林武志くん(10)宇都宮普通電車に跳ねられた小学5年身元特定!祖父母いる埼玉へ?

昨夜、悲しい事件がありました。

小学5年生の男の子が、

夜8時台の電車に跳ねられ、死亡しました。

一体何があって、こんなことになってしまった

のでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

事故概要

 1日夜、東京・北区で線路の上を歩いていた小学生の男の子が電車にはねられ死亡しました。  1日午後8時40分頃、北区のJR宇都宮線の線路上で、10歳ぐらいの男の子が電車にはねられ死亡しました。亡くなったのは千葉県市原市に住む小学5年の男児(10)で、1日午後6時半頃、「出かける」と言って家を出たまま帰宅せず、家族が行方不明届を出していました。  「(男の子は)埼玉県方面に向かって線路内を歩いていて、現金4000円あまりを持っていたということです」(記者)  男の子は事故の前日、埼玉県から千葉県に引っ越したばかりで、家族に「引っ越したくなかった」という趣旨の話をしていたということで、警視庁は詳しい経緯を調べています。(02日11:48)

https://news.yahoo.co.jp

昨夜8時40分ごろ、東京都北区栄町の

JR東北線(宇都宮線)の線路で、

男児が普通電車にはねられ、死亡しました。

昨夜の段階では、身元がわかっていなかったのですが、

今日、死亡したのは千葉県市原市の

小学5年の林武志くん(10)と判明しました。

なぜ、こんな夜に10歳の男の子が歩いていたのでしょう?

そこには、悲しい理由がありました。

 

林武志くん(10)電車にはねられ死亡!「引越しが嫌だった…」線路を歩いていた理由判明!/JR東北線(宇都宮線)

 

スポンサーリンク

 

林武志くんの顔画像は?

現在、林くんの顔画像は公開されていません。

周りの友達や、遺族への配慮もあります。

忘れてはいけないことですが、

今まさに悲しみの最中にいる遺族の

傷をえぐるような取材はやめて欲しいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

どうして夜に線路を歩いていた?

https://news.yahoo.co.jp

どうして10歳の男の子が、

一人で夜に線路を歩いていたのでしょうか?

悲しい理由が明らかになりました。

報道によれば、林くんは、埼玉県から千葉県に、

家族で引っ越しをしたばかりだったそうです。

引っ越しというと、今までの友達との別れと、

新しい出会いへのワクワク、

なんとも言えない感情に揺れるイベントでもあります。

しかし、林くんはそうではなかったようでした。

捜査を進めていくと、なんと、林くんは、「引っ越しはいやだ」

とずっと言っていたというのです。

しかし、引っ越しをするには、如何しようも無い

大人の事情もあるでしょう。

しかし、林くんは、自宅に置いてあった

貯金箱にあった1万円札をとり、埼玉に向け、

一人で出発することを決めてしまったようなのでした。

事故が発生し、その所持品からは、

林くんだという手がかりは一切ありませんでした。

その持ち物の中に、ポリ袋にいれた4000円ほどの現金を

持っていたということで、空腹を満たしたり、

電車を乗り継いだりしながら、

必死に埼玉を目指したのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

どうして身元がわかった?

報道によれば、林くんは事故当日から行方不明として、

家族が千葉県警に捜索願を届けていました。

さらに、1日午後6時半ごろには、自宅の最寄りの

防犯カメラに1人で東京方面の電車に乗る姿が

写っていたということもわかりました。

ここで、1万円札を使ったのでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

どこに向かっていたの?

実は、引っ越し元の埼玉県には、

林くんの祖父母の家もあるそうです。

小学校5年生なら、引っ越してしまった家がもう

使えないことはわかっていたでしょう。

すると、祖父母の家に行こうとした

可能性もありますよね。

おじいさまもおばあさまも、

自分のところに来ようとして…なんてことは

想像したくもないでしょう。

本当に悲しいしか言いようのない事件です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

事故があった路線は?

事故は1日午後8時40分ごろに起き、
林くんは熱海発宇都宮行き普通電車にはねられました。

時間帯にもよりますが、

熱海から宇都宮の間はほとんどが新幹線です。

最初は電車に乗っていたのに、どうして

途中から線路を歩くことになったのか…。

その辺りも詳しく調べる必要がありそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

事故は防げなかった?

林くんは、跳ねられた衝撃で頭を強く打ち、

搬送先の病院の死亡が確認されました。

最期はせめて痛くなければ…と思ってしまいます。

現場は尾久駅と赤羽駅の間で、約200メートル離れた場所には踏切があったそうです。

 

 

事故当時の普通電車の運転士は

線路上を電車と同じ進行方向に

向かって歩いていた

と話しているということです。

途中でお金の心配が出てきて、

歩いていくことにしたのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

引っ越しが子供に与える影響

引越しは、荷物の整理や役所への届出など、

親にとってはひたすら目が回るくらいに

忙しいものです。

ですが、子供に対しても、目に見えないさまざまな影響を

もたらすのです。

生活空間である自宅が変わる「環境の変化」のほかに、

学校の転校、友達との別れや、

うまく友達ができるかどうかの不安、

ご近所さんが変わることによる「人間関係の変化」は、

供に大きな影響を与えます。

しかし引越し前後は、親は荷造り・荷解きだけでなく、

さまざまな手続きが必要なため、

子供のメンタルにまで気を遣う余裕がない。

これは前述の通りです。

引越しによる環境の変化で、

子供のメンタルは不安定になりがちです。

仲良しの友達との別れや続けてきた習い事を

やめるなどのつらさだけでなく、

新しい学校への不安もあるでしょう。

今回、林くんは、引っ越しのあとに起きる可能性のあった、

友達ができない、学校の勉強の進度などでの悩みなどは

なかったかもしれません。

しかし、一人でも帰ろうとするほど、

思いつめていたことは事実。

行動力がありすぎてしまった、

悲しい結果にあってしまいました…。

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

 

 

 

 

 

 

新学期で引っ越したのでしょうか。
友達とかいただろうし、転校したくなかったのかな。
親も子供の環境をなるべく変えたくないけど、仕方ない事もあるわけで、何とも悲劇だなと思います。

 

宇都宮行の電車に後ろから撥ねられた構図なので、埼玉県の元々住んでいた場所を目指していたのかな…春の引っ越しシーズンだけれど、悲しい出来事だ。

線路を歩いて埼玉に帰るつもりだったのかな。
何ともやるせない話ですね。

 

きっと親も好きで引っ越したわけじゃないんだろうけど、自分を責めるだろうな。子供も新たな環境への変化に動揺もあったと思う。やるせない。

 

自分が家族なら立ち直れん。友達と別れたくなかったんだろうな。自分も小4で転校したけど、春休みに自転車で転校前の友達に会いに行ったもんな。

 

悲しい…
帰りたかったのかな。
わが子も小学校入学を目前にナーバスになっています。
保育園で仲良かった子と別れ、、
この子も、友達の元に行きたかったのかな。

 

 

みんな悲しい。
子供は何処に行ってもすぐ友達ができるから大丈夫だと思われがちです。私も5年の2学期に引っ越しましたが、普通に10分早く家を出れば通える所なのに転校しました。友達って簡単じゃないです。この家族はずっと後悔するんだろうな。

 

前の学校が楽しかったんだろうね。
新しい環境が不安だったんだね。
不安をかかえている子がこの時期特に沢山いると思うけど、学校や親がケアしていかないといけないね。

親を気遣って無理して楽しそうにしている子もいるかもしれないから。

 

 

可哀想に…
いずれ我が家も田舎に引っ越す予定です
私も転校の経験がありますが、とても辛かったのを思い出します。
子供は純粋だから、仕事で引っ越すにしても配慮が必要ですね。

我が子が、また友達と遊びたい!逢いたい!となったら長期の休みしか行けないけど連れてこうと思う。
大人は時間に追われてるだけだけど子供には心の準備が必要だよね。

 

本人、親御さん両方が気の毒な話だ。大人もそうだが子供はもっと、新しい環境、新しい生活への不安は強いだろうし…

線路“沿いの道”を歩くわけにはいかなかったのかな。電車が来たら避けるつもりが、何かのアクシデントで避けられなかったのだろうか。運転手さんも気の毒だ。

 

 

小学校5年では友達が大事ですよね。
その友達と別れるのは辛かったです。
その事で思いつめたのかな次の友達が出来るか。
それは心配ですよ。自分の事のように悲しいです。

 

親も子も、そしてはねた運転士も、みんなにとって悲しい。
5年生って、思春期の入り口で、そろそろ心が不安定になる時期。
きっと、寂しくて、不安になってしまったのでしょうね。
前の学校がそれだけ、楽しかったのでしょうし。
防げなかったのがとても残念。

 

私も転勤族だったからわかるよ。引っ越しがイヤというの。
そういう理由なら親御さんはものすごく辛いだろう。

 

何事もそうだけど、事に対して万人が耐えられるとは限らないですよね。たかが引っ越し、たかが失恋、たかが解雇、たかがじゃ済まない命を絶つことがよぎる人も、そこから立ち直れなくなる人もいますよね…
誰が悪いんじゃなく、この男の子の気持ちを察することができて自分とも重なり辛くなりました。

 

ご冥福をお祈りいたします。
他人事ではなく、社会全体で考えるべき内容だよ。大人の都合で子供の自由を奪ってはいけない。もちろん生きていく為に仕事大事だけど、家族伴う転勤は会社もきちんと考えるべきときがきたんだよ。

ただ悲しく、つらい。同じように子供いるし、涙でてくる。
ご家族の気持ちを考えると。。

 

私も中学時転校経験しましたが、元の友達がしばらく忘れられなかった。今、親になり、子供の成長に環境が変わるだけでも心配が尽きないのに・・・どのような生活環境なのかはわかりませんが、みなさんが良い方向に向かえますように。

こんなにも悲しみに溢れたコメント欄は

みたことがありません。

引っ越しシーズンだからこそ、

人ごとには思えない方も多かったようです。

今はただ、静かに林くんの冥福を祈るしかできませんね…。

運転手さんも、ご家族も、みなさんご自分を

責めないでくださいね…。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)