はんつ遠藤のおじさん構文がヤバい!「圧倒的な本物」「ラスボス感」Twitterの反応まとめ


はんつ遠藤さんのブログが大炎上しています。

そして「おじさん構文」がトレンド入りする事態に。

はんつ遠藤さんのおじさん構文に対する面白いTwitterの反応をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 おじさん構文とは?

 

おじさん構文とは、中高年の男性がやりがちな空回りした文章のことを指します。

例えば、「~~カナ」とか「~~だネ、~~だヨ」とか。

あとはやたら、絵文字顔文字を使いたがります。

そしてチョイスが独特で大体決まってますね。w

 

特徴をまとめました。

①句読点が多い。

②絵文字・顔文字を文中にたくさん使う

③語尾がカタカナになる

④自分語りで文章がやたら長くなる

⑤ちょっと上から目線

⑥セルフツッコミ

こんな感じでしょうか。

 

今回の騒動についてやはんつ遠藤さんのプロフィールなどはこちらの記事からどうぞ。


 

 

スポンサーリンク

 

 


 はんつ遠藤のおじさん構文を分析

 

はんつ遠藤さんのブログは、どのあたりがおじさん構文になってしまっているのでしょうか。

分析してみました。

 

 本題に入るまで長い

 

今回のはんつ遠藤さんのブログは本題に入るまでに1239文字、原稿用紙4枚分も書かれています。

伝えなくて良い余計なことを永遠と語る、、、おじさん構文の条件をまずクリアしてますね。

 

 

 

 

 セルフツッコミを多用

 

自己つっこみもおじさん構文の特徴です。

はんつ遠藤さんのブログでは、ツッコミがかなりでてきます。

ざーっと数えただけでも10回以上はセルフツッコミしてらっしゃいますw

句読点もしっかりと多用していました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 はんつ遠藤のおじさん構文に対するTwitterの反応

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)