姫路工学キャンパス|飛び降り自殺した20代男性の身元は?授業初日になぜ…兵庫県立大


5日午前11時ごろ、兵庫県姫路市書写の県立大姫路工学キャンパスで、

23歳の男性が血を流して倒れているのを大学職員の女性が発見しました。

男性は頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。

姫路高額キャンパスに通う学生の可能性があるとして、兵庫県警姫路署が身元の確認を進めています。

 

詳しくみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

5日午前11時ごろ、兵庫県姫路市書写の県立大姫路工学キャンパスで、20代くらいの男性が血を流して倒れているのを大学職員の女性が見つけ、119番した。男性は頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。捜査関係者によると、同キャンパスに通う学生の可能性がある。兵庫県警姫路署が身元の確認を進めている。  姫路署によると、男性が倒れていたのは学内にある「A棟」脇の道路部分。同棟4階の階段付近に、男性のものとみられるかばんと、ダウンジャケットがあった。同署は防犯カメラの映像などから、男性がこの場所から飛び降りを図った可能性があるとみて調べる。  現場の姫路工学キャンパスはJR姫路駅から北西へ約7キロで、主に工学部の学生が学ぶ。5日は冬休み明けの授業初日という。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

5日午前11時ごろ、兵庫県姫路市書写の県立大姫路工学キャンパスで、

20代くらいの男性が血を流して倒れているのを大学職員の女性が見つけました。

男性は頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。

捜査関係者によると、姫路工学キャンパスに通う学生の可能性があるそうです。

男性が倒れていたのは学内にある「A棟」脇の道路部分。

同棟4階の階段付近に、男性のものとみられるかばんと、ダウンジャケットが発見されました。

警察は防犯カメラの映像などから、男性がこの場所から飛び降りを図った可能性があるとみて調べるをすすめています。

 

今日は冬休み明け、初の授業があった日だそうです。

そんな日にこのような事故が起きてしまい、とても残念でなりません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 男性の身元は?

 

今回の事故で亡くなったのは、23歳の大学4年生の男性と報じられました。

それ以外の情報は、現時点で公表されていません。

何か情報が入り次第、追記致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 事故現場は『姫路工学キャンパス』

兵庫県立大学

姫路工学キャンパス

兵庫県姫路市書写2167

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)