女子高校生にみだらな行為をしたとして、広島県警広島中央署は11日、県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、同県廿日市市立地御前小教員の福元輝貴容疑者(24)=同市梅原=を逮捕した。「年齢を聞いていたか覚えていない」と話している。逮捕容疑は昨年6月5日、同市内のホテルで、18歳未満であることを知りながら女子高校生にみだらな行為をしたとしている。会員制交流サイト(SNS)で知り合ったという。同署によると、昨年11月、別の少女と外出していた福元容疑者を警察官が職務質問し、捜査の過程で容疑が浮上した。