【岐阜多治見】女子生徒の水筒の中身は尿?恋愛感情か?高校3年の18歳男子高校名と名前!


岐阜県の高校で恐ろしい事件が起きてしまいました。

同じ高校に通う女子生徒の水筒の中身を入れ替えたとして、誤飲させた18歳の高校生を逮捕しました。

同じ高校の女子生徒になぜこのようなことをしたのでしょうか。

今回は本事象の内容を迫ってみました!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

 

同じ高校に通う女子生徒の水筒の中身を別の液体にすり替え、誤飲させる暴行を加えたなどとして18歳の男子高校生が逮捕されました。

 逮捕されたのは、岐阜県内に住む18歳の男子高校生です。

 男子高校生は今年2月、同じ高校に通う女子生徒(17)の水筒の中身を別の液体にすり替え、誤飲させたうえ、水筒を使用できない状態にした暴行と器物損壊の疑いが持たれています。

 女子生徒は、液体を飲んだ際に味に違和感を覚えて学校に相談。学校が警察に通報したことで事件が発覚しました。

 警察は、入れ替えられた液体の詳細を明らかにしていませんが、「毒物や劇物ではなく飲んでも直ちに生命に危険が及ぶものではない」としていて、女子生徒にケガはありませんでした。

 警察は男子高校生の認否を明らかにしておらず、動機など事件のいきさつを調べています。

出典:https://news.goo.ne.jp/

 

同じ高校に通う女子生徒の水筒の中身を変えたとして、18歳の同じ高校の男子生徒が逮捕されました。

 

 

 

本人はいたずらのつもりなのかわかりませんが、誤飲させる暴行をしたとして世間をにぎわせております。

 

 

そして18歳の男子高校生の動機とはいったいなんでしょうか。

 

 

 

女子生徒は、液体を飲んだ際に味に違和感を感じて学校に相談したそうです。飲もうと思っていた液体が全く違うものに変わっていると思うと恐ろしい話だと思います。

 

 

 

そして何より、液体の中身警察が明らかにしていないため、そこも意味が分かりません。

 

 

 

警察はいったい何を考えているのでしょうか。。。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


男子生徒は恋愛感情があったか?

 

 

 

 

女性を狙った卑劣な犯行が後を絶ちません。みなさんは、「デートレイプドラッグ」という言葉をご存知でしょうか。睡眠薬などの薬を知らぬ間に飲まされてしまう危険。実は、身近なところに危険は潜んでいました。

「被害の8割強が顔見知り。全く知らない人っていうのは実は1割ちょっと」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 内閣府が行った調査で、性的暴行の被害にあった女性と加害者との関係性は、「まったく知らない人」は1割。それに対し、元交際相手などの、「顔見知り」からの犯行は“8割以上”にものぼるといいます。

中でも、増加傾向だというのが。

「SNSや出会い系での出会い、これはかなり多いです」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 インターネットを利用しての犯行。特に、最近では若い世代の利用も増えている“婚活サイト”が悪用されるケースも…。そして、そこで出会った女性に“ある薬”を飲ませる犯行手口が増えているというのです。それが「デートレイプドラッグ」。

「デートレイプドラッグというのがすごく多くて、一緒に飲みに行って、アルコールに薬を混ぜられる」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

“デートレイプドラッグ”とは、睡眠薬を飲み物に混ぜるなど、相手の意識や抵抗力を奪うために使われるもの。

出典:https://www2.ctv.co.jp/

 

こちらは、過去にあった恋愛感情がある女性に対して、乱暴をするために睡眠薬入り薬を入れてのました事件のまとめに関してです。

 

 

 

このようにデートドラッグといわれる、顔見知りの女性に対して、睡眠薬やそのような類の薬を飲ますことが、よくあるそうです。

 

 

 

そう考えると、飲み物というのは、厳重女性は気を付けなければいけないということを思い知らされます。

 

 

 

過去の事例としては、高校生のデートドラックというのは判例がありませんが、今回もしかすれば、

 

 

”恋愛感情からのもつれ”

 

 

 

 

 

といったことも大いに考えられます。。

 

 

 

もしくは、死亡事件や傷害事件のような取り返しがつかない恨みや妬みがあるような可能性も大いに考えられます。

 

 

 

 

 

どちらにせよ、警察がこの事件に関して全く開示をしていないため、真相は不明です。

分かり次第詳細をお知らせしていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


18歳の男子生徒の高校名は岐阜多治見のどこ?

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

調査したところ、岐阜県の多治見高校は以下の4つだと判明しております。

 

 

 

・多治見高等学校

・多治見北高等学校

・多治見工業高等学校

・多治見西高等学校

 

 

 

の4つの高等学校だといわれています。しかしながら、そこからの詳しい情報に関しては全く詳細などが出ていない為、分かり次第更新させていただきます。

 

 

 

 

しかしながら、当初ヤフーニュースでは、多治見市の高校に関しては全く情報が出ていない為いささか疑問ではあります。

 

 

 

 

発表された当初は、市内まで出ていたのですが、急にページが消えるなど、情報をクローズドしているような気がします。

 

 

 

また次章では何をいれたのか、述べていきたいともいます!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


何をいれたの??

 

 

 

 

 

世論では”泥水”ではないのではないかといわれています。

 

 

つまり泥水ではなけれれば、やはり恋愛感情などで何かしらデート目的のような薬を入れるといった可能性も大いに考えられます。

 

尿か…

それなら事前に用意いらないし、全部入れ替えじゃなくてお茶に直接混ぜたなら分かりにくいですね。

昔健康法として自分のを飲むってのあったし、健康上の問題はないですね。

しかも、洗って綺麗にしても使う気にならないし、全て辻褄が合います。

本人にしたら単なるイタズラかも知れないけど、将来を棒に振ってしまったかもね。

 

 

 

尿の可能性もありますよね!!

 

 

 

 

睡眠薬とかで味が大きく変わるともわかりませんし、年頃の女性に対していれる飲み物とかいったいなんでしょうか。。

 

 

 

 

疑問がいささか残りますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

みんなの意見

 

 

 

 

 

 

 

 

水筒に何を入れたのか
物凄く気になります。

 

 

 

 

中身がなんだったのかとか色々と憶測を呼びそうではありますが、被害者の女子生徒にとってみれば怒りとか恐怖とか飛び越えてもう一生のトラウマになってもおかしくない事案ですね。
生徒からの相談を受け警察を呼んだ学校側の対応は正しいと思います。加害者生徒はしっかりと法に則って罰せられてほしい。

 

 

 

この男子生徒が被害者の女子生徒に好意を持っていた場合と、それとは逆に大嫌いであった場合に「すり替えるブツ」は異なるのであろう。いずれにせよ「気持ち悪い」ことには変わりないけど。

 

 

 

怪我はなくても心に傷はできた。しっかり償わせるべき。この年齢でそんなことするなら、大人になってもしますよ。

恐ろしいのでロッカーに荷物を入れられるようにしてあげて欲しい。

表に出なかっただけで、今までにもそういうことがあったかもしれない。

 

 

 

 

尿か…

それなら事前に用意いらないし、全部入れ替えじゃなくてお茶に直接混ぜたなら分かりにくいですね。

昔健康法として自分のを飲むってのあったし、健康上の問題はないですね。

しかも、洗って綺麗にしても使う気にならないし、全て辻褄が合います。

本人にしたら単なるイタズラかも知れないけど、将来を棒に振ってしまったかもね。

 

 

 

 

隠蔽をしなかった学校側を評価しても良いと思います。
往々にして【 事なかれ主義 】の学校の先生方は隠蔽なさいますので。
 イジメにしても何にしても、加害者を擁護なさる先生方が多いです。

 

 

 

 

中身の爽健美茶を「おーいお茶」に変えても暴行になるのかしら?
暴行なのに害はないって、体液以外に浮かばないんだけど・・

いやしかし実際に体液だったら暴行どころか傷害じゃん。
それで病気うつされて死んだら傷害致死じゃん。

命に別状はないって報道用語、なんとなく罪を軽くするイメージあるから
使い方考え直してほしい。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)