鼻出しマスクの受験生は誰?名前やSNSは?twitterでの論争‼︎【大学入試共通テスト】

コロナ感染拡大の中、大学共通テストが行われました。

その中でコロナ感染拡大の世の中だからこその問題が注目されています。

 

鼻出しマスクしていた受験生が監督者の注意に従わなったとして失格となった問題

ネットではこの問題に対して様々な声が上がっています。

今回は、鼻出しマスクの受験者について、鼻出しマスク受験失格に対するtwiter論争をまとめました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻出しマスクで共通テスト成績無効

大学入試センターによると、大学入学共通テストの第1日程(16、17日)の2日間を通じて、4都県4会場で4件の不正行為があり、いずれも失格となった。このうち東京都の会場では、試験時間中にマスクから鼻を出していた受験生が、正しい着用を求める試験監督者からの再三の指示に従わなかったとして不正行為と判断された。

出典:yahooニュース

今回注目されているのは、2021年1月16、17日に行われた大学入学共通テストで不正行為となり失格となった受験生の1人です。

不正行為の内容は、なんと鼻出しマスク!!

 

他にも3件の不正行為がありましたが、定規の使用、カンニングペーパーの使用、試験終了後のマークシートへの記入と誰もが納得できる不正行為です。

 

twitterでは「鼻出しマスクは不正なのか」「何が問題だったのか」などの論争が繰り広げられています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻出しマスクは不正行為なのか?

 

不正行為といえば、カンニングや持ち込み禁止の道具使用、試験後のマークシート記入などが思い当たります。

 

 

この方は堂々とtwitterで答えを調べながら回答していたそうです。

どうみても失格ですね。

 

不正をした際は、その場で「あなたの行為は不正行為です!」という紙をもらって退出する流れになっています。

 

 

今回の鼻出しマスク不正行為で問題になったのは、「鼻出しマスクの行為」というよりも、「監督者の指示に従わなかったこと」が問題のようです。

 

受験生に配布した「受験上の注意」で、マスクの正しい着用を義務づけており、試験監督者からの指示に従わなかった場合は「不正」になる可能性があることを知らせている。この受験生は1日目の16日、地理歴史・公民、国語、外国語を受験。マスクから鼻を出して試験を受けていたため、それぞれの科目の監督者が試験時間中に計6回注意したが、従わなかったという。

出典:yahooニュース

 

大学共通テストでは「受験上の注意」としてマスクの正しい着用を義務付けています。

試験を受けるということは、「受験上の注意」を承諾したということ。

 

そのため、試験監督者の指示には従わないといけなくなります。

従わなかった場合は不正行為になると記述されているため、「指示に従わない=不正行為」になるのは仕方がないことです。

 

鼻出しマスク 注意

 

確かに注意事項に書いてありますね。

「マスク着用困難の場合は、別室での受験として対応します」と書いていあるため、言い訳は通用しませんね。

 

仮に「マスク着用困難な理由」があったとしても申請をしなかった本人が悪いため、言い逃れができません。

 

また、鼻出しマスクの受験者は試験監督者から計6回の注意を受けています。

呼吸のしづらさマスクのズレによって鼻出しマスクになったのなら仕方ないですが、鼻出しマスクの受験者は意図的に鼻出ししていたということです。

 

その反抗的な態度が失格の理由ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻出しマスク受験者は誰か?名前とSNS特定

鼻出しマスク 大学共通テスト

出典:https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=000204355

多くの受験生が長い年月をかけて挑む大学共通テスト。

その中で鼻出しマスクの注意に従わず、問題を起こしたのは一体どのような人物でしょうか。

 

分かっている情報は、東京都の会場で受験した受験生ということだけです。

 

 

また問題を犯した受験生の後ろ席だった受験生がtwitterで情報をアップしていました!

 

 

この方は受験会場や鼻出しマスクの受験生の詳細については、「色々な方の迷惑になる可能性がある」ということから明かしてはいません。

 

しかし、鼻出しマスクの受験者はメガネを着用していたそうです。

「メガネが曇るから」と言う理由を説明してそうですが、他にもメガネ着用の受験生が色々と対策した上で挑んでいるのですから鼻マスクをしていい理由にはなりません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻出しマスク受験者の迷惑行為!!

 

 

鼻出しマスク受験者の迷惑行為がこちら!!

 

・受験中に計6回の注意を受ける

こちらは口頭での注意だったそうです。

静かな空間で集中しながら試験に挑みたい受験生にとって注意の声は集中の妨げになります。

 

・強制退場指示に従わない

「試験を受けることができないため教室からでてくれ」と試験監督者に言われたにも関わらず、動かなかった鼻出し受験者

同じ教室で受けていた受験生が別の教室に移動する羽目になったそうです。

そのため、受験終了時間が5分遅れに・・・

 

・試験監督者を携帯で録画

鼻出し受験者は途中から携帯を取り出して注意する試験監督者のことを録画していたそうです。

注意された腹いせに録画って・・・行動が子供すぎますね。

他の受験者からの冷たい目線に気づかなかったのでしょうか。

 

これは立派な他の受験生への妨害です。

 

試験監督者は何回も注意し、チャンスを与えていたにも関わらずなぜ指示に従わなかったのでしょうか?

 

 

鼻出しマスク受験者の詳細情報と迷惑行為についてはこちらをご覧ください!!

鼻出しマスク受験生40代特定?迷惑行為と退室までの流れ!失格後に警察騒動‼︎

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻出しマスク受験者に対するTwitter論争!!

 

鼻出しマスク受験生に対してtwitterでは様々な声がアップされています。

 

 

まずは、「鼻出しマスクで不正行為っておかしいでしょ!!」という鼻出しマスクは不正行為にならないという声です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、「鼻出しマスクを注意されたのに指示に従わなった受験生が悪い」という意見です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鼻出しマスクを注意されて指示に従わなった受験生が悪い」という声の方が多いです。

 

「指示に従えないのは問題」「ルールを守るべき」というように、鼻マスクについては色々な考えを持った人がいると思いますが、他の受験生がルールを守ってるのですから1人だけワガママを言うのは違いますね。

 

 

 

ニュース報道の「鼻出しマスク不正」という見出しから、「鼻出しマスクしたことが問題になった」と勘違いしてしまう方が多かったのも問題だったのでしょうか。

 

ネットでは「報道の仕方に問題がある」「注目を集めるためだけの誤解を生むキャッチフレーズはおかしい」という意見が多数ありました。

 

スポンサーリンク

 

 

鼻出しマスク受験者の失格に対する有名人の意見!!

 

鼻出しマスク受験者の試験失格に対して有名人がコメントしています。

 

 

茂木健一郎さんの意見

1人目は脳科学者の茂木健一郎(58)さん

脳科学者であり、作家やコメディアンとして活躍中の方です。

 

 

 

茂木健一郎さんは、試験監督者の「試験無効」という決断はあまりにも重すぎると発言。

注意されたからといって大人しく従うことができない人もいるため、記録するや後に事情を伺うべきだったのではないかと、鼻出しマスク受験者を擁護する意見となりました。

 

試験監督者の方がどのような強さや内容で注意を促していたかは分かりません。

しかし、鼻出しマスク受験者は暴れたり、注意してくる試験監督者を録画していたことから悪質さが伺えます。

 

 

 

この茂木健一郎さんの意見に対するtwitterの声!!

 

 

 

 

 

 

 

 

賛成意見は極端に少ないですね。

「ルールを守れないことを個性にしたら色んなルール違反が許されてしまう」という意見が多いく見られました。

 

 

鴻上尚史さんの意見

2人目は劇作家・演出家の鴻上尚史(62)さん

テレビ・ラジオの出演だけではなく、執筆活動や講演会なども行なっています。

 

 

「鼻出しマスクをしていたのには理由があったのではないか」と鼻出しマスク受験者が注意に従わなかった背景を問う内容となっています。

 

 

 

こちらは鴻上尚史さんの意見に賛成する声と、「事前申請を見逃していた受験者に責任がある」といった声に分かれています。

 

 

尾木直樹(尾木ママ)の意見

3人目は教育評論家の尾木直樹(74)さん

尾木ママの愛称で知られていますね。

 

尾木直樹さんは自身のブログで鼻マスク騒動に対して言及!!

「試験妨害を許されない!」というタイトルで試験監督者の行為は妥当だったと発言しています。

 

 

 

尾木直樹さんの意見に対するコメント!

 

この方とは殆ど意見が合いませんが、これは同意します。
他の記事を読むと1発アウトではなく、全ての科目も監督者から注意を受け、6回目に『次に従わなければ不正行為となる』と最後通告を受けても従わなかったそうです。そして、この受験生はマスク着用拒否の理由を言わなかったのだとか。
また、マスクがダメなら医師の診断書をもらって別室受験とか代替手段はあったのにそれもしなかった。
この注意云々のくだりで、他の受験生にとっては邪魔になったでしょうし、同情の余地はありません。
どんな受験生から知りませんが、妙なこだわりか精神的に何があるのかも知れません。
知人の教師に聞いた話で『普段は特に問題ない生徒だが、制服のシャツをズボンに入れる事は頑なに拒否する者がいた。注意すると狂気をはらんだ目で睨みつけ、意地でも従わない変な奴だった。』と言うものがあります。
この受験生も何か変なのかも知れません。

出典:yahooニュース

 

この生徒はその後も退室を拒み、代わりに周りの受験生が教室を移動したという情報もありますが、それが事実なら逮捕してもいいと思う。
迷惑行為で済ませられるシチュエーションではない。
さらに言えば、センター試験の時に知ったけれど、この試験は学校で申し込むので、進学先が決まっていて関係ない生徒も受けに行きます。この失格になった生徒もそっちだったのでは?
本気で受験する生徒の邪魔をすることになるので、受験の必要のない学生まで参加させるのはいい加減やめるべき。

出典:yahooコメント

 

>「試験妨害は許されない!」というエントリーで「試験はその教室の受験生全員が気持ちよく全力投球出来て当たり前なのです」
完全同意です。
注意を6回もされたのに直さないのですから立派な試験妨害です。
私がその場に受験生としていたら無症状感染者で移されないか怖いですし、集中できないし気になって全力投球などできません。

出典:yahooコメント

 

試験妨害、その視点は無かった。確かに6回も7回も注意して追い出したとしたら周りの迷惑も半端ないよな。試験に集中できない1点に置いても許しがたいルール違反。このような輩が大学受験と言う時点で高校生としても失格(成人だったら尚更)。

出典:yahooコメント

 

流石に尾木ママは、鋭いですね。
人として守るべきことを守ろうとしない。社会のきまりを守らない。自分の考えと違う。自分の思想。自分は不要と思う。どうでもいいのです。人は、粋がった、かっこをつけたという評価しかしないでしょう。
試験場は、ウソのない神聖な場所ではありませんか。
試験場でやってはいけないことを事前に示されて承知の上で、マスク違反を堂々とやるとは、何か目的があったとしか思われませんし悪質です。自分の意に反すると考えた時点で、受験するべきではなかったのではないでしょうか。

出典:yahooコメント

 

尾木直樹さんの意見については賛成意見が多かったです。

「どんな理由があろうと他の受験者の妨害は許されない」という意見が多く、騒動に巻き込まれた受験生を思うコメントが見られました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻出しマスク受験生問題のまとめ

今回は、鼻出しマスクしていた受験者が注意に従わず不正行為となり失格になったという問題でした。

「鼻出しマスク受験者を擁護する声」「指示に従わなかった受験生が悪い」という意見の対立がネット上で繰り広げられています。

 

「指示に従わなかった受験生が悪い」「試験失格になったのは妥当である」という意見が多いです。

有名人の方も鼻出しマスク受験問題について言及しており、まだまだ論争は続きそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)