ヘリにレーザーを当てた犯人の名前や顔は?レーザーの発射場所は貝塚第一緑地?千葉市上空


8日午後8時45分ごろ、千葉市若葉区に差し掛かった上空およそ500メートルを飛ぶヘリに向かって、2Kmほど離れた地点からおよそ1分間にわたって青いレーザーが当てられました。

 

 

そのレーザー光線が発射されたとみられる地点が判明したということで、今回詳細を調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

レーザー照射事件の詳細

 

 

陸上自衛隊木更津駐屯地は9日、同駐屯地所属のヘリコプターが8日夜、千葉市上空でレーザー光線の照射を受けたと発表した。搭乗者やヘリの被害はないという。

 陸自によると、8日午後8時45分ごろ、千葉市若葉区みつわ台の上空約500メートルで、ヘリの機体に青色のレーザー光線を約1分間照射された。

ヘリは当時、夜間飛行訓練中で、市川市方面から千葉市を経由し県北方に向かっており、陸自が県警千葉東署に通報した。

 更谷光二・第1ヘリコプター団長は「航空機の運航や乗員の安全に極めて重大な影響を与える可能性があることから、同種事案が発生しないことを切に願う」とコメントしている。

JIJI.COMより引用

レーザー照射がされた場所が判明したということですね。

 

 

 

しかし、なぜこのようなことをする人物がいるのか不思議でならないです。

 

 

 

このレーザー光線のレベルは通常販売されているようなレーザーポインターのようなものではなく工業用で使用されるような鉄板などを焼き切るほどの威力を持っているということです。

 

 

 

当然、体や目に命中した場合には失明やけがを負うことになるということですが、幸いにもの搭乗者やヘリ機体には被害はないということでした。

 

 

 

現在では、このレベルのレーザー光線が使用されている機器は入手が比較的簡単になっているということですが、犯人はなぜこのような行為に及んだのでしょうか。

 

 

 

もしも、機体や搭乗者に被害が出たり、ヘリ自体が墜落などという事故になれば大問題です。

 

 

 

これはもういたずらなどというかわいいものではなく、完全にテロ行為に値するものですよね。

 

 

 

 

罪としては、威力業務妨害に問われるということですが、警察が現在調査を進めているということです。

 

 

 

 

場所は千葉市のとある公園のような場所ということですが、果たして犯人は捕まるのでしょうか。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


レーザーが照射された場所はどこ

上の画像がニュース映像で流れたものですが、真ん中の写真の近くの公園のようです、

 

 

 

 

写真に写っている釣具店である上州屋の場所より特定してみました。

 

 

 

 

この場所を走っている映像だったのですが、この近くの公園を洗い出してみました。

 

 

 

この場所は関係あるのかはわかりませんが、ニュース映像内に出ている場所と比べてみても間違いないようですね。

 

 

 

 

 

こちらが問題の場所ですが、この場所は千葉市若葉区というところだそうです。

 

 

 

少しわかりづらいですが、この地図の場所となります。

 

 

この付近での公園ですが、ニュース映像に出ていたような広い公園は貝塚第一緑地という場所になりそうです。

 

 

あくまでもこれはニュース映像と照らし合わせてみた推測ですが、今後詳細が判明したらまたこちらに掲載していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


レーザーを当てた犯人は誰?

 

犯人に関して調べてみましたが、まだ詳細は分かりませんでした。

 

 

しかし、このようなレーザー機器を扱うような業種は比較的限られてくると思いますので、その業種を当たっていくなどすれば意外と早く逮捕につながる気がします。

 

 

恐らく普段より、このようなレーザー機器を使用して仕事をしている人物なのか、それともマニアなのか・・・・

 

 

いづれにしても場所まで特定されているということで、その付近の捜査などが進められていることだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


ネットの反応は?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)