岐阜可児市,羽上田年男73歳の顔,出火原因は?寝ている時に煙が蔓延し死亡?


17日の朝、岐阜県可児市緑ヶ丘4丁目の住宅から黒煙が上がっていると近隣住民から

消防に通報があり現場に駆け付け後1時間半後に火は消し取られましたが

焼けた住宅より男性1名の遺体が発見されたとして出火場所に住んでいた

羽上田年男さん(73)と連絡が取れないことから遺体は羽上田年男さんとみて

身元の確認をするとの事です。

事件の詳細を調べてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

事故の詳細

 

 

17日朝、岐阜県可児市で住宅が燃える火事があり、1人暮らしの73歳の男性とみられる遺体が見つかりました。  17日午前7時ごろ可児市緑ヶ丘4丁目の羽上田年男さんの住宅で「黒煙が見える」と近所の男性から消防に通報がありました。  消防が出て火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、焼けた住宅から男性1人の遺体が見つかりました。  この住宅には羽上田(73)さんが1人で暮らしていて、現在連絡が取れないということです。  警察は遺体が羽上田さんとみて、身元の確認を急ぐと共に出火原因を調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp

 

火災は17日朝に近所の人が黒煙に気づき消防に通報したとの事ですが

恐らく被害者はこの時点で一酸化炭素中毒・窒息になり意識を失っていたか

その時点で亡くなっていたのかもしれません。

 

 

さらに近隣住民が発見しなければ周りに被害がいっていたかもしれないので最小限の

被害で抑えられたとの考えも出来ます。

 

 

しかし発火原因はいったい何なのでしょうか?

原因は調査中との事ですが火災発生時は乾燥注意等出ていなかったのが火の廻りを

遅くしてくれたのかもしれません。

年配となると若い人に比べ寒がりな人もいるので朝起きたタイミング等で暖をとるために

火を使用したのか料理等で火が移ったのか原因は不明なので最新の情報が入り次第、更新します。

 

 

しかし被害者の年齢であれば急に判断や行動をとるのに時間が掛かり

手遅れになったのかもしれませんね。

火災での被害者は大半が老人のような気がします。

最近は暖かくなったのでファンヒーターやストーブを使う機会は減ってきていますが

地域によっては使っているところもあるかと思うので火の元には要注意で行きましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


羽上田年男さんのプロフィール

 

 

名前:羽上田年男

年齢:73

住所:岐阜県可児市緑ヶ丘4丁目

死因:現在、調査中

 

年齢も高いことから逃げ遅れた可能性も考えられますね。

一人暮らしの可能性が高いのですべてを自身で行わないといけなく火の元の確認を行っておらず

火災が発生した可能性もあります。

原因がわかり次第、更新します。

 

 

スポンサーリンク

 

 


羽上田年男さんの自宅

 

 

引用:https://www.youtube.com

 

自宅の発火状況を見る限り大きな発火はなかったものの煙が逃げにくくなっていたのではないかと

思われます。

しかし、自宅の場所によっては火災の影響で家の備え付けが変形するくらいの

発火であった証拠でもあります。

 

 

これが大きな発火になっており乾燥注意報等が出ておれば周りは住宅が多いと思われ

相当な被害が出たのかもしれません。

なので今回の火災に関しては被害者は1名発生してしまいましたが被害を最小限に

抑えることが出来たのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 


羽上田年男さんの顔写真

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

スポンサーリンク

 

 

火災による死亡原因

 

 死因は火傷、次いで一酸化炭素中毒・窒息が多い

死因は、火傷が最も多く、次いで一酸化炭素中毒・窒息となっている。
死亡に至った経過をみると、死者数(放火自殺者等を除く。)のうち、逃げ遅れが全体の46.8%を占めている。その中でも「避難行動を起こしているが、逃げ切れなかったと思われるもの(一応自力避難したが、避難中火傷、ガス吸引し病院等で死亡した場合を含む。)。」が最も多く、全体の16.8%を占めている

引用:https://www.fdma.go.jp/publication/

火災による一番の死因は火傷によるものでその次に一酸化炭素中毒・窒息となっています。

煙を吸い込むと一酸化炭素中毒・窒息になり意識不明や死亡の可能性も高くその後

火が自身の所にも廻り焼けてしまうケースも想像できますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

火災による死亡年齢層%

 

ウ 高齢者の死者が820人で71.6%

死者数(放火自殺者等を除く。)を年齢別でみると、65歳以上の高齢者が71.6%を占めており、特に81歳以上が多くなっている。
年齢階層別の人口10万人当たりの死者数(放火自殺者等を除く。)は、年齢が高くなるに従って著しく増加しており、特に81歳以上の階層が、全年齢階層における平均の4.4倍となっている。

引用:https://www.fdma.go.jp/publication/

 

なんと火災による被害者は高齢者が多いとのデータがありました。

65歳以上が全体の71.6%を占めているとの事です。

 

 

年齢を重ねればゆくゆくは運動能力や思考回路、判断能力の低下は誰もが通る道と

なっていますがまずは火元確認、もし火災に気づけば外に避難するなど一人暮らしの

高齢者は特に気を付けて生活を行ってもらいたいものですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

SNS上の声

 

 

SNS上ではまだコメントが記載されていないので最新のコメントが溜まり次第、更新します。

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)