林貴昭のwiki経歴「ストイックすぎるイケメン監督」学歴(大学)が判明!私立瓊浦高校バドミントン部体罰疑惑

また部活動中の体罰問題が発覚したようです。

今回はバドミントンの名門校、私立瓊浦(けいほ)高校の監督によるものです。

林貴昭監督について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

バドミントンの強豪校で

体罰の疑いがあるようです。

 

体罰があるとみられているのは

長崎県長崎市にある私立瓊浦(けいほ)高校です。

 

バトミントン部の監督は

林貴昭さんが務めています。

 

監督就任後の約7年間で、

バドミントン部は全国大会で2位を1回、

3位を4回という素晴らしい実績を残しています。

そして今夏、四国で開催された

インターハイでは初優勝に導いています。

 

素晴らしい実績の裏で

体罰が行われていたとしたら

とても残念なことです。

 

林貴昭監督とはどのような方なのか調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

林貴昭監督のプロフィール!顔画像

 

出典:https://bunshun.jp/

 

プロフィール
名前:林貴昭
年齢:49歳
出身:長崎市
学歴:私立瓊浦高校・日本体育大学

 

 

マスクなしの画像がないか探したところ

1999年イタリアオープンのダブルスで

準優勝したときの

林貴昭監督の写真が見つかりました。

 

出典:https://nordot.app/

 

1999年というと23年前ですから

監督が26歳ころでしょうか。

なかなかのイケメンですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

学歴(出身大学や高校)は?

 

 

 

林貴昭監督の学歴が判明しています。

 

学歴

小学校:小島小学校

高校:瓊浦高校

大学:日本体育大学

 

バドミントンの才能があった林貴昭監督は

高校時代に県タイトルをほぼ独占し、

日体大に進んだ後もバドミントン部主将を務めた

名選手で知られています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

経歴は?

 

 

林監督はバドミントンを始めたのは

小学校4年生のころで、

バドミントン経験者の母親の影響だったようです。

 

才能があった林監督は

先ほども記載していたように

高校生では県タイトルをほぼ総なめし、

大学や実業団でも活躍しました。

 

1996年のアトランタ五輪では日本代表のリザーブ選手でした。

 

指導者に転身後は長崎の県立高校を指導し、

16年間で4回も全国ベスト8に進出させるなど

指導者としても能力がある方です。

 

2015年からは母校・瓊浦高校の監督を務めています。

 

指導者になると決めたとき、

当然母校へと考えていたようですが、

「県立校で修行してこい。縁があればまた会おう」と

あっけなく断られたエピソードも。

 

念願の母校での指導をしていたはずでしたが

体罰があったならば残念ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

この部活の体罰問題はもっと根が深いと思う。指導者側の世代と昨今の問題意識にギャップがありすぎる。49歳の指導者は自らは体罰を是認する時代で競技を続けて現在に至っている。そこに競技外の価値観は相容れない。勿論本人は「教育」「指導」していると思っている。 体罰に限らず様々な価値観 意識が進化し、それ自体否定的ではない。 ただ問題に対して個人的な素養を暴くだけでなく世代、時代背景も考察するべきだと思う。

 

もう、体罰を行なう鬼指導者の時代は去りました。ワールドカップサッカーの森保監督がその見本を示しました。高校野球でも、若い世代の監督で実績をあげている監督は、目標に対して如何に達成させるかを生徒自身が考え練習メニューも生徒自身が考え実行。結果に対し評価しまた新たな目標に向かわせるという手法をとっています。文化部ではありますが、京都橘高校の吹奏楽部は教えない教育を徹底。練習メニュー、部の運営、教育を全て生徒自身が行い顧問の先生は目標の設定とその方向性の確認を行なうだけで、実績をあげてます。体罰は犯罪です。それをまず学校自身が徹底した上で部活動を行なうべきです。

 

体罰なのか指導なのかその線引きが難しい。昭和時代の先生や平成でも45歳以上の先生にはこれが指導なのかと思わせる方が居ますね。昔からのやり方が変わらない先生や体罰と気付いていずにやっている人も居るでしょう。熱血教師イコール良い先生と言う時代は終わりました。熱血の程度にもよりますが、行き過ぎた指導は体罰に当たりますね。口で言っても言い過ぎはダメです。ただ一言、言えるのはいい加減な甘い指導では大会に勝てないと言うのも事実です。指導者としての技量、技術は再度学ぶべきですし、生徒も中途半端な練習では勝てないのも事実です。

 

もはや体罰は論外。無免許運転と同じ。 様々な経緯があるかもしれませんが、残念ながら、指導者の負けです。 勝つことで認められる、負ければ認められないという思いが強い指導者は、きっと「生徒の戦績こそが自分の評価、査定」と錯覚し、自分の枠に力づくではめてしまうのでしょう。それが吉となって生徒の未来を拓くこともゼロではないですが、それも平成の前半ですでに終わっています。 果たしてスポーツ界の「アップデート」は今後どのように進むのでしょうか。 あらゆる立場での議論が必要かもしれません。

 

スポーツって元々は余った時間を使って楽しんだり、体を鍛える為のものだと思う。 将来的に自分の職業としてのスポーツ競技も多種有るけど、強制的にやらされるべき運動では無いと思う。 学校の場合は対校試合なんかがあるけど、試合(英語で言えばゲーム)で監督の期待する良い成績が出せなかったりしたとしても、暴力を振るわれる程の問題なのか、と思う。 もっと練習して強くなりたいと思うかどうかは選手個人の問題であると想う。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)