【引退理由なぜ】福永祐一の有馬記念ラストラン(引退レース)成績は2着!

福永祐一騎手が12/25に行われた有馬記念で2着という成績でした。

福永騎手にとっては最後の有馬記念ということで、引退理由などを調査してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

有馬記念ラストランの成績は2着!

 

◆第67回有馬記念・G1(12月25日、中山競馬場・芝2500メートル、良)  6番人気のボルドグフーシュ(牡3歳、栗東・宮本博厩舎、父スクリーンヒーロー)は福永祐一騎手を背にG1初勝利に挑んだが、勝ったイクイノックスに2馬身半差の2着に終わった。福永騎手は今月8日に調教師試験に合格し、来年2月末で騎手を引退するため、最後の有馬記念騎乗だったが、初制覇はならなかった。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

12月25日に行われた有馬記念で

6番人気のボルドグフーシュは

2着という成績をおさめました。

 

ボルドグフーシュの背中に乗っていたのは

福永祐一騎手(46)です。

 

福永祐一騎手は来年2月末での引退が決まっており

有馬記念で有終の美を飾ってほしいと

多くの競馬ファンから応援されていましたが

惜しくも2位という結果でした。

 

まだまだ活躍できるのに

引退はもったいないとの声も。

 

SNS上では「福永騎手お疲れ様でした」の声が

多くあがっています。

 

なぜ騎手を引退してしまうのか

調査してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

福永祐一騎手なぜ引退?理由は?

 

 

騎手引退の理由を調査したところ、

調教師になるためということがわかりました。

 

写真は調教師合格の際の福永騎手です。

 

出典:https://news.netkeiba.com/

 

福永騎手は騎手という仕事が最高だと思いつつも

もっとやりたい仕事に出会ったそうです。

 

それが調教師という仕事でした。

 

「調教師になることが決まり、大変うれしく思いますし、いよいよだな、とワクワクしています。いまは望んでいた環境にあり、周りが認めてくれ、何も言うことはない。ただ、それ以上にもっとやりたい仕事を見つけた。騎手への情熱が薄れたわけではなく、今年に入って調教師になりたいという思いがどんどん膨らんだ。1頭の馬に深く関わりたいと思い、馬生を豊かにしたいという思いに駆られたのが一番

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

また、騎手は危険が伴う仕事ですから

家族のための決断でもあったそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

世間の声

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)