親の名前や顔|自宅住所や出身中学校・高校特定|デスノートを書いていた?甲府市放火犯人実名


10月12日、山梨県甲府市蓬沢の住宅で、井上盛司さん夫婦を殺害したうえ自宅を放火した疑いで逮捕されたのは、19歳の少年でした。

このような凄惨な事件を起こした犯人の実名と顔を公表したのは、週刊新潮です。

犯人の名前は遠藤裕喜19歳。

遠藤容疑者の人物像や両親についての情報も次々と明らかになってきました。

今回は遠藤容疑者の母親、自宅住所や出身中学校・高校についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 甲府市放火事件の犯人は遠藤裕喜19歳

 

週刊新潮に掲載された、遠藤容疑者の顔写真です。

モザイク無しの顔画像も公開されていますが、こちらでは掲載を控えさせていただきます。

 

 

 

 

 

遠藤容疑者の生い立ちや父親についての記事はこちらです。

 

 


 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 遠藤裕喜の母親の名前や顔は?

 

 

遠藤裕喜容疑者は中学校まで父方の苗字を名乗っていました。

祐喜容疑者が小学校2~3年生ごろ、父親が家庭用給湯器を窃盗し逮捕されたことがきっかけで、

小学校6年生ごろに離婚したようです。

 

小学校低学年のころは、山梨県中央市に住んでいましたが、

父親の事件の影響もあってか、母親と甲府市へと引越しました。

甲府市に引越ししてから1年ほど経ったころ、母親が裕福な男性と再婚。

遠藤裕喜が小学生のころにはiPhoneを持っていたそうです。

 

給湯器を窃盗した父親と離婚し、裕福な男性と再婚した遠藤容疑者の母親。

名前や顔は現時点で報道されていませんでした。

 

母親も、遠藤容疑者の名前や顔が報道された以上、今の家には住んでいられなくなるでしょう。

母親に関する情報が入り次第、追記いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


遠藤裕喜の実家住所はどこ?

 

遠藤裕喜容疑者の実家の住所は、「甲府市里吉3丁目」だそうです。

 

 

今回の事件が起きたのは、10月12日ですからその翌日には実家に警察官が行っていたことになります。

この時点で犯人の目星がついていたのでしょう。

 

 

 

火災現場となった井上さんの自宅は「甲府市蓬沢1丁目」です。

 

 

遠藤容疑者の実家住所からは、およそ1.6kmほど。

徒歩でも10分ちょっとの距離です。

現場から犯人が歩いて逃走したという情報もありましたが、この距離なら可能ですね。

 

 

井上さんの自宅はすでにモザイクがかかっていました。

 

 

甲府市里吉3丁目以降の詳細な住所は分かっていませんが、

警察が出入りしていることからも、自宅が割り出されるのは時間の問題ではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 遠藤裕喜の出身中学校や高校

 

遠藤裕喜容疑者の通っていた中学校は「甲府市立南中学校」という情報があります。

 

 

今回の犯人は、
甲府中央高校定時制4年生生徒会長 遠藤裕喜(19)
甲府南中学校出身で里吉3丁目が実家のボッシーw

父親(渡辺)は給湯器泥棒で逮捕歴あり。
ソレをきっかけに両親は離婚。

 

甲府市立南中学校

 

引用:wikipedia

 

 

 

中学校に入学した遠藤容疑者は、ソフトテニス部に入部。

しかし、夏の林間学校が終わった頃に不登校になったそうです。

中学校の同級生の中でも、遠藤容疑者の存在感はなかったとのことです。

 

 

そして中学校を卒業したあとは、甲府市の定時制高校である「甲府市中高高校」に入学しました。

学校生活では、無遅刻無欠席、生徒会長を務めるなど真面目な様子が伺えます。

 

しかし、すでにこの頃から遠藤容疑者の奇行が目立っていました。

 

「思い出し笑いです」と言いながら突然笑い出す

ニヤニヤしながら独り言をぶつぶつ喋る

何を考えているか分からない

学園祭実行委員の集まりで、1人でダーツみたいな形の折り紙を黙々と折っていた

静かで元気が全然ない。

雰囲気が怖い

 

この高校で今回の事件の被害者となった井上さんの長女と出会うことになりました。

井上さんの長女も生徒会の役員をつとめていましたので、

遠藤容疑者が恋心を抱くのは不思議ではありません。

 

ヘアスタイルを気にしたり、眉毛を整え見た目にも気をつかうなどしていたようです。

 

事件が起きる4日前に、高校では学園祭がありました。

そこで、先生から学園祭の実行委員に「うまい棒」が配られたそうです。

遠藤容疑者は、井上さん長女にプレゼントしたものの「いらない」と断られたそうです。

 

この日を境に遠藤容疑者は学校へは来なくなりました。

そんなショックだったのでしょうか…

遠藤容疑者は自殺を考えたそうですが、LINEをブロックされたことなどにも腹を立てており、

犯行に及びました。

 

あの時、うまい棒を受け取っていたら運命は変わっていたのでしょうか…

 

 

遠藤裕喜の小学校特定については、こちらの記事にまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 デスノートを書いていた?

 

小学校時代の好きなアニメに「デスノート」とあります。

遠藤容疑者の小学校時代を知る人物の証言によると、

 

犯人はデスノートについて「邪魔者を消していく感じが楽しい」みたいなことを言っていました。

「昔のことも消したい」とも言っていて当時はよくわからなかったのですが、記事を読んて父親の事件の事かと納得しました。

 

「邪魔者を消していく感じが楽しい」

このように話していた遠藤容疑者。

自作のデスノートを作成していたのでしょうか…

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)