【病気名】古田貴之の脊髄の難病は何?「車椅子から奇跡の復活」千葉工業大学でロボット研究

千葉工業大学・未来ロボット技術研究センター所長の古田貴之さんが「徹子の部屋」に出演されます。

古田貴之さんが過去に患った病気とは何だったのか、調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

古田貴之のwikiプロフィール

 

 

プロフィール
名前:古田貴之
年齢:54歳
生年月日:1968年
出身:東京都
身長:190センチ

 

父親が医者という家庭に生まれ、

父親の仕事の関係で2歳から8歳を

インドで過ごしたそうです。

 

鉄腕アトムの天馬博士を見て

ロボット博士になりたい

夢を持つようになったとか。

 

幼いころに夢みたことが

今実現されているのは

素晴らしいことですね!

 

ロボット博士として世界的に有名になったきっかけは

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉で活動する

災害対応ロボットの開発でした。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

古田貴之の病気は何?

 

 

 

古田貴之さんは中学2年生のころに

難病を患っています。

 

14歳のとき、サッカーの授業中に突如意識が飛び昏睡状態に。

2週間後に目を覚ましましたが、

脊髄の難病にかかり

下半身は麻痺という残酷な現実に直面します。

この病気が治るのは1万人に1人だそうです。

 

余命は持って8年と宣告を受け

1年間入院生活をすることになりました。

 

車椅子が手放せない生活になるはずでしたが

歩けるまでに回復し、

奇跡の復活をされたそうです。

 

病名については調べてみましたが

「難病」「脊髄の病気」としか情報がなく、

詳しい病名はみつかりませんでした。

 

古田さんは病気や車椅子の経験から

技術で人を幸せにしたいと

考えるようになったそうです。

 

便利を追求するのではなく、

不自由が不自由でなくなる技術こそ

人を幸せにできる技術だと考え

ロボット開発に取り組んでいるようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)