後藤友美(35)の顔やfacebook!8ヵ月の赤ちゃんに睡眠薬!精神的に病んでいた?/大分県

生後8ヵ月の赤ちゃんに、睡眠薬と抗精神薬を1錠ずつ飲ませた疑いで

後藤友美容疑者が逮捕されました。

後藤容疑者は「飲ませていない」と容疑を否認しています。

8ヵ月の赤ちゃんにこんな薬を飲ませたらどうなるか・・・

想像するだけでゾッとします。

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

21日未明、大分市内の病院で女の子の赤ちゃんの口に錠剤2錠を入れたとして35歳の母親が暴行の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは玖珠町帆足の無職、後藤友美容疑者(35)です。

後藤容疑者は21日午前2時ごろ、大分市内の病院で生後8か月の娘の口に錠剤2錠を入れた暴行の疑いが持たれています。

警察によりますと、後藤容疑者は娘が入院するため、20日から病院を訪れていて、病室内で赤ちゃんの異変に気づいた病院の関係者が警察に通報し発覚しました。

口の中に入れた錠剤は抗精神病薬と睡眠薬それぞれ1錠ずつで、赤ちゃんは数日程度の入院が必要ですが、命に別状はないということです。

警察の取り調べに対し後藤容疑者は「飲ませていない」と容疑を否認しています。

引用:イブニングニュース

大分市の病院で、生後8か月の娘に、

睡眠薬と抗精神薬を1錠ずつ飲ませたとして、後藤友美が逮捕されました。

後藤容疑者は。「飲ませていない」と容疑を否認しています。

8ヵ月の赤ちゃんは体調を崩して20日から入院しているということですが、

命に別条はないようで安心しました。

8ヵ月といえば表情も出てきたり、声を上げたりと可愛い盛りでもあり、

当然ですが思ったように言うことをきいてくれるわけではありませんので、

大変な時期でもありますよね。

今回、病院の方が異変に気付き110番したということですが、

異変に気付かなければ逮捕されることはなかったかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 後藤友美のプロフィール

名前:後藤友美(ごとう ともみ)

年齢:35歳

職業:無職

住所:大分県玖珠郡玖珠町

 

 

 

スポンサーリンク

 

 後藤友美の顔特定は?

8ヵ月の娘に睡眠薬等を飲ませた母親の後藤友美の顔を調べてみました。

しかし、こちらは現時点で公開されていませんでした。

逮捕されたということで、今後顔が公開される可能性もあります。

新しい情報が入り次第、追記致します。

 

スポンサーリンク

 

 後藤友美のfacebook特定

後藤友美容疑者のfacebookを調査しました。

後藤友美 facebook

同性同名の方が多く、本人と特定できる情報がありませんでした。

引き続き調査をしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 後藤友美は精神的に病んでいた?

生後8ヵ月の赤ちゃんに、睡眠薬と抗精神薬を飲ませた後藤友美容疑者。

通常、睡眠薬と抗精神薬は市販では手に入れることができず、

病院で処方してもらう薬です。

抗精神病薬は、主に統合失調症の治療の薬で使われることが多く、

ドーパミン神経の活動を抑え、幻覚や妄想、感情表現がうまくいかない

などの症状を改善するものです。

主な副作用として、

手が震える

・体が硬くなる(パーキンソン病様の症状)

・生理が止まる
 

・のどが渇く

・便秘

・排尿障害

・記憶障害

などを引き起こす可能性があります。

大人でさえこのような副作用はかなり負担になると思われますが、

8ヵ月というまだまだ体が未熟な赤ちゃんに飲ませるなど

危険極まりありません。

 

睡眠薬を飲ませたということですから、

夜泣きがひどかった

というのが原因でしょうか・・・

赤ちゃんが寝てくれない、泣き止んでくれないと

「なんで寝てくれないの?」

「なんで泣き止んでくれないの?」

と、泣きたくなり、その場から逃げたくなる時もあります。

しかし、だからといって薬を飲ませるという発想には至らないです。

 

母親である後藤容疑者は、統合失調症だったのでしょうか。

父親は知っていたのでしょうか?

とにかく赤ちゃんの命に別状がないということに安心しましたが、

後藤友美容疑者が釈放された後、赤ちゃんはどうなるのか。

とにかく健やかに育ってくれることを願うばかりです。

また新たな情報がありましたら、追記致します。

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

夜泣きがひどい子育てを経験してる方なら『飲んだら寝てくれる薬とかあればな…』とか『どこかにスイッチがあって押せばコテッと寝てくれないかな…』とか夢みたいなことを、睡眠不足でボーッとしながらも泣く子を抱っこしながら一度は思ったことあるとは思います。でも、実際に大人に処方されてる睡眠薬を飲まそうなんて絶対に思わないですよね。精神薬があったということは、お母さんのだったのかな?赤ちゃんが後遺症なく、幸せに元気に大きくなられることを祈ってます。

おおかたの母親が経験する事です。夜泣き 原因がわからず悩まされる。授乳も深夜も眠さとの戦い。抱っこして授乳してて眠さで腕の力が抜けて落っことしそうになったり 横でグースカ眠ってる旦那を見ては腹が立ち それでも自分自身もそうやって母親に育ててもらったんだと思い返し 子どもと共に母親としても成長していくのです。薬を飲ませたりはしないけれど このお母さんの心情を旦那さんがもっと早く察知してあげてたらと思いました。何よりお子さんが無事で良かった。

梅宮アンナさんが育児中に睡眠薬を飲ませていたと話していたと思う。海外だとそれが普通だとか。お母さんがアメリカ人だし、処方された薬とかちゃんとした市販薬だと思うけど。そう言うのを聞いて飲ませても大丈夫だと思ったのかもしれない。

 

夜泣きや眠りが浅いなどで苦しい時
樋屋奇応丸に救いを求めた事はあった。
効かなかったけど。
大人用はダメだよ
しかも向精神薬や睡眠剤は大人だってそんな簡単にくれないのに

 

気持ちはわかります。錠剤とのことだったので大人用、自身も調子が悪かったのでしょう。助けてと思ったときに助けてもらえないことが、核家族のデメリットですね。病院も柔軟に対応して子供用の睡眠薬など、身体に影響がない程度に処方してほしいなと思います。

 

しかも大人と同じ量の一錠を飲ませたとか、お薬の知識が全く無いのでしょうね。
恐ろしい…。赤ちゃんが命あって良かった。

 

うちの子は夜泣きが酷くて
男の子なんですけど身体も大きいから抱っこを1時間も2時間もしてるのがしんどくて
仕事復帰も1ヶ月でしたので
本当に地獄かと思いました。
今は2歳で落ち着いてるんですけど
あの頃は私も睡眠薬を飲ませたくなったのを覚えてます。
私の場合は幼児教育してる人が周りにいたので
なぜ泣くのか?とかその都度教えてもらえてたので乗り越えることができたんですけど。
政府は不妊治療とか出産費用には手厚いけど
出産してからのお母さんが子育ての理解が深まるような制度をもっと充実してあげれるといいのにとおもいます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)