長谷竜馬ら4人の顔、Facebook特定!未成年と知りながらラウンジ店で雇用!


いつまでたってもこの類の事件は無くならないですね。

大阪京橋のラウンジ店で深夜に未成年の少女に積極をさせた疑いで

長谷竜馬(21)ら4名が風営法違反で逮捕されました。

事件の詳細を調べてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

大阪・京橋のラウンジ店で深夜に未成年の少女に接客をさせたなどとして、店長の男ら4人が逮捕されました。  風営法違反の疑いなどで逮捕されたのは長谷竜馬容疑者(21)ら4人です。警察によりますと、長谷容疑者らは2021年2月下旬、大阪・京橋のラウンジ店で当時17歳の少女にお酒の提供や客への接待行為などをさせた疑いが持たれています。警察は長谷容疑者らの認否を明らかにしていません。  2020年12月に未成年の女性に接客させたなどとして摘発された別の店舗の責任者らが、系列店として今回のラウンジを挙げたことから捜査していたということです。警察は長谷容疑者らが他の店でも未成年の女性に接客させていた疑いがあるとして捜査を進めています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/498e28b7169d6a0c4dd89ba072f16cbfd9a3337b

コロナ渦で大変な中、稼げるときに稼がないと

いけない状況とはいえラウンジで未成年を雇うのは

良くないですね。

恐らく容疑者たちも未成年と知りながら

雇っていたのでしょう。

未成年もなぜラウンジ店にいたのか

詳細は不明ですが通常のバイトより

時給がいいのでお金に目が眩んで

働いていたと思います。

経営側も未成年もどっちもどっち感がありますね。

今回、未成年に対しては処罰が無いのかも不明です。

客から酒を提供させることもあるので

未成年での飲酒の可能性も考えられますね。

21歳で店長とは彼も早くから夜の世界で

働いていたのでしょう。

私のイメージでは夜の世界は

暴力団が絡んでいる印象があるので

未成年を雇ってでもお金を準備しないといけなかったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク


容疑者のプロフィール

名前:長谷竜馬

年齢:21歳

職業:ラウンジ店店長

他三名に関しては詳細が分かり次第、更新します。

 

 

 

スポンサーリンク


容疑者らの顔画像

残りの1名に関しては情報が入り次第更新します。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

店の場所

京橋でラウンジ店を調べましたが

該当せず、もしかすると許可を得ていなかったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

風営法違反による刑罰

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)その他の法令を違反した場合は、刑事処分行政処分を課されます。
風営法が、平成18年より改正施行され、懲役刑も含め、罰則も2倍に引き上げられました。
「今まで大丈夫だったからいいだろう」と思っていても、警察はある日突然やってきます。
「知らなかった」なんて言い訳は一切通用しませんのでお気をつけください。

刑事処分風営法の規定に違反した場合に課される懲役や罰金、科料などの刑罰です。
行政処分風俗営業者が法令に違反した場合に行われる「許可の取り消し」「営業停止」「指示」という3つの処分です。

 


★刑事処分 罰則一覧

違反行為罰 則
風俗営業の無許可営業2年以下の懲役
若しくは200万円以下の罰金
またはこれの併科
偽りや不正手段による風俗営業の許可又は相続、合併、分割の承認
風俗営業の名義貸し
営業停止命令違反
あらかじめ公安委員会の承認を受けないで風俗営業所の構造、設備
遊技機の変更をした場合
1年以下の懲役
若しくは100万円以下の罰金
またはこれの併科
不正手段による風俗営業所の構造、設備、遊技機の変更承認
18歳未満の者による接待行為
18歳未満の客の立ち入らせ行為
20歳未満の者への酒類またはタバコの提供
客引き(立ちふさがり、つきまとう行為を含む)6ヶ月以下の懲役
若しくは100万円以下の罰金
またはこれの併科
遊技場営業者の禁止行為等違反
住居等へのビラ等の頒布・制限区域等内での広告物の表示100万円以下の罰金
従業員名簿備え付け義務違反等
接客従業者等の生年月日等の確認義務違反
報告義務違反、立ち入り妨害
風俗営業の許可申請書等の虚偽記載50万円以下の罰金
風俗営業者の管理者選任義務違反
深夜酒類提供飲食店営業者の届出書の無届営業、届出書の虚偽記載
許可証等の提示義務違反30万円以下の罰金
風俗営業に係わる変更届書提出義務違反
営業停止に係わる標章の破壊
深夜酒類提供飲食店営業に係わる変更届出書提出義務違反

上記の他にも風俗営業を営む上で遵守すべきことがあります。

 

★行政処分

営業許可の取消し処分/営業停止処分
営業をできなくするための処分で「営業許可の取り消し」「営業停止」「営業禁止命令」「営業廃止命令」など違反の程度や営業の種別に応じて呼び方などが異なります。
通常は指示書分が行われ、指示に従わない場合に「許可の取り消し等」となります。
しかし悪質な場合や見込みがない場合等などはただちに「許可の取り消し等」処分となるのでご注意ください。
指示
「指示」は違反の防止及び違反状態からの改善のための措置を示すもので、営業者の自主的な努力を促すための行政処分です。
https://www.gyoseishoshi-fujita-k.com/

 

 

 

スポンサーリンク

SNS上の声

だーかーらー!逮捕の時のニュースだけで終わるな!「調査を進めています、、」で終わるな馬鹿メディアども。逮捕されたらハイ終わりもう安心とりあえずOK、みたいな印象を視聴者に与えるな!軽い処罰受けてすぐまた色んな悪事をヤリやがるぞこういう奴らは。別の被害、被害者が違う形で出るぞ。事件で流したニュースは逮捕された後の処分、処罰がどーなったかまで流せ!どうせ軽い処分だろうに。ニュースはこんなもんだ、と勝手に決めつけるな。いい加減変われ

京橋はええとこだっせ。新参ラウンジは潰してやっとくんなはれ。

悪いな〜、顔選手権

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)