長内勝仁の顔とFacebook!酒酔い運転で衝突事故!事故でなくテロ!50代男性死亡/北海道枝幸町


 

22日の夜、北海道北部の枝幸町で乗用車同士が衝突し、1人が亡くなる事故がありました。

亡くなった方と別の乗用車を運転していた男からは、基準値の4倍のアルコールが検出されたとのことです。

また飲酒運転の死亡事故です。

なぜ、酒を飲んでから運転をしてしまうのでしょう…

今回はこの事故について調査してきました。

みていきましょう

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

事故の概要

4月22日夜、北海道北部の枝幸町で乗用車同士が衝突し1人が死亡した事故で、酒酔い運転で現行犯逮捕された男は、酒を飲んで帰宅途中だったとみられることがわかりました。  4月22日午後9時20分すぎ、枝幸町岡島の国道238号線で乗用車同士が衝突し、50代の男性が死亡した事故。   警察はもう一方の車を運転していた自称会社員 長内勝仁容疑者(52)を、酒酔い運転の現行犯で逮捕しました。   長内容疑者は当時酒に酔い、真っすぐ歩けない状態で、呼気からは基準値の4倍のアルコールが検出されました。   長内容疑者は酒を飲んで帰宅途中だったとみられ、調べに容疑を認めているということです。   警察は、かなりのスピードが出た状態で衝突した可能性があるとみて調べています。

出典:yahooニュースyahooニュース

4月22日午後9時20分すぎ頃、

 

枝幸町岡島の国道238号線で乗用車同士が衝突し、50代の男性が死亡した事故で、

 

警察はもう一方の車を運転していた男を酒酔い運転の現行犯で逮捕しました。

 

逮捕されたのは、自称会社員 長内勝仁容疑者(52)です。

 

長内容疑者は当時酒に酔い、真っすぐ歩けない状態で、呼気からは基準値の4倍のアルコールが検出されました

 

長内容疑者は酒を飲んで帰宅途中とのことで、なんで酒を飲んだのに運転しているんだと憤りを感じます。

 

事故現場の様子から警察はかなりのスピードが出た状態で衝突した可能性があつとみているとのことです。

 

Googleマップで枝幸町岡島の国道238号線を確認してみますと、

周りには建物はあまりないことから、普段からこの道路はほとんどの車がかなりのスピードを出しているのではないかと考えます。

 

長内容疑者は、慣れた道だから酒飲んだ程度で事故なんて起こさないと、自信があったのでしょうか…

 

酒を飲んだなら大人しく代理運転を頼めって話ですね。

 

頼めないなら外で飲むなってことです。

 

後先も考えないで飲酒し、車を運転する身勝手な行動により人を殺してしまったことを自覚して、猛省してほしいです。

 

亡くなった方の家族の方がやりきれない気持ちがあると思います。

 

亡くなった男性にご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


長内勝仁のプロフィール

 

名前:長内 勝仁

 

年齢:52歳

 

職業:自称会社員

 

住所:不明

 

逮捕容疑:酒酔い運転

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

飲酒運転での死亡事故は重い罪になる

交通事故の場合

飲酒検問でなく交通事故の発生により酒酔い・酒気帯び運転の事実が発覚しまたは確認された場合には、より厳重な罰則が適用される。

例として、死亡事故を起こした場合において酒酔い運転だった場合には違反点数55点が科せられ、道路交通法第88条第1項に定める運転免許試験受験の欠格期間が7年となる。

人を死傷させ人身事故になった場合、以前は刑法の業務上過失致死傷罪で最高でも懲役5年だったが、その後自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)が適用される様に法改正された。

飲酒運転での交通事故は厳罰化されています。

 

今回の場合、死亡事故なので、道路交通法第88条第1項に定める運転免許試験受験の欠格期間が7年となります。

 

正直、車を二度と運転して欲しくないと思います。

 

基準値の4倍のアルコールで真っ直ぐ歩けない状態で車を運転するなんて、

 

ある意味、テロ行為ですよね…。

 

そんな人間が車を運転するなんて恐怖で絶対にやめてほしいと思います。

 

長内容疑者はこれからは飲酒も運転しないでほしいと願います。

 

正直、飲酒運転は絶対に無くならないと思うで、

 

その代わりに法律をもっと厳しくしてほしいですね。

 

一度でも、飲酒運転する人からは免許取り消しをして、二度と運転できないように。

 

飲酒運転で死亡事故が亡くなることを切に願います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ネットの声

これだけの事故を起こしていても、数年後には再度免許が取れるんですよ?
過失を除いた、薬物での運転・飲酒運転・無免許の場合、今生の以後のあらゆる運転免許の取得権利の剥奪するぐらいしないと減らないと思います。
また、無免許で運転となる可能性は、車検時に持ち主の運転免許証のデータの提出を義務付けるようにすることで、1〜3年以内に発見することが出来るのでその時に無免許での逮捕が可能と思います。
無車検については、今後パトカーに導入される自動ナンバー読み取りによる照合システムで無車検車両や盗難車が識別出来るシステムで逮捕が出来ることに期待できますし

 

亡くなってしまった男性からアルコールは検出されなかったのであれば、もしかしてただただ亡くなり損ってこと?
事故状況の詳細や原因などは分からないけど、飲んだら乗るな!コレに尽きるな

 

北海道の田舎では相変わらず飲酒運転多いですね。コロナも関係なく飲んで運転しているんだから、出所後も駐在さんは、見張っていてくださいね。

 

飲酒運転者が なぜか、生き残る

 

減点と失効機関が35点マイナスで3年しかない。
これじゃー再犯しても大丈夫だから気軽に飲んで運転しちゃう?
厳格化と世論で言う割に改正ならんのは…

政治家?車業界?どこが反対するんですかね?

 

今後は車にアルコール検知器標準装備してクリアしないとエンジン作動しない様な車にしない限り飲酒運転は減らないかも

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)