原田耕司の顔!Facebook!薬物売買をTwitter等SNSで?密売組織リーダーの素顔!


 

 

大阪拠点の薬物密売組織のリーダーが検挙されました。検挙されたのは、住所不定、無職の原田耕司被告(50)です。

 

原田耕司のプライベートについて深堀りします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 起訴内容/事件概要

 

 

近畿厚生局麻薬取締部は、大阪市内を拠点にする薬物密売組織のリーダーの男を検挙し、組織が壊滅したと発表しました。

住所不定、無職の原田耕司被告(50)は、おととし12月から去年8月までの間に、少なくとも5人の顧客に覚せい剤や大麻などを継続的に販売した麻薬特例法違反などの罪で起訴されました。

近畿厚生局麻薬取締部によると、原田被告は大阪市内の民泊を拠点に、SNSに薬物密売の書き込みをして客を集め、手渡しや宅配便で覚醒剤などを売っていたということです。

原田被告は組織の指示役とみられ、薬物に関する犯罪の中では最も重い、麻薬特例法違反での検挙となりました。 また、組織の関係者3人も検挙されていて、原田被告をリーダーとする密売組織は壊滅したということです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

覚せい剤や大麻を密売していたとされるグループのリーダーが検挙されました。組織として覚せい剤や大麻などを少なくとも5人の顧客に継続的に販売したという事ですね。

 

おそらく購入していた5人が逮捕されたのでしょう。その5人からの入手ルート調査で原田被告が浮上したのでしょうね。売る人がいる限り、麻薬使用は無くならないでしょうから、こういう密売している人が検挙されたことは一つの進歩という事になるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


原田耕司の情報!住所特定!

 

 

原田被告の情報をまとめました!

 

 

名前◆原田耕司(はらだこうじ)

年齢◆50歳

性別◆男

住所◆不定

職業◆無職

 

 

 

住所不定ってどいういう事でしょう。家を持っていないんですかね。密売で出回っているから家がなくてもいいんですかね?

 

 

 

大麻の栽培ややくぶつばいばいをしているひとってだいたい無職ですよね。むしろそれを職業としているのでしょう。無職といい方はよくないですね。言うなれば職業は麻薬密売人

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


原田耕司のFacebook特定!

 

 

 

原田被告はSNSを利用して密売を行っていたという事で、まずはFacebookを調べてみました。

 

 

 

Facebookは実名でやっている方がほとんどです。こんな大掛かりの犯罪をしていて、まさか本名でFacebookをやってそこで売買の連絡をするようなことはしないでしょうね。

 

 

 

原田耕司という名前では11件のヒットがありましたが、この中で原田被告と思われるアカウントは見つかりませんでした。

 

 

アカウントが特定出来次第こちらに掲載したいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 SNSは何を利用していた?連絡手段は?

 

 

原田被告の密売グループはSNSを利用して密売を行っていたという事ですが、いったいどうやって連絡を取っていたのでしょうか。

 

どうやらTwitterでは堂々と薬物取引が行われているようです。

 

 

 

「都内で極上アイス配達します」

「大阪で調子いい野菜手押ししてます」

「野菜、紙、リキッドあります」

 

 

こういった書き込みは、薬物取引のようです。

 

 

 

 

このように隠語で取引をしているようです。

 

 

「#野菜」は大麻

「#アイス」は覚せい剤

「#手押し」は直接取引

 

 

このような書き込みを見つけたら要注意ですね。

 

 

すでにニュースになっていて、これじゃバレるので違う文言を使っていたでしょうが、このようにTwitterを使って堂々と取引をしていたのでしょうか。

 

検索を避けるためにメモ帳に文章を書いて、それをスクリーンショットして載せたりしている人もいるようですよ。

 

 

今どきは未成年も売買や使用で検挙されている人も少なくありません。こういう高校生や中学生でも目に付くようなSNSで取引が行われているという事が恐怖心を覚えますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 Twitterやネット民の反応

 

組織が壊滅したと言っても、またすぐに別組織を作るでしょう。その上を壊滅させないと何も意味ないですよ。

 

まぁ指示課の主任クラスだろうな。昨日今日に確立した世界じゃないからトカゲのしっぽにもならないと認識。

 

どうせ反省もしないし再犯するのだろうから刑法上の最高の刑罰を与えて、少なくとも現世では二度と犯罪行為ができないようにすればよいのでは。

 

まーこういうことする奴、将来自分の子供や大切な人がターゲットになり薬浸けになるでしょうね。
結局は薬を売る奴なんて、自分のことしか考えていないからね。
後悔したときには遅いわ。
てか、ほんと人生一回なのに頭悪いわ。

 

検挙された利用者から得た情報だろうね。。

利用者が逮捕された場合、名前や地域を報道に載せた場合、その取引相手であった売人は姿を消すのかな??
売り方を変えて顧客は確保し続けるのかな??

 

「SNSに薬物密売の書き込みをして客を集め」って、こんなアホな話があるのかと思ってしまったわ。隠語とか使ってやるのかね。

 

密売に対して刑が甘い!
こんなことしてもすぐに箱から出てこれる
もっと厳しくして

 

見せしめに厳罰にしなさい。
そうしない限り壊滅してもすぐに新しい組織ができるだけです。

 

初犯で最低5年以上で二百万円の罰金に
儲けたと推定される金額が追徴金と為る。
ぱくられたら割に合わない罪名。
追徴金が課されたら差し押さえられた現金
預金・貯金の没収もされる。止めましょう。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)