秀坂萌の顔とfacebook特定!勤務先のパートはどこ?動機は薬物か虐待か!愛知岡崎市

秀坂萌

小学生の長男(9)が、車のドアノブにしがみついているのを知りながら、

車を143m走らせたとして、母親の秀坂萌容疑者が逮捕されました。

長男にケガがなかったことが幸いでしたが、一歩間違えれば大事故に繋がっていた

可能性があります。

よくこんなことができますね・・・

秀坂萌はどんな人物なのでしょうか。

事件をみていきます

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

 

秀坂萌 秀坂萌

小学生の息子が、車のドアにしがみついているのを知りながら、車を走らせたとして、母親が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。  

警察によりますと、愛知県岡崎市のパート・秀坂萌容疑者(33)は、13日午後4時50分ごろ、岡崎市の路上で、軽乗用車の運転席側のドアノブに小学生の長男(9)がしがみついているのを知りながら、殺意をもって、車を143メートル走らせた疑いがもたれています。

長男にけがはありませんでした。  

調べに対し、「殺そうとは思っていませんでした」と容疑を否認していて、警察が詳しい経緯を調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

小学生の息子が運転席側のドアノブにしがみついた状態で、

車を143m走らせた母親が逮捕されました。

秀坂萌容疑者は調べにたいし

「殺そうとは思っていませんでした」

と容疑を否認しているということですが、わずか9歳の子供がドアノブにしがみついた

状態で車を走らせるなんて、信じられません。

手を離してしまったら・・・他の車に当たったら・・・

恐ろしくてこんなことできませんね。

ケガはなかったものの、心の傷は深いものになったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 


秀坂萌の顔画像特定

秀坂萌容疑者の顔を調査しました。

しかし現時点で報道されておらず、特定することができませんでした。

秀坂萌容疑者の情報はこちらです。

 

名前:秀坂萌(ひでさか もえ)

年齢:33歳

職業:パート

住所:愛知県岡崎市

 

スポンサーリンク

 


秀坂萌のfacebook特定

 

秀坂萌のfacebookやtwitter、インスタを調査しました。

facebookに秀坂萌と同姓同名、そして岡崎市のアカウントが1件あり、

2006年に高校を卒業していることから、年齢も一致します。

しかし、今回逮捕された秀坂容疑者と同一人物という断定ができなかったため、

掲載を控えさせていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 


自宅特定か?

自宅をリサーチしてみました。

現時点で自宅を特定する情報はありませんでした。

愛知県岡崎市というところまでしか判明していません。

また新しい情報が入りましたら追記致します。

 

スポンサーリンク

 

秀坂萌の勤務先はどこ?

 

 

秀坂萌容疑者はパート勤務をしていることが分かっています。

パート先を調査したところ、特定できる情報がありませんでした。

こちらは引き続き、調査をすすめたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機は虐待?

 

今回の事件で、母親の秀坂萌容疑者は、

わずか9歳の息子がドアノブにしがみついているのを知りながら、

車を143mも走らせました。

報道では殺意をもってという言葉が使われていました。

親子喧嘩でイライラしていたとしても、こんなことできるはずがありません。

万が一、車を走らせ一人になりなかったとしても、安全を確認するはずです。

もしかすると、普段から虐待と思われる行動があったかもしれません。

現在、警察が詳しい経緯を調べているということで、

新たな情報が入り次第更新いたしますので、お待ちください。

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

怖すぎる。33にもなって、人の親にもなって、やっていい事と悪いことの区別がつかないのか。親なら子どもを命懸けで守るものだろう。こんな危ないことしておいて殺す気はない?心に傷がつくんだよ!言い訳はできない。
警察、児童福祉課、親戚家族、学校、すべてきちんとこの先も、この息子を守って欲しい。

 

最初タイトル見ただけでは、薬物中毒か、アル中の母親が運転しようとしているのを
子供が止めようとしたのかと思ったが・・・根が深そうだな、この事件。
いずれにせよ『殺意を持って』と報道されているのが気になる。

 

殺そうとは思って居ないので在れば車を発車する事はしないので手を離せば死亡に繋がった事は事実です。
親がこんな行動するとは考えられ無い。
子供は一生忘れる事は無いだろう。

 

それがどんなに怖いことか、実際に経験させてみる必要があると思う。
お子さんはドアにしがみつきながら、きっとハンドルを握るお母さんを見ていたと思う。

 

何があったか知らんがまだ9歳の子を死なせるところだった。
何もなくて本当に良かった。
心のケアをお願いします。

 

どうすればそんな事ができるの?
下手をしたら本当に死んでたよ!
何があったかは知らないけど、親子喧嘩か、無免許、飲酒運転なのか。
一つだけ確かなのはあまりにも危険な行動をしたと言う事です。

 

とても残念で悲しいことは、
この息子にとっては、いまでも、一番の願いは母親が幸せになって、自分にも優しく微笑んでくれて、一緒に幸せに平凡に暮らすことなんだよな。

だから母親は余計に罪深いのだが、
かといって、厳罰に処して投獄したところで、母親と離ればなれになる息子が救われるわけてはない。

かわいそうな息子が救われるには、何が必要?

親と離して施設に入れても、そこで冷遇され、さらに傷つくこともよくある話。
そして母親を救うべき旦那はなにしてるの?
もし離婚してるのなら、それでも父親としての最低限の責任はあるはずだか、、、

 

お子さん、身体にけががなくても心はボロボロだと思う。
年を重ねるにつれ、親のやったことがわかるようになり、さらに傷つくだろう。
彼がこれから幸せになりますように。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)