橋田壽賀子さん死去!病気は急性リンパ腫!結婚相手の夫(岩崎嘉一)さんとは死別していた!

「渡る世間は鬼ばかり」などを手がけた、

脚本家の橋田壽賀子さんが95歳で亡くなったという報道が入りました。

死因は急性リンパ腫だったようです。

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」を家族揃って見ていた!という人も少なくありませんよね。

そんな橋田さんは、夫である岩崎嘉一さんと死別していたようです。

詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

橋田壽賀子さん(95)死去

 

 「渡る世間は鬼ばかり」などを手がけた脚本家の橋田壽賀子さんが、4日、亡くなりました。95歳でした。

 橋田壽賀子さんは、脚本家として、TBSテレビのドラマ「渡る世間は鬼ばかり」やNHKの連続テレビ小説「おしん」など数多くの名作を世に送り出しました。2015年には文化功労者として顕彰されたほか、昨年秋には文化勲章を受章していました。

 橋田さんは、今年2月下旬から、急性リンパ腫の治療のため東京都内の病院に入院。先月には、自宅のある静岡県熱海市内の病院に移り、治療を続けてきました。そして3日、自宅に戻り、4日午前、息を引き取ったということです。

 橋田さんの遺志により、通夜・告別式、「お別れの会」などは行われないということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

脚本家の橋田壽賀子さんが95歳で亡くなったという報道が入ってきました。

「渡る世間は鬼ばかり」でお世話になった方も多いはず。

橋田さんは今年2月下旬から、急性リンパ腫の治療のため東京都内の病院に入院していたようです。

2021年3月には自宅のある静岡県熱海市内の病院で治療を続けていました。

4月3日のに自宅に戻り、4日の午前に息を引き取ったということです。

ご自宅で最期を迎えられたのは良かったのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします

 

スポンサーリンク

 

橋田壽賀子さんの死因は急性リンパ腫

 

報道によると、橋田さんの死因は『急性リンパ腫』だったようです。

『急性リンパ腫』には急性リンパ性白血病やリンパ芽球性リンパ腫があります。

 

急性リンパ性白血病やリンパ芽球性リンパ腫は

リンパ系幹細胞が未熟な段階でがん化し、無制限に増殖することで発症します。

がん細胞が主に骨髄中で増殖し、急性症状があらわれるものを「急性リンパ性白血病」といい、リンパ節などで増殖するものを「リンパ芽球性リンパ腫」といいます。

また、骨髄中に白血病細胞が25%以上みられると急性リンパ性白血病、25%未満であればリンパ芽球性リンパ腫と診断されます。

原因となる白血病細胞が同じため、治療法は同じです。また、がん化した細胞の種類によりB細胞系とT細胞系に分類されます。

急性リンパ性白血病の約80~85%はB細胞系、リンパ芽球性リンパ腫の約85~90%はT細胞系ですが、治療法は同じです。

引用:がんプラス

病気の詳細は明らかにされていませんが、

リンパ系幹細胞が未熟な段階でがん化し、無制限に増殖することで発症するようです。

2月下旬に入院し、3月中旬には熱海市内の病院に転院。

今月3日に同市内の自宅に戻り、翌日の4日に死去されました。

入院してからわずか1ヵ月半ほどということですが、

進行が速かったのか?もしくは気付かれるのが遅すぎたのか・・・

本当に残念でなりません。

 

スポンサーリンク

 

橋田壽賀子さんの夫はTBSプロデューサー岩崎嘉一さん

岩崎嘉一

 

 

4月3日に亡くなられた橋田壽賀子さん。

夫はTBSのプロデューサー・岩崎嘉一(よしかず)さんでした。

1966年、41歳の時にご結婚されましたが、1988年には、ご主人が「肺ガン」で余命半年と

宣告されたようです。

しかし、そのことを夫には告げず「肋膜炎」と嘘をついていたそうです。

岩崎嘉一さんは1989年9月に他界されました。

この1年間は、橋田さんの人生において最も辛い1年だったようです。

ご夫婦の愛情を感じられるエピソードですね。

いまごろ、ご主人と32年ぶりの再会を果たしているのかもしれませんね。

 

そしてこのお話がドラマスペシャル『妻が夫をおくるとき』で再現されています!

脚本はもちろん橋田壽賀子さんです。

妻役に岸本加世子さん、夫役は大杉漣さんです。

当時、橋田さんはNHKの大河ドラマ「春日局」の脚本に取り組みだしたばかり。一方、岩崎氏は1984年TBS退職を機に「大家族」をプロデュースしたと同時期、大病を患い、やっと克服して第2の人生を踏み出そうとした頃から描かれています。
冒頭で橋田が「人生にそれ以上の不幸と悲しみはないと思えるほどのどん底」と語る言葉からも、その当時の心境が伺え、そんな当時を描いた作品。
夫婦の絆とは何か? そして夫婦はどうあるべきなのか? 橋田の体験と物語を通して、多くの夫婦にご覧いただきたい作品となりました。

引用:TBS

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の悲しみの声

 

急性リンパ腫を患っていらっしゃったのですね。自宅に帰った翌日に亡くなられたとのこと帰ることが出来て良かったです。おしんは世界中の人に愛された名作です。再放送を何度観ても感動しました。渡る世間は鬼ばかりも多くの人に愛され長い間放送されました。数々の名作を作りあげ皆さんに愛された橋田さんのご冥福をお祈りします。
お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

もう「渡る世間〜」の様なドラマは作られなくなるだろうね。ああいうドラマは良くも悪くも橋田氏にしか作れない。

ご冥福をお祈り致します。

 

大往生といえばそうだが、まだまだ若い感性を持たれていた印象でしたのでとにかく残念の一言です。ご冥福をお祈りいたします。

 

晩年は終活に専念されてましたね。

海外での安楽死の方法まで入念に調べられ、とにかく周囲に迷惑の無いよう努められる姿に、強い信念を感じました。

『春よ、来い』では騒動もありましたが、その後の対応は良かったと思います。

長い間お疲れ様でした。
『おしん』『おんな太閤記』『いのち』…
数多の作品で感動を頂き、有り難うございました。

どうか安らかに。

 

かなりビックリしました。
ご高齢だとは存じていましたが、お元気だと思っていました。残念です。
数々の名作をありがとうございました。
おしんを始め、日本人の心に残る名作ばかりです。セリフが多いことで大変だと聞いたことはありますが、渡る世間も本当に楽しかったです。橋田先生は日本の宝でした。

ゆっくりおやすみください。
心から御礼申し上げます。

 

子供の頃、母が『渡る世間は鬼ばかり』を見ていた頃を懐かしく思い出します。
お年を召しても快活で、よくクルーズ旅行に出掛けられていた橋田先生、海のある熱海で亡くなられたのですね。
心よりご冥福をお祈りします

 

泉ピン子さんとよくテレビに出ていたイメージ。
渡鬼は祖母が好きでたまに一緒に見ていました。
祖母も3年前亡くなり、橋田先生も亡くなってしまって何だか寂しいです。
ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)