広島で児相保護の10代が自殺?「離れたくない」母と半年面会できず落胆していた!児童養護施設で死亡!


広島県で、昨年10月に児童相談所に一時保護された10代のこどもが施設で死亡しました。

 

 

この10代の子どもは、自殺したとみられ直前に母親と会えないと聞いて落胆していたそうです。

 

 

一時保護は児童福祉法に基づき児相が子どもを家庭から引き離す措置で原則2か月以内だということですが、児童相談所は施設への入所を求めて家裁に審判を申し立て引き離し措置が延長されていたということです。

 

 

なぜ、この10代は母親に会えなかったのでしょうか?

 

 

この10代の子どもが児童相談所に入所した経緯などを調べていきたいと思います

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

10代の子どもが児童相談所に入所した理由は?

 

 

 

 

 

Yahoo!ニュースより引用

まず、昨年4月20日に県西部こども家庭センターに一時保護されたとのことです。

 

その後、10月31日に、委託先の児童養護施設の自室で倒れているのが見つかり搬送先で死亡が確認され、同時に部屋には遺書とみられるメモがあったとのことです。

 

 

 

通常、児童相談所などに保護される子供のイメージというと、家庭内で両親の暴力を受けていたりなどネグレストだったり、両親が何らかの事情で蒸発したりというようなことが多いと思います。

 

 

今回の場合は母親による暴力などではなく、経済的に困窮していたということなのでこの子どもは母親とやむを得ず離れたということになります。

 

 

このように、半ば無理やり離れた子どもが母親に会いたいと言えば会わせてあげてもいいのではないかと思います。

 

 

しかし、児童相談所は母親と子どもが何度も面会を希望していたのにも関わらず、子どもの心理状態への影響があるとして、認めなかったそうです。

 

 

 

児童相談所の役目は、成長期の子どもに寄り添い、精神的・身体的な傷を負ったりすることを防いだりすることが目的のはずですが、今回のこのケースは全く子どもと母親の気持ちを汲むことなくただ単に、児童福祉法というものに基づき頑なに面会を却下したのです。

 

 

 

この面会拒否が逆にこの子どもを精神的に追い込んでしまっただけだと思いますが、何故児童相談所の対応はこんなにも事務的なのでしょうか。

 

 

 

県に対し、再発防止策を提言したということですが、その内容は、第三者が子供の意見を聞いたり児童相談所の面会制限の是非についての意見を述べたりするとのことです。

 

 

 

第三者が子供の意見を聞いたりする、ということが日頃行われていなかったとしたら、この児童相談所の存在自体が非常に疑問ですよね。

 

 

 

ただ単に名前だけの事務的な機関なのか、それとも子供の保護に本気で取り組んでいるのか。

 

 

 

機関は違いますが、教育委員会なるものと同じような匂いがします。

 

 

 

『重く受け止め、対策に取り組む。』というコメントですが、いつもこのようなフレーズを聞いているせいか、凄く事務的に聞こえてしまいます。

 

 

 

極端な言い方をすれば、この10代の子どもは、児童相談所という施設に殺されたといっても過言ではありませんし、完全なる職務怠慢であります。

 

 

 

 

少子化の時代で、子どもという存在は非常に尊いものですので、本当にこのような事故が今後二度と起きないように、もっともっと子供たちの心に寄り添ってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 


児童が入所していた施設はどこ?

 

調べてみたところ、広島県には全部で13の児童養護施設がありました。

 

今回、保護を委託していたのは、県西部こども家庭センターということですので、広島県西部にある施設だと推測します。

 

 

引用:広島市HP

調べてみた結果この中で、県西部こども家庭センターに一番近いのは定員も一番多い広島修道院です。

 

この施設が今回の10代の子どもが居た施設かどうかは現時点ではわかりませんが、有力候補だとは思われます。

 

施設によって、定員数も大幅に違いますし、もしかすると年齢層によっても入所できる場所とそうでない場所がある可能性もありますので何とも言えない状況です。

 

 

今回の10代児童の関して、以下のような文書も公表されていますがこちらでもやはり入所していた施設名については伏せられていますね。

 

 

引用:広島県庁HP

 

これらの情報に関しましては、今後も調査を続けていきます。

 

判明しましたら、追って掲載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 


ネット内での反応は?

 

 

 

 

自発的に児相に相談に来たんだから解決に向けての意欲もあったのに何で保護したんだろう。
母親が「私が児相に相談したばっかりに」とならなければいいが。

児相保護の10代が自殺か、母と半年面会できず落胆…「離れたくない」と訴え(読売新聞オンライン)#Yahooニュースhttps://t.co/LXqfQG58rV

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)