【岐阜県】列車と車衝突し、運転手逃走!犯人の特徴は?場所も公開!

岐阜県美濃市で20日午後11時頃に、回送列車と乗用車が踏切で衝突し、乗用車の運転手が逃走しました!

犯人の特徴や、事故現場も公開!

必見です。

スポンサーリンク

事件概要

20日午後11時ごろ、岐阜県美濃市、長良川鉄道の美濃市-松森間にある第2松森街道踏切で、回送列車(1両編成)と乗用車が衝突した。乗用車の運転手は車を残して逃走、県警関署が行方を捜している。

 乗客はなく列車の男性運転士にけがはなかった。車は21日午前2時ごろに撤去され、運行に支障は出ていない。

出典:https://www.sankei.com/

岐阜県で、回送列車と乗用車が踏切で衝突する事故が発生しました。その後、乗用車の運転手は逃走したそう。現在もまだ逃走中です。

現状としては運行に支障をきたしていないそうですが、回送列車でなければ乗客や、大幅な遅延をもたらしていたと思うと怖い事故ですよね。

原因としては、列車が近づいているのにも関わらず乗用車が踏切内の入ってきたことが原因だと考えられます。

しかしなぜ踏切内に乗用車が、入ってきたのかは疑問です。mikonews独自に見解だと

①急いでいたため、踏切内に侵入した

②自殺しようとした?

これが最もな理由だと考えられます。列車の事故で故意的な事故(人身事故)などもあります。しかし、運転手が自殺の為に、踏切内に侵入するなら、事故後に乗用車を置いて逃げる事はしないと思います。

その為①の理由の方が妥当性があると考えられます。電車内の事件は良いことをもたらしません。

遅延、損害賠償請求、人身事故..etc

これを踏まえると先ほど推測した、急いでいたのに事故が起きてしまったといった理由の方が大いに考えられます。

逃げた理由につきましては、金額面は損害賠償請求。心理面を考慮するなら、怖くなってしまった。この2点が推測できそうです。

しかし、踏切内に列車来る前に立ち入って逃げるというのは、乗用車のナンバープレートから持ち主が判明する為、間抜けな行為だと思います。

事故現場公開!

岐阜県美濃市長良鉄道第2松森街道踏切内(美濃市ー松森間)

下がその踏切内の地図となっております。

その第2踏切の画像がこちらです!

出典:http://dt6110.web.fc2.com/

民家が立ち並ぶ、踏切ですね。

また、長良川鉄道は終電が23時前にはなくなる地方の鉄道会社さんだそうです。

出典:http://www.nagatetsu.co.jp/

これが長良川鉄道の時刻表ですが、終電で23:03着が最も遅い時間です。

その為23時でも乗客や遅延に対して、被害を被らずに済んだそうです。

都心等だとかなりの遅延や事故になっていたのかもしれません。そう考えると不幸中の幸いかもしれません。

スポンサーリンク

犯人の特徴は?

現段階では、犯人の特徴についてはメディアなどで一切報じられていない為、判明しません。しかし、事故後踏切内で乗用車を残して立ち去っているため、

乗用車のナンバープレートから所有者が判明

しそうです。その為分かり次第更新させていただきます。

同時に逃げたのであれば、

周辺に自宅があることも予想できます。

分かり次第これらの情報を掲載していきますので、もう少々お待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする