星賢人(福島)さん死亡!阿賀川で遊泳中に行方不明!実は有名人だった?


悲しいニュースが入ってきました。

 

18日、福島県下郷町の阿賀川で友人たと遊んでした高校1年生の星賢人さん(15)が溺れて死亡する事故がありました。

 

星さんは18日の14時ごろに、下郷町弥五島の阿賀川で一緒に遊んでいた友人から、姿が見えなくなったとして通報があったということです。

 

発見された時には川底で沈んでいたということです。

 

この事故について調べてみましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

報道の概要

南会津警察署によると18日、下郷町の阿賀川で友人と遊んでいた高校1年生の星賢人さん(15)が溺れ、死亡する水難事故があった。

18日午後2時ごろ、下郷町弥五島の阿賀川で星さんと一緒に遊んでいた友人から「姿が見えない」などと消防に通報があり、捜索活動を続けていた救急隊が川底で沈んでいる星さんを発見した。

星さんは意識不明の状態で会津若松市内の病院に運ばれたが、その後、死亡が確認された。 警察が星さんが溺れた状況を詳しく調べている。

Yahoo!ニュースより引用

夏になると、この手の事故は非常に多くなり、特に高校生など子供たちだけで遊びに行ったグループでの事故が目立ちます。

 

 

これは、単に保護者が居ないから起きた事故ということではなく、高校生といえば、体力のある時期でそういった子供たちの親も子供を過信しすぎていることもあるのではないでしょうか。

 

 

とは言っても、プールなどと違い川で遊ぶ上では保護者が居ても溺死する危険性は常に付きまといます。

 

 

川というのは、一方向に流れているように見えて、実は複雑に流れが入り乱れているのです。

 

 

流れの先に大きな岩があればそこでまた流れが変わったり、急に深くなっている場所などもありますので、やはりそういった危険な場所であることは認識していても事故は起きやすくなります。

 

高校生にもなれば、親が居なくてもある程度の行動ができる年ごろで、逆に親といることが恥ずかしく思う思春期でもあります。

 

 

しかし、こういった川で遊ぶ場合には常に見張っているぐらいの保護者が居ないとやはり危険ですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


星賢人さんのプロフィール

名前:星賢人

年齢:15歳

住所:福島県南会津郡下郷町弥五島

職業:高校1年生

死因:溺死

 

まだ15歳ということで、今年入学したばかりの高校一年生です。

 

この年で最愛の息子さんを亡くされたご遺族の悲しみは計り知れないものがあります。

 

夏休み前ということで、きっとこれからのことをご本人も非常に楽しみにしていたことでしょう。

 

本当に、こういった事故が少しでも減ることを心から祈ります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


星賢人さんは有名人?

名前で調べてみたところ、同姓同名の有名人が居るようです。

 

 

星 賢人さんの名前で調べると、高校などといったキーワードで検索されているようですので、調べてみるとあるHPが表示されました。

 

 

HPはLGBTERというHPでそこには代表者である星賢人さんのプロフィールが以下のように掲載されていました。

 

 

 

星 賢人

1993年、千葉県生まれ。両親と姉との4人家族で育つ。中学受験をして中高大一貫校へと進学するも、中学時代のいじめをきっかけに不登校気味に。高校から登校を再開し、大学に進学。大学4年時、東京大学大学院情報学環教育部にも通い始め、並行して企業のインターンにも参加。2016年1月に起業し、LGBTリクルーティングプラットフォーム「JobRainbow」を運営。

lgbterより引用

 

 

 

以上のように、既に高校・大学を卒業していて現在は起業家ということですので、今回亡くなった星賢人さんとは全く別人のようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


ネットの声

泳いだ事が無いから解らないけど、川は危ないらしいですねー海もこの上なく危ないし。やはりプールが安全な方ですね。完全では無いけど、足の着くプールで泳いだ方が身の為ですね。

 

暑いから泳ぎたくなる気持ちは分かるが川は危険だと自己で考えなければ事故はなくならないだろう。遺族や一緒にいた友人も心に傷をおって生きないといけないから。夏休みになるが今一度過去に起こった事故を他人事と思わず行動して欲しい。

 

川を舐めてはいけない。私も高校生の頃に川で遊んでたらある場所から1歩踏み出した途端自分の身長より遥かに深い所に入ってしまい溺れかけた事がある。プールと違って流れによって底の状態も変わりやすい川では油断は命取りになる。

 

前回の千葉の川の事故の時も思いましたがいじめはからんでないのでしょうか。去年高二の長男がいじめを苦に電車に飛び込み自殺を図り、すんでのところで怯んで靴だけ落とし、片足だけ靴を履いて帰宅しました。学校は辞めました。このような事故の度に川に入ること(とくに深いところ)にをけしかけられたり、強要されたりしていないのだろうかと思ってしまうのは私だけなのでしょうか。

 

私達が子供の頃(40代後半)は危険な場所は代々先輩から聞かされていてそこでは泳がなかったけど、今の子供達はそれがないからね。しかし若い大切な命が奪われるのは辛いですね。

 

高校生の時に川に入って釣りやってたけど、
底が見えなかったりするところなら当然気をつけるし近寄らないけど、水が綺麗で底が視認できるところ程気をつけないと危険。

 

流された自分のサンダルを追いかけて姿が見えなくなったという記事を見ました。
ほんのちょっとした出来事でまさか命を落とすなんて…本人も無念でしょう。
ご冥福をお祈り致します。

 

危険な時に困らないようにという思いで子供に水泳習わせましたが海行っても大胆なんですよね。
私は全く泳げないから慎重になるけど、災害?みたいな時以外泳げる人のほうが危ない。

 

 

毎年この季節になると水の事故が増えますが、前もって言っておきます。
お盆には絶対水辺では遊ばないで下さい!!
お盆には絶対、海や川で遊ばないで下さい!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)