開心那の顔,Facebook !プロフや経歴!家族構成!12歳で東京五輪スケボー最年少選手!


 

12歳10カ月で日本人史上最年少で夏季五輪代表が確定した、開心那(ひらき ここな)さんが話題になっていますね。

 

開心那(ひらき ここな)さんは5歳から スケートボードと出会い、数々の優勝を経て、大舞台であるオリンピックに出場する素晴らしい選手となりました。

 

 

開心那(ひらき ここな)さんはどのような人物なのでしょうか。

詳しくみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

開心那(ひらき ここな)が最年少で東京五輪に出場確定!

 

 

 

12歳の開心那(ひらき・ここな、hotbowlskatepark)が47・70点で5位に入り、東京五輪代表入りを確実にした。 五輪予選対象大会で獲得したポイントによる世界ランキングで中村貴咲(21=木下グループ)を抜き、日本勢3番手に躍り出た。

12歳10カ月で挑む夏季五輪は、日本人史上最年少出場となる。 最終滑走の4本目。黒いTシャツとジーンズを身にまとった開は、コースの縁を使って体を回転させるトリックを何度も重ね、仲間たちから称賛されるパフォーマンスを見せた。

終了後には宮崎市出身のスカイ・ブラウン(英国)と抱き合い、岡本とハイタッチ。この日自身最高の47・70点で5位で競技を終えた。 パーク女子決勝に進んだ8人のうち、日本人選手は5人。平均年齢は16歳。若いラインアップの中で、スカイブラウンと並んで最年少。きゃしゃな体つきの12歳はデッキに足を乗せると、大人顔負けの滑走で観衆を魅了した。 大会前の世界ランキングで日本人3番手にいた中村が7位(42・00点)に沈み、獲得ポイントの合算で中村を抜いた。61・71点で優勝した四十住さくら(19=ベンヌ)、57・00点で3位の岡本碧優(14=MKグループ)と共に、東京五輪代表入りをほぼ手中に収めた。10代の女子スケーターたちが今夏表彰台を席巻する可能性が出てきた。

 ◆東京五輪スケートボード種目 「ストリート」と「パーク」の2種目。ストリートは斜面や階段、手すりを模したコースを使用。パークはコンビプールと呼ばれるおわんを組み合わせたようなコースで争う。両種目ともトリック(技)の難度、スピード、構成、独創性などを競う採点競技。ジャンプやスライド技の多いストリートに対し、パークは回転技が多い。

引用:日刊スポーツ

 

なんと、開心那(ひらき ここな)さんは12歳で東京五輪代表入りを確実にしたといいますから、驚きですね。

 

 

わずか12歳でオリンピックとは、、、

並大抵の努力ではなかったはずでっすね。

1936年・ドイツで行われた、冬季オリンピックに出場した、稲田悦子選手が最年少とされフィギアスケート選手とし、わずか12歳にして出場しています。

 

日本五輪では、開心那(ひらき ここな)さんが最年少となりましたから、

 

驚かれたと同時に、世界中から注目を集めたに違いありませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


開心那のプロフィール・顔画像

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿

名前:開心那(ひらき・ここな)

生年月日:2008年8月26日

年齢:12歳

身長:146cm

体重:34kg

血液型:O型

中学校:青翔中学校

住所:北海道倶知安町

趣味:絵を描くこと

 

また開心那(ひらき ここな)さんは、青翔中学校に入学されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿

 

 

入学式の写真にもスケボーがしっかり写っています。

 

どんな時も、一心同体なことがよくわかりますね。

 

 

こんなにパワフルな顔を持ちながら、趣味が絵を描くことで繊細さも兼ね備えているようです。

 

 

 

スポンサーリンク

 


開心那のFacebook、インスタ(Instagram)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿

 

 

『開心那』 『cocona hiraki』等で

Facebookを調べてみましたが、見当たらず不明でした。

しかし、インスタを発見!

 

こちらが開心那さんのInstagramです。

 

また開心那さんのインスタには、EXILESHOKICHIさんとの写真もあり、可愛らしい表情をされていましたよ!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿

 

 

他にも沢山の技が披露されている動画がありました。

 

沢山の練習をこなし、成果を出し続けている開心那さんの経歴も気になりますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


開心那の経歴

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿

 

 

開心那さんは、5歳からスケボーを始めました。

スケボーを始めたきっかけは、開心那さんさんの母親がもともとスケボー好きで

『家族で一緒にできるスポーツをしたい』

ということから家族で始めたことでした。

 

その後、 苫小牧市内の練習パークに通い始め、みんなで一緒に滑ることの楽しさから、どんどん技を習得し、小学低学年から本格的な練習に入ります。

 

 

優勝経歴がこちら!

  •  2017年 

AJSA/日本最大級のキッズスケートボードコンテスト FLAKE CUP KUGENUMA 2017 (神奈川) レディースクラス 優勝

 

  • 2018年

VANS/Vans Park Series 2018 Womans Continental Championship Asia 優勝 (シンガポール)

 

  • 2019年

・木下グループプレゼンツ  第3回日本スケートボード選手権大会 パーク女子 優勝 (日本 新潟県)

 

このように、素晴らしい経歴を残しています。

 

そして、

2019年6月のX-Gamesの予選を通過し、

スケートボード大会の最高峰である8月のX-Games本戦へ史上最年少で出場が決定したそうです。

 

エックスゲームズ(X Games)は、いろいろな種類のエクストリームスポーツを集め、夏と冬の年2回開催されるスポーツ競技大会である。アメリカケーブルテレビネットワークであるESPNによって開催され、アメリカを中心に全世界でテレビ放送される。競技は分類やスタイルによって多種に分けられており、その中で選手たちは金、銀、銅メダルを目指して戦う。

引用:wiki

 

 

このように、国内大会で沢山の結果を残し、さらに世界の大会にも出場するまでになり、さらに、スケボーを極めていくのです。

 

 

こんな背景には、家族のサポートは欠かせませんね。

 

 

家族についてもみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

開心那の家族構成

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿

 

 

開心那さんは、両親と弟の5人家族です。

一般人という可能性が高いため家族の詳細は開示されていませんでした。

 

しかし、こんなにも多くの経歴を残している開心那さんですから、間違いなく、サポート力があり、仲のいい熱心な両親なのでしょうね。

 

今後五輪に向けてのインタビューなどもあるかと思いますので、何かしらの情報があるかもしれません。

何か、わかり次第更新いたします。

 

そしてこちらは、開心那さんの赤ちゃんの写真。とても可愛いですね!!

 

スポンサーリンク

 

五輪は年齢制限無い?

 

 

今回の史上最年少出場に、年齢制限はないの?と疑問の声も!

 

 

12歳で出場できるの?

浅田真央が14歳で年齢制限で出れなかったことなかったっけ?

夏と冬で違う?

岩崎恭子も14歳で出場してたような・・・。

 

年齢制限無いのかね?

義務教育って自己都合で通信教育とかに出来るの?

何だか少し問題な気がする。

 

 

出場制限は、14歳以上じゃないんですね。

 

五輪出場の年齢制限について、調べてみました。

 

 

結論、オリンピック自体に年齢制限は存在しないようです。

 

 

 

 

 

引用:https://www.joc.or.jp/

 

 

第5章 

42 年齢制限

オリンピック競技大会では競技者の年齢制限はない。ただし、IFが競技規則でそれを定め、

IOC理事会より承認されている場合は、その限りではない。

 

 

 

出場する競技者の年齢に、制限が設けられているわけではないようです。

 

 

では年齢制限がある競技とは?まとめてみました。

 

フィギュアスケート

2006年開催の冬季トリノオリンピックの際に

当時14歳だった浅田真央さんが、年齢が原因で出場できなかった事例がありますね。

 

体操

故障などを防ぐ目的などから、出場可能年齢を男子18歳・女子16歳

と定められています。

 

サッカー(男子)

国別の23歳以下の代表チームが出場することが決められています。

「オーバーエイジ枠」(OA枠)でも出場可能。

「オーバーエイジ枠」(OA枠)とは男子サッカーの競技規定における選手年齢の上限よりも年長の選手が出場できる制度です。

 

しかし、元日本代表FWの城彰二さんは、ご自身のYouTubeチャンネル「JOチャンネル」で、「オーバーエイジ枠」(OA枠)について、「断固反対」と持論していました。

OA枠が採用されれば、23歳以下の選手がその分、世界の舞台を経験できなくなることになるためでした。

ちなみに女子サッカーは、年齢制限はありません。

 

 

このように、種目ごとの制限はあるようですね。

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

 

日本人スケートボーダーは、この世代が強いよなぁ。

やっと、世界から認められる様になってきたね。

ほとんどの子が、2世代、もしくは3世代だろうけど。

お父さんを見てスケボーを頑張った世代が世界で活躍できる時代がきたね。

 

 

今回は国外からの参加選手ほとんどいないから、史上最年少のメダリストの誕生も現実的な話です!

 

 

兎に角、頑張って!

失敗なんて気にするな! 

度胸試し、肝試し

 

 

おめでとう、ケガに注意して下さい。

 

 

体が軽いから、飛んだり跳ねたりは子供が有利。極論すると、成長止めて筋肉量上げるのがベスト。体操も間違いなく同じ。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)