響龍の相撲動画!取組後に緊急搬送!頸椎の神経負傷?救護後回しにされた?


3月26日、勝ち越しがかかった今福―響龍戦で、

響龍が頭から土俵に落ち、しばらくうつぶせのまま動けなくなる事故が起きました!

響龍は大の字の状態で体を動かすことができず、館内には緊張が走りました。

響龍は緊急搬送されたということですが、その後の状態が気になります。

そして、迅速に救護をせず勝ち名乗りを優先させたのでは?

という声が多く上がっていました。

詳しくみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 報道内容

 

三段目の力士が取組中に負傷し、医者が土俵に上がるアクシデントが起きた。

勝ち越しがかかった今福―響龍戦。激しい攻防のすえ、土俵際で今福が左からのすくい投げを放って勝利した。

その際に響龍が頭から土俵に落ち、しばらくうつぶせのまま動けなくなった。

今福は勝ち名乗りを受け引き揚げたが、響龍は全く体を動かすことができず大の字に。館内に緊張が走った。

一度呼び出しが体を仰向けにしたものの、響龍は自力で起き上がることもできず静止したまま。審判団に加え世話人、親方衆も土俵周辺に集合するなど物々しい雰囲気に包まれた。

医者が土俵に上がり、容体をチェックした後に担架に乗せられ救急搬送された。

力士にケガはつきものとはいえ、長い相撲の歴史で医者が土俵に上がるのは珍しいケース。

芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「意識は取り戻したと。脳しんとう、頸椎が損傷しているように見える。頸椎の神経が圧迫されている可能性があるかもしれない」と説明した。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

勝ち越しがかかった今福―響龍戦で、今福からのすくい投げで

響龍が頭から土俵に落ちるというアクシデントが起きました。

響龍はしばらくうつぶせのまま、大の字の状態で倒れていました。

体を仰向けにしましたが、自力で起き上がることもできない状態でした。

報道では

今福は勝ち名乗りを受け引き揚げた

とありますが、勝ち名乗りよりも救護を優先させる状態だったのでは

ないでしょうか?

長い相撲の歴史で医者が土俵に上がるのは珍しいケースだそうです。

これってかなり緊急事態ですよね。

容態についての続報が入り次第、更新したいと思います!

 

【3/27追記】

境川親方からコメントが発表されました!

「今、(響龍は)一生懸命、治療に専念しております。それだけを伝えてください」

現在の状況などは全く報じられませんでした。

治療に専念されているということで、一日も早い回復

そして元気な姿を見せて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 


 響龍のwikiプロフィール

響龍

響龍 光稀:(ひびきりゅう みつき)

本名:天野 光稀(あまの みつき)

生年月日:1993年3月17日

年齢:28歳

出身地:山口県下関

身長:178cm

体重:138.7kg

所属部屋:境川

最高位:三段目 24

改名歴:天野光稀→豊関山光稀→響龍光稀

初土俵:平成23年5月

 

 

スポンサーリンク

 


 響龍の現在の状態は?

響龍

引用:日刊スポーツ

響龍が倒れてから6分後に担架に乗せられました。

協会関係者によると、

「話すことはできるというが、しびれて首から下が動かない」

「意識は取り戻した。」

「脳しんとう、頸椎が損傷しているように見える。」

「頸椎の神経が圧迫されている可能性があるかもしれない」

と話しているようです。

頸椎損傷となると、かなり深刻な状態です。

頚髄を損傷すると、

首から下が麻痺したり、感覚を失うことがあります。

現在の詳しい状態は不明です。

今後新しい情報が入り次第、追記致します。

 

スポンサーリンク

 


 救護が後回しにされた?

引用:日刊スポーツ

 

 

ツイッターでは響龍を心配する声とともに、

このような緊急事態の対応に不満を抱く声も多くありました。

響龍が全く動かないかなり危険な状態でも、

勝ち名乗りを優先させたのは相撲独特のルールがあるのでしょうか。

筆者は相撲のことは詳しくないのですが、今の時代に見合わないと感じます。

 

とにかく今は響龍の無事を祈りたいです。

 

響龍への対応にTwitter上では非難が殺到しているようです!


 

スポンサーリンク

 

響龍の相撲動画

 

響龍

響龍

響龍

響龍

引用:日刊スポーツ

3月26日に行われた取組の動画を探しましたが

現在のところ公開されていませんでした。

 

 

こちらは過去の動画ですが、問題となった動画が配信され次第

更新致します。

【追記】

響龍の相撲動画がアップされていましたので、

掲載致します。

 

 

違う角度からの動画もありました。

 

頭から落ちているのが分かりますね。

響龍の体重は138.7kg

ですから、この体重が首への大きな負担となったのではないでしょうか。

 

響龍のその後の容態は?

 

スポンサーリンク

 

医療関係者でも女性は土俵に上がれない

2018年4月4日、このようなニュースが流れました。

京都府舞鶴市で開かれていた大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」で、土俵上であいさつをしていた多々見(たたみ)良三・同市長(67)が倒れた。

市などによると、複数の女性が土俵で市長に心臓マッサージをしていたところ、少なくとも3回にわたって「女性の方は土俵から降りてください」「男性がお上がりください」などと場内アナウンスがあった。

地元有志らでつくる実行委員会によると、女性2人が土俵に上がって心臓マッサージをした。

直後に救急隊員が土俵に上がり、女性に代わって救命措置を始めた。

その間に複数回、「女性は降りてください」と場内に流れたという。

引用:朝日新聞デジタル

多々見市長が倒れた原因は、くも膜下出血で心肺停止状態でした。

人命救助にあたった女性2人は看護師だったそうです。

後日、女性に感謝状を贈りたいと連絡したそうですが、

「当たり前のことをしただけ。そっとしておいてほしい

という返答があったようです。

 

市長が倒れた時に最初に土俵に上がったのは相撲関係者だったようですが、

うろたえて何も出来ず、見かねた看護師である女性が駆け上がり救助に努めました。

 

まさに、彼女たちのお陰で市長の命が助かったといっても過言ではありません。

一人の命がかかっているのに、しきたりを優先させる相撲協会。

この一件からも、人命よりも歴史や伝統を重んじる世界なんだと

改めて感じさせられました。

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の反応

 

勝ち名乗りなんか後回しにしてまずケガ人救護だろ普通…

一刻を争う事態なのは明白なのに、救護は後回しで医者もなかなか来ないのは明らかにおかしい。
以前プロレス見に行った時に選手が首負傷して動けなくなったときは即座にドクターとトレーナーが飛んできて首固定して、その後リングまで救急隊員が来て搬送してた。その選手はそのかいあってか翌月には試合復帰してた。
この前の脳震盪おこした力士に対する対応も最悪だったけど、怪我に関する知識だけは最新のものにアップデートしてほしい。いずれとりかえしのつかないことが起こる気がする。

 

意識を喪失してうつ伏せになってる人間を放置して勝ち名乗りか。

それと動けない人間を医者が来る前に引っくり返すなよ。クビやってたらどうすんの?
相撲協会って末端のスポーツ指導員ですら義務で受けてる安全講習やってないのか???
脊髄損傷してないといいけど。。。

 

勝ち名乗りしてるのかおかしい、呼吸停止、場合によれば致死性不整脈なら一分一秒を争う状態もあり得るのに、なんとも全時代的だこと。

 

なんだかね…。
相撲の文化も大事だけど、
緊急事態には臨機応変に素早く対応してほしいです。
以前もありましたよね。
挨拶中の市長さんが倒れてナースが上がろうとしたら静止され。

 

この時だけは医師はもちろんだが、女性看護師も特例中の特例として土俵に上がれるようにルールづくりをしておくべき。
人命が関わってるときには、土俵の神様も細かいことは言わないだろう。

 

「呼び出しが身体を仰向けにした」って、なんて危険なことをするんだ。

 

意識を失って前のめりに倒れている力士の目の前で勝ち名乗りすること自体が異常な状況。
審判含め周囲の人が異常事態と把握できない協会員は再発防止教育を受けさせるべき。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)