藤田恭平の顔やFacebook!勤務先はむつの脇野沢中学校!家族(妻・子供)は?青森ネカフェ駐車場で覚せい剤所持!


 

青森市にあるインターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持していたとして、藤田恭平容疑者が逮捕されました。

 

この藤田恭平容疑者、中学校教諭でありながら覚せい剤に手を出してしまったようです。

 

子供たちの模範とならなければいけない教師なのに残念です。

 

藤田恭平容疑者について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

以下は、yahoo!ニュースの報道内容です。

 

 

きょう昼ごろ青森市で覚せい剤を持っていたむつ市の中学校教諭の男が現行犯逮捕されました。 逮捕されたのはむつ市脇野沢渡向の脇野沢中学校教諭 藤田恭平容疑者36歳です。 藤田容疑者はきょう正午前、青森市にあるインターネットカフェの駐車場でビニール袋に入った覚せい剤を持っていた現行犯で逮捕されました。 警察官が車の中に1人でいた藤田容疑者に職務質問し、覚せい剤を見つけたもので注射器もありました。 青森警察署によりますと藤田容疑者は覚せい剤を持っていたことを認めています。 警察は今後藤田容疑者がどこで覚せい剤を手に入れたのかなど調べることにしています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

青森市にあるインターネットカフェの駐車場で中学校教諭である藤田恭平容疑者(36歳)が逮捕されました。

 

警察官が不審に思った車に職務質問をしたところ、覚せい剤の所持が発覚したそうです。同時に注射器も持っていたということで、所持だけではなく使用もしていたとみられています。

 

藤田恭平容疑者は覚せい剤を所持していたことを認めていて、警察はこれから入手経路などを調査するようです。

 

子供たちに指導する立場でありながら、残念でなりません。

学校でも薬物に関する危険を知らせる集会みたいなのが行われていますよね。

この逮捕を知った生徒たちはショックを受けることでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


藤田恭平のプロフィール!顔!

 

 

名前:藤田恭平

年齢:36歳

職業:中学校教諭

容疑:覚せい剤所持

 

顔画像について、探してみましたが写真はでてきませんでした。

情報が入り次第、追記します。

⇒送検の様子が報道されており、横顔ですが容疑者の顔を入手しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


藤田恭平のSNS(Facebook・インスタ・Twitter)

 

Facebook・インスタ・Twitterで調査しましたが、同姓同名が多く特定までに至りませんでした。

特定でき次第、追記しますのでお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


藤田恭平の勤務先は脇野沢中学校

 

藤田恭平容疑者は、青森県むつ市脇野沢渡向の脇野沢中学校に勤務しています。

むつ市教育委員会は「現在、情報収集中のため現段階ではコメントできません」としていますが、今後教師を続けるのは厳しいのではないでしょうか。

 

 

 

調べてみるとこの中学校は2020年時点で全校生徒12名と、とても少ないようです。

(うち3年生は6名となっていたので2021年現在はもっと少ない?)

ひとりひとりの生徒と先生の距離は近いものだったのではないでしょうか。

先生の逮捕にはショックを受けていることと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

藤田恭平の家族(妻・子供)は?

 

36歳だと結婚している可能性もありますよね。

しかし、家族について調査しましたが、情報はでてきませんでした。

わかり次第、追記します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

覚せい剤の入手経路や動機は?

 

現在、覚せい剤の入手経路については明らかになっていません。

 

勤務先の中学校の全校生徒が12人くらいしかいないとなると、かなり田舎だと予想されます。

 

一体、どのようにして覚せい剤を入手したのでしょうか。

 

また、動機についても気になるところです。

覚せい剤を使用するきっかけはなんだったのでしょう。

 

明らかになっていないことが多い今回の覚せい剤所持の逮捕、続報が気になります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

みんなの声

 

生きてくために、自分を守るために、
手を出してしまった心の闇とか弱さがきっとあったんだと思う。
完璧な人間はいないけれど、人を育てる職業の立場の人が、覚醒剤に手を出すことは許せません…悲しい現実ですね…

 

覚醒剤に手を出してしまうほど、どこにも自分の居場所がなかったのかもしれない。まだ若い。人を育てる教職員は無理だが、きっと立ち直って、家族や地域のために役に立つような人間に、自分自身を立ち直らせて欲しい。がんばれ。

 

教師でなかったら、ほとんど報道されることのないニュース。よくないことです。ただ動機や入手先が気になります。教師は忙しい上、人間関係の範囲が狭いので。

 

せっかく地元の海岸の清掃活動をしたりして、県民から感謝されていた学校だけに、生徒や他の教師達が可哀想です!

 

別に教師とか職業に限った事では無い
覚醒剤やる人はやるし、やらない人はやらない
ただ、それだけの事。
単に周りにバレて無いだけで、そこらへんにも居るでしょ。

 

発散方法は間違ってるけど、教員みんな疲弊しきってるんだよ。
コロナ対応、リモート授業、マスク、黙食の指導等。モンペ対応。
その上、給与削減せれてる。

 

学生時代から、使用していたのかも。
生徒にはハイテンション教師で人気者だったりして。

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)