【北海道芽室町毛根北8線】スクールバス横転!原因は飲酒運転?児童の安否は?


 

27日の朝、北海道十勝の芽室町でスクールバスが横転する事故が発生しました。

スクールバスに乗っていた児童は無事?

なぜ、スクールバスが横転した?

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ニュース内容 

 

27日朝、十勝の芽室町で登校途中のスクールバスが路外にはみ出して横転し、乗っていた小学生と中学生あわせて5人がけがをしました。  

27日午前8時まえ、芽室町毛根北8線で、清水町方向に走っていたスクールバスが反対車線側の路外にはみ出して横転しました。この事故で、芽室西小学校の児童5人と芽室西中学校の生徒5人、それに運転手のあわせて11人が病院に運ばれ、このうち5人の児童・生徒が軽いけがをしました。当時、路面は圧雪状態で、吹雪で視界が悪く、運転していた男性は「わだちにハンドルがとられた」と話しているということです。警察が事故の原因を調べています。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 


 児童や生徒の安否は?

 

芽室西小学校の児童と芽室西中学校の生徒が

登校途中で、今回の事故が発生しました。

 

 

 

 

小学生5人と中学生5人のあわせて10人と

運転していた男性が病院に搬送されたようですが

このうちの5人が軽いけがをしただけで

ほかの6人は特にけがなどもないようです。

 

児童、生徒みなしっかりとシートベルトをしていたのでしょか?

死者が出なくて本当によかったですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


 事故発生現場の道路はここ!

 

事故が発生した地域の地図がこちらになります。

 

事故発生当初、路面はかなりの雪が積もっている状態で

さらに、吹雪により視界がとても悪い環境だったようです。

 

運転していた男性も

「わだちにハンドルがとられた」

と証言しているとのことです。

 

事故が発生した道路は

芽室町毛根北8線

です。

 

 

さすが北海道ですね。

この画像は、雪が積もっていない状態ですが

もし雪がたくさん積もっていて

さらに吹雪となると

かなり視界が悪くなってしまうことが

わかりますね。

 

スポンサーリンク

 


運転手の名前や顔!

運転していた男性について独自のルートで調査してみました!

しかし、現時点では名前なども一切公表されておらず

分かっていることは、男性であるという事です。

 

スクールバスを運転している男性といわれると

すこし高齢の方というイメージもありますが

実際のところどうなのでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 本当の原因は飲酒運転?

少し前になりますが、北海道のスクールバスの事故でこんなことがありました。

 

北海道猿払村内の国道238号を走行していたスクールバス(中型バス)が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路外に転落する事故か起きた。バスは横転して中学生8人が負傷。警察は運転していた68歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

北海道警・稚内署によると、現場は猿払村浜鬼志別付近で片側1車線の直線区間。同村が所有し、中学校のスクールバスとして運行していた中型バスは斜行するようにして対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側路外で転落した。

バスは横転小破。乗っていた中学生8人は打撲などの軽傷。運転していた浜頓別町内に在住する68歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出したため、警察は道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「前夜に飲んだ酒が残っているような気はしたが、大丈夫だと思った」などと供述しているようだ。直接の事故原因は凍結路面でのスリップとみられ、警察は事故発生の経緯を詳しく調べている。

(引用:https://resemom.jp/article/2012/12/06/11179.html

前日に飲んでいたお酒が残っている感じが、自身でもわかっていたのに

それでも運転をし、事故を起こしてしまったという内容です。

こちらの事故も死者が出なかったことがなによりですが

たくさんの命を預かっている状態の人が

こんな適当な感覚で運転など絶対にしてほしくないです。

 

 

今回、運転していた男性からは

アルコール分を検出したなどと報道はなかったので

ただ単に、事故を起こしてしまったということでした。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

スクールバスや公共の運転者は、特に安全が確認できないときには車を止める勇気も必要です。今回はこの程度で済んで幸いでした。

なお、世の中にはホワイトアウトで視界ゼロの状況でも車を止めては駄目だと思い込んでいるドライバーも大勢いますので、そちらの注意も必要です。

 

>運転していた男性は「わだちにハンドルがとられた」

雪道ですからね。
スクールバスですから、安全運転は心掛けてたと思いたいです。
ただ、本当にわだちにハンドルとられたとしても、わだちでは安全義務違反は免れないでしょう。

死亡者が出なくて何よりでした。
ケガをされたお子さま方の、一刻も早い快復をお祈り申し上げます。

 

軽い怪我だけで済んだのが不幸中の幸わい。
お大事に。

 

スクールバス走るんだから轍くらい削って置かないとダメだよ。

 

死人が出なくてよかったが、全員シートベルトしていたのだろうか
シートベルトしていれば無傷だったのではないだろうか

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)