廣瀬爽彩さん(14)旭川いじめ旭川北星校教頭ヤバすぎコメント!「学校は責任負えない」加害生徒の未来心配!


旭川の中学生、廣瀬爽彩さん(14)が

凍死して発見されてから、

今日までに様々なことがわかってきました。

その中でも、恐ろしいほどに無責任な

中学校のあり方が取材で明らかになりました。

詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

「加害者にも未来がある」「学校は責任負えない」

https://bunshun.jp

「Y中学校の教頭や先生は爽彩が入院していた病院にお見舞いに来てくれて、『がんばれー、爽彩さん』と励ましてくれました。母親は『爽彩との時間を大切にしたい』と毎日、病院へと通う一方、何度かY中学校にも呼ばれて、学校側から加害生徒の聞き取り調査の経過報告などを受けていました。ただ、母親は爽彩のイジメに相当ショックを受けていて、心労が重なり、体調を崩すことがあったんです。そのため、Y中学校側との話し合いの場には代理人の弁護士に行ってもらうことにしたんです」(同前)

弁護士の同席を認めず「加害生徒にも未来がある」

 母親としては、弁護士にはあくまで自身の代理として調査結果の聞き取りなどを行ってもらう予定だったが、Y中学校側は急に態度を硬化させた。前出の親族が続ける。

「母親が弁護士の同席を学校側に求めたら『弁護士が一緒では話すことができない』と、母親一人で来るように指示を受けました。母親は仕方なく、体調がすぐれない中一人で学校へ行きました。その話し合いの場で、教頭先生から『わいせつ画像の拡散は、校内で起きたことではないので学校としては責任は負えない』『加害生徒にも未来がある』などと突然告げられたそうです。その話を母親から聞かされた爽彩は『どうして先生はイジメたほうの味方にはなって、爽彩の味方にはなってくれないの』と泣いたそうです」

 

 その後、加害者のC男、D子、E子が通っていたZ中学校から「加害者の保護者から謝罪の場を設けてほしいという要請があった」という連絡がY中学校にあった。そこでY中学校とZ中学校は検討を重ね、合同で「加害生徒と保護者が、爽彩さん側に謝罪する会」を開く予定で進めることになった。

 しかし、爽彩さん側が、謝罪の会に弁護士の同席を求めると、Y中学校は同席を拒否。Z中学校は同席を認めたため、結局、謝罪の会はY中学校とZ中学校別々で行われることになった。

https://news.livedoor.com

より一部抜粋

 

取材により新たにわかった衝撃の事実です。

 

 

なんと、爽彩さんがいじめにあっていた時の

在学中学校は、爽彩さんがいじめが原因で

長期入院を余儀なくされても、加害生徒の味方をし、

 

 

娘のあっていたいじめの凄惨さにショックを受け

体調を崩していた母親にも、

 

さらなる負荷をかけるように追い打ちをかけました。

 

 

自分の代わりに、事実を確認してきてほしい、と思っただけの

 

 

弁護士に、出席を拒否。

 

 

さらに、教頭は恐ろしいことを言いました。

 

 

「加害生徒にも未来がある」

 

 

「学校は責任を負えない」

 

 

 

では、爽彩さんの戻らない未来は、

一体だれが責任を負ってくれるのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


SNSのいじめは、学校外部で起きたこと

 

学校で起きたいじめが、SNSを通じて外部に広がった。

 

それは事実でしょう。

 

ですが、その温床となる学校が、

 

加害生徒の味方をする。

 

被害者は泣き寝入りをしろ、ということを

 

まさに学校で教えているようなことになりました。

 

そして加害生徒は、

 

子供であることを盾に取れば、

 

人の命を奪わせるようなことをしても構わないと、

 

まさに教えたことになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


外部校からの謝罪願い

https://news.yahoo.co.jp

謝罪を申し入れてきたのは、

 

爽彩さんが通う学校ではありませんでした。

 

あくまでも、爽彩さんが通っていた学校は、

 

爽彩さんではなく、加害者生徒の肩を持ち続けました。

 

本来ならば、一番にそういった謝罪の場を儲けるべき学校が、

 

加害生徒の肩をもつ。

 

学校は責任を取れない、と言い逃れをする。

 

信じられませんよね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


加害生徒からは反省が感じられない

https://bunshun.jp

 

 紛糾したのはY中学校での「謝罪の会」だ。Y中学校も最終的には弁護士の同席を認め、Z中学校から遅れること2週間、2019年9月11日に会は開かれた。爽彩さんの母親と弁護士、A子、B男とその保護者がY中学校のミーティング用の教室に集まった。

「音声の録音は禁止され、学校は『弁護士が同席するのなら教員は同席しません』と、最初に学校側の校長と教頭が挨拶だけして教員は全員退席しました。あくまで学校側は場所を貸すだけということだったようです。母親が鮮明に覚えていたのは、その場でのA子の態度です。イジメのことを尋ねても『証拠はあるの?』と逆にこちらに突っかかってきたり、足を投げ出してのけぞって座ったりと、とても反省している様子は見られなかった。その様子を見てもA子の保護者は注意することもなく、『うちの子は勘違いされやすい。本当は反省している』と言っていたそうです。A子の担任の先生が同席していれば、また違ったのかもしれないですが、あまりに酷すぎます。一体何のために集まったのかよくわからない会だったと話していました」(同前)

https://news.livedoor.com

 

信じられないのが、加害者の態度です。

 

教頭は、「加害生徒にも未来がある」と言ったそうですが、

 

ここが謝罪の場であるということを理解していないのか。

 

勘違いされやすいなら、なぜ正さないのか。

 

 

無関係の人から見ても、信じられない様子です。

 

子が子なら親も親、と言われても仕方がないかと…。

 

本当は反省している、というその言葉が、

 

反省していない何よりの証拠ではないでしょうか。

 

 

いじめの内容に比べて、あまりに幼稚な態度。

 

幼稚だからこそ、悪意のある態度とも言えますね。

 

これからもこの子供達が、

 

未成年を理由に、法に守られて社会に出た時、

 

本当に何をするかわからない。

 

 

そう思う人も多いのではないでしょうか。

 

子供だから責任能力がない、と見逃されるなら、

 

学校が責任を負えない、と言い切る中、

 

誰が責任を取るのでしょうか。

 

 

いじめた者は罰されず、被害者だけが泣き寝入り、という

 

加害者に甘い社会、がすでにできているのです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

報道からウッペツ川には口コミが

 

爽彩さんが入院するきっかけになったのが、

 

ウッペツ川飛び込み事件です。

 

 

現在、マップには、ウッペツ川に、

 

報道を読んだ方からの口コミがいくつか付いています。

 

 

一部抜粋します。

 

文春オンラインで記事を拝読。 14歳の少女が凄惨なイジメの末、亡くなった。女子高生コンクリート詰め事件に匹敵するほどの悪質極まりない卑劣な行為と言動の数々。加害者の子も子なら親も親か…と感じてしまった。 問題を増やしたくない教師の言葉と態度。 被害を受けた子のいじめに遭う前と後で描いた絵の違いに胸を抉られた。 少年法は撤廃すべきだ。被害者だけが実名報道・イジメの経緯を世間に知られる。加害者は名前すら出ない。罪の重さに年齢は関係ない。「普通」に生きていくことは許されていいのか…?

 

私も「文春オンライン」の記事を読みました。ここに投稿するのにふさわしくないかもしれませんが、土地勘があるのでマップを見ました。 亡くなった少女のご冥福をお祈りします。と言うよりほかに言葉が見つかりません。とても怖くて、つらくて、悔しかったと思います。残された絵を見ると、繊細なタッチと心の内がストレートに伝わってきます。きっと細やかな感性を持った人だと思われます。 この国からいじめが無くなるまで、あと何人死ななければならないのか、暗澹たる思いでいっぱいです。旭川はいいとこなんですけどね。 地域、学校、行政が本気になって取り組まないと、「いじめのまち、旭川」になりかねないと、思います。 「・・・でないと、死んだ子が浮かばれないっしょ」
 
 
 

今回のイジメだけが、いじめの凄惨さを訴えるものでは
 
 

ないということは確かです。

 

ですが、確かに本当に本気で取り組まなければ、

 

いじめはなくならないでしょう。

 

爽彩さんからの渾身のメッセージですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

学校名、担当教師名、加害者指名全ての公表するならいいんじゃない?未来があるんでしょ?加害者にも。であれば『未来を絶たれた被害者』の分も『実名』だして『罪を背負って』『罪を償いながら』『命を落とした被害者の生きてたであろう年月一緒に生きてあげないとね。』それなして加害者の未来?ないを言っているのか分からない。被害者は守られず、加害者は守られる世の中っておかしいよね?まぁ、そのうちネットで誰かしら全てを明らかにするんだろうけどね。

 

まずイジメって言葉で矮小化するのをやめるべきでは?
イジメじゃなくて、強盗、恐喝、暴行でしょ?

 

本当にこういう加害者の親はどういう育て方をしてるんだろう
同じ人間とは思えない読んでると反吐が出る

 

 

学校出てすぐ先生先生て…

一回社会に揉まれてからでも遅くないのでは?

生徒にとってもそのほうがいい

先生や学校に期待をしてはいけません。

 

 

“加害者にも未来がある”
確かにそれは当然だがその前に加害者が行った事を正面から向き合うようにしないで事務的に解決する姿勢に問題があるのだよ
少なくともこの加害者達が一生償わない事をしないでなにが更生した事にはならないし関係者もそのつもりでやらなくては加害者の未来なんて語る資格無し

 

 

悔いて一生を生きるならな。
でも、悔いないどころか、普通に生きないどころか、武勇伝として語っちゃうのが目に見えている。

 

 

加害者にある未来は、イジメを行なったという事実を一生背負って、亡くなった方へ謝罪の気持ちを持って生きていくという未来しか残されていないのでは無いのでしょうか。

 

自分達のやった事の大きさを身をもって体験させたら良いのでは?アメリカの番組であまりに酷い子供に刑務所で体験させるのがあったけどそのくらいしないと解らない、将来があるのでは無く将来の成り果てを経験させないと理解できないのでは?人の痛みを教えるべき、親や教師にも同じおもいをさせたらいいのでは?人を殺めたのだから、やられた側はひとごとではないのだし

 

 

被害者にも未来があった。
その未来を、そして当時の現在を踏みにじったわけですから、
加害者と学校を刑事と民事の両方で告訴し
記者会見を開けば良い。
お母様には記者会見の場がお辛ければ、弁護士に一任して、訴える側の氏名や訴える内容や訴えるに至った経緯を発表されれば良いと思います。
加害者も学校側も自分達が何をしたかなんて理解してないわけですから。
加害者に未来があるなら被害者にした事と同じ事をされても平然と普通に生きていけるという事でしょう?
いっそ被害者にした事を、自分達で再現してネットにアップして貰いたいくらいの怒りを感じます。
加害者は未来を生きる為に罪を償うべき。
裁判には費用も掛かりますし、メディア対応出来る弁護士さんはそれなりの報酬が掛かりますが、ネット上で、支援金を募られれば良いかと思います。
泣き寝入りせず、娘さんの悔しさを晴らして下さい。

 

やはり、ネットでは、加害者に対する怒りで

 

溢れていました。

 

それと同時に、学校側の対応にも、

 

かなり批判の声が上がっています。

 

確かに、学校外での出来事に、

 

どれだけ学校が介入するか、

 

そして加害者生徒にも未来があるというのは

 

本当のことでしょう。

 

ですが、SNSが発達している今の世の中で、

 

対応がSNSがない平成1桁や昭和のもののように思えるのは、

 

一人ではないようです。

 

学校の先生も大変なのはわかります。

 

でも、それこそ、子供たち一人一人の未来を

 

自分が背負っているのだ、という意識を

 

少しでも持ってほしい、と思ってしまうのは、

 

間違っているのでしょうか?

 

 

今いじめに泣いている子達も、

 

自ら命を絶っても、

 

加害者は全く反省しないのだ、ということを、

 

よく見ておいてほしい、と思ってしまいます。

 

爽彩さんのご冥福を、

 

心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)