比嘉みどりの顔やFacebook!「暗闇保育で泣いても無視」死亡事故の緑のすず乃保育園の口コミ評判,那覇


沖縄県那覇市で一時保育を利用していた生後3か月の男児が死亡する事案が発生しました。

保育園名は「緑のすず乃保育園」で、園長は比嘉みどりさんです。

この保育園の評判や園長について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

 

那覇市内の認可外保育園で7月30日昼ごろ、預けられていた生後3カ月の男児が心肺停止状態になり、搬送先の病院で死亡した問題で、保育園側が男児の死亡を市に報告していなかったことが3日、沖縄タイムスの取材で分かった。市は同日、「周辺の保育園、保護者に不安を与えないように」との理由で、この園が同市楚辺の「緑のすず乃保育園」であるとホームページで公表した。 【写真】保育中になぜ…乳児死亡「保育園は本当のことを話して」母親が訴え 自ら119番通報と心臓マッサージ  児童福祉法施行規則では認可外保育施設は死亡事故などが発生した際、自治体へ報告することが義務付けられている。今回、男児が死亡した事案を市が把握したのは第三者からの情報提供で、病院に搬送されてから約6時間後の同日午後7時ごろだったという。  園の担当者は本紙の取材に対し、「誤解を生まないためにも詳細は話せない」と答えた。事実関係については「当時のスタッフから何があったのかを聞いている。遺族や警察には真実をお話しします」と述べた。  県警は死因のほか、園の安全管理に問題がなかったかを調べる。  市は「事故を検証し、再発防止に取り組む」としている。 (社会部・矢野悠希、城間陽介)

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

7月30日、那覇市にある緑のすず乃保育園で

一時保育を利用していた生後3か月の男児が

死亡していたことがわかりました。

 

 

詳しい経緯⇩

 

 

保護者が保育園に男児を迎えに行くと

なかなか男児を引き渡してもらえず、

15分くらい待たされる

 

 

ぐったりした様子の男児が引き渡される

男児の母親は一目見て「死んでいるかもしれない」と感じ、

その場で119番通報をする

 

これに対して保育園の職員は

「さっきまで横向きに寝ていたので体が冷えている」

「まだ息していますよ」

「生きているから落ち着いてください」

などと発言

 

15分ほど待たせたことについては

「男児の服が汚れていたのでシャワーを浴びせていた」

と保育園職員が説明

 

 

 

 

その後、病院に搬送されたが男児は死亡確認される

死因などはこれから司法解剖する予定

 

以上が経緯です。

 

 

真相究明をしっかりしてほしいですね。

 

保育園側は故意ではないと主張しているようです。

園内には当時保育士資格を持つ園長と資格を持たない職員の2人がいました。

 

園側はRBCの取材に対し今回の事案は故意によるものではないとしたうえで「体調の変化にもっと早く気づければ助けられたかもしれない。遺族と死亡した乳児に対し申し訳ない気持ちでいっぱい。一生償っていく」と話しています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

 

 


 比嘉みどりのプロフィール!顔画像

 

現時点では、園長の名前が「比嘉みどり」という以外

園長の情報は公開されていませんでした。

 

何かわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 比嘉みどりのFacebook

 

 

Facebookにて「比嘉みどり」と調べてみると

複数の同姓同名のアカウントが見つかりました。

 

「比嘉」という名字は沖縄県に多いので

沖縄県在住のアカウントがいくつか見つかっています。

 

現時点では園長らしきアカウントは

見つかっていません。

 

今後、報道などで園長に関して情報などが出てくれば

再度調査を行ってみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 緑のすず乃保育園の口コミ評判

 

死亡事故の起きてしまった

緑のすず乃保育園の口コミや評判について

調査してみました。

 

 

GoogleとYahoo!の口コミを見ると

園内の電気が消えていると

複数指摘がありました。

 

18時頃でも園内の電気が消えて真っ暗で、子供達か泣いていました。先生達も無愛想、お気遣いも全く感じられませんでした。料金設定は1時間200円で凄く助かりますが、安心して預けられません。他のママさんからの評判も悪いので、最終手段で利用させてもらっています。

 

別口コミ通り。昼間でも暗闇保育。 子ども達が大泣きしてかわいそうなぐらいに保育士も無愛想。毎日毎日道路にギャン泣き声が響き渡ってますよ。大丈夫なんでしょうかね

 

電気を消しているのは節電でしょうか…?

子供がいつも泣いているとの指摘もありますね。

 

 

またSNSでも保育園についてのことが書かれていました。

 

 

 

すーみーとは沖縄でよく使われる言葉で

「こっそりのぞき見」の意味だそうです。

 

泣いててもシカト(無視)されていたなんてかわいそうですね。

保育士さんも忙しいとは思いますが、

普段から子供が泣いているという口コミがあるので

無視は日常茶飯事だったのでは?と思ってしまいます。

 

 

今回あまりよくない評判ばかりが

ネット上の口コミとして見つかりましたが、

この園を頼りにしている保護者もいることでしょう。

現状、良い口コミはネット上には見あたりませんでした。

 

 

現在、警察が死亡した男児について

ことの経緯を調べているようです。

 

なので、保育園側に過失があったと

わかっているわけではありません。

保育園に問い合わせなどはしないようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

「誤解を生まないためにも詳細は話せない」 って…。 違うよ。 ちゃんとした理由があるなら ちゃんと説明した方が誤解はうみません。 全国で子どもを預けて仕事をしている 保護者はたくさんいらっしゃいます。 その方たちが、今後安心して子どもを預けられるようにと、ちゃんとやっている他の園にも迷惑がかからない為にも説明は必要です。 子どもの安全が第一優先ですよ。

 

病児保育を国が主導で斡旋していくのを止めたらと思う。病気の子どもを預けてでも夜間でも働けという政府が恐ろしい。看護休暇15日義務付け、安心して子どもの病気の看護や心の安定に向けて政府が動くなら分かるが。夜中でも生後3ヶ月でも病気でも母親を過労死寸前まで働かせる国で少子化対策なんて無理だと思う。

 

この園のグーグルの口コミ見てきました。 事件が起こる1年前の投稿でも、保育環境が悪く保護者からの評判も悪いから最終手段で預けている、と書かれていました。普段から最悪だったようですね。外観もやばそう。こういった認可外保育園は、市がよっぽど気にかけない限り改善しないでしょうし、根絶も難しいと思います。こんなにも悲しい事件、お母様のお気持ちを想像するだけで…息子さんのご冥福をお祈り申し上げます…。

 

 

明らかに死んでるのに冷たくなってるけど気にしないでみたいな感じで早く連れて帰らそうとして、心臓マッサージしていたら「落ち着いてください、息をしています」と言ったらしい。怖すぎる。

 

詳細を話さないから色々疑惑や誤解が増えていくように思いますがね

 

保育園に過失があることが分かっているから説明出来ないんでしょうね…

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)