福岡城南区七隈警部交番に刃物男(55)動機は?外出自粛リストラで死にたい願望なぜ包丁を?

 

福岡市の七熊警部交番に包丁を持って立ち入った男が銃刀法違反で逮捕されました。

なぜ男は包丁を持って交番に行ったのでしょうか。

 

動機や事件の真相を解明していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

包丁持って交番へ撃ち殺してほしかった

 

 

昨夜遅く福岡市城南区の交番に包丁を持って押し入った男が現行犯逮捕されました。ケガ人はいませんでした。

 

昨夜10時半ごろ、福岡市城南区の七隈警部交番に刃渡りおよそ17センチの包丁を持った男が押し入りました。 男はすぐに取り押さえられ、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されました。当時、交番にいた警察官5人にケガはありませんでした。

 

警察によりますと逮捕されたのは近くに住む55歳の男で、「包丁を持って交番に押し入れば撃ち殺してもらえると思った」と話しているということです。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

17日夜10時半ごろ、福岡市城南区の早良警察署七隈警部交番に包丁を持った男が現れ、その場で現行犯逮捕されました。なんと男は警察官に「撃ち殺してくれ」と言いながら、包丁を突き出したということです。

 

現行犯逮捕されたのは、福岡市城南区に住む55歳の無職の男で、逮捕容疑は銃刀法違反の疑いです。

 

警察によると、男は17日午後10時半ごろ、福岡市城南区の早良警察署七隈警部交番に、刃渡り17・2センチの包丁1本を持って現れ、「撃ち殺してくれ」と言いながら、警察官に包丁を突き出したということです。

 

交番には5人の警察官がいましたが、けがはなかったということです。

 

 

男は容疑を認めています。

 

男は、

 

「死にたかった。刃物をもって交番に行けば、撃ち殺してもらえると思った」

 

と、話しているということです。

 

警察は今後、犯行の詳しい動機を調べることにしています。

 

55歳無職という事で、コロナ禍で外出自粛が呼び掛けられる中、リストラにでもあったのでしょうか。

 

 

動機は何でしょうか。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

銃刀法違反の男のプロフィール住所特定

 

 

 

名前◆非公開

年齢◆55歳

性別◆男

住所◆福岡市城南区

職業◆無職

 

 

公開されている情報は上記のとおりです。

詳しいことを調べましたが、特定には至りませんでした。

分かり次第、こちらで公開したいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

早良警察署七隈警部交番場所は?

 

 

七隈交番の場所はどこなのでしょうか。

 

 

地下鉄七隈駅のすぐそばみたいです。

 

近くに住んでいるのでしょうが、こんな駅近くを刃物を持った男が歩いていたと考えたらちょっと怖いですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

動機は?死にたかった?

 

このおとこはなぜ死にたかったのでしょうか。

 

 

やはりコロナ禍での生活苦なのでしょうか。

 

そもそもなぜ包丁を持って交番に立ち入ったら死ねると思ったのでしょうか。

こちらの事件の報道を見てこういった行動に至ったのかと推測します。

 

警察官が発砲 包丁所持の37歳住人が死亡 新潟

18日夜、新潟市の住宅に通報を受けて駆けつけた警察官が包丁を振りかざして近づいてきた37歳の住人に向けて拳銃を発砲し、住人はその後、死亡しました。警察は「現時点では拳銃の使用は適正だったと考えている」としたうえで、詳しい経緯を調べています。

警察によりますと、18日午後8時半すぎ新潟市西蒲区津雲田の住宅に住む人から「精神的に不安定な兄が包丁を持っている」という通報がありました。

西蒲警察署の警察官3人が駆けつけたところ、玄関先で37歳の住人が刃渡りおよそ20センチの包丁を振りかざしたため、警察官らは拳銃を構えて「刃物を捨てろ」と警告したということです。

しかし住人はおよそ2メートルの距離まで近づいてきたことから、40代の警部補が拳銃を1発、発砲したところ胸に命中し、住人は病院に搬送されましたが、およそ2時間後に死亡が確認されたということです。

住宅にいたほかの家族などにけがはありませんでした。

警察は拳銃を発砲するまでの詳しい状況を調べています。新潟県警察本部の清水宏明警務課長は「現時点では拳銃の使用は適正だったと考えている」としています。

出典:https://www3.nhk.or.jp/

 

この住人は包丁を持って警察官に近づいたことから、発砲され、結果的に亡くなってしまいました。

 

今回の男もこの事件を見て、刃物を持って警察官に近づけば、発砲され、殺してもらえると考えたのではないでしょうか。

 

このご時世、自殺者も増えているようですし、死にたいと思う人が増えているのでしょうね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

Twitterや世間の声

 

 

家や行く処やお金もなく、頼れる人がいない人の行動だね。
刑務所に入りたかったんだろうね。

 

こういうニュースがどんどん増えてるけど、なんか虚しくなるね

ただ、そういう考えに至るような人間だから現状に至ってしまったんだろうな

「包丁を持って交番に押し入れば撃ち殺してもらえると思った」


別な自殺方法を考えましょうね。

他人に迷惑掛からないような…もちろん、鉄道自殺はダメです。

 

ご両親も「他界」したのだろうか
仕事もカネも無く
「孤独」だったのだろうなあ

 

これ完全に刑務所入って温かいメシ食ってちゃんと寝たいだけやな。

 

死ぬ勇気が無いんだね。
ただただ迷惑。
生きて罪を償え。
それがあなたの最大の罰。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)