女子トイレに侵入した56歳男性教員の顔やfacebook!『気持ちが女性だから』北海道札幌市豊平区の大型書店!


正当な理由がなく、女子トイレに3回も侵入したとして、56歳の男が逮捕されました。

 

建造物侵入の疑いで逮捕されたのは自称、北海道札幌市豊平区に住む教員56歳の男です。

 

男は、5月29日午後6時45分ごろに、札幌市豊平区の大型書店内の女子トイレに正当な理由がなく侵入したとして店の従業員に逮捕されたとのことです。

 

男は、その後通報で駆け付けた警察官に引き渡されました。

 

この事件や自称教員の男について調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

報道の概要

正当な理由がないのに大型書店の女子トイレに侵入したとして、56歳の男が逮捕されました。  建造物侵入の現行犯で逮捕されたのは、いずれも自称、北海道札幌市豊平区に住む教員の56歳の男です。

男は5月29日午後6時45分ごろ、札幌市豊平区の大型書店の女子トイレに正当な理由がないのに侵入したとして、目撃した店の従業員に逮捕されました。

男はその後、通報で駆け付けた警察官に引き渡されました。  調べに男は入った事実は認めた上で、「戸籍上は男だが、気持ちが女性だから入った。当時お腹を下していたので3回ぐらい女子トイレに入った」と話していて、警察が詳しい経緯を調べています。

Yahoo!ニュースより引用

最初に逮捕したのは店の従業員の方だったということで、とても勇気がいる行動だったと思います。

 

 

 

たまたまこの逮捕された男が暴力的ではなかったため、逮捕に応じたのでしょうが下手するとけがをさせられたりすることもあると思います。

 

『気持ちは女性だから入った。』ってこの言い訳にはあきれますね。

いい歳して、今更何を言っているのだろうと・・・

 

 

恐らく、今回たまたま入った訳ではなく普段より常習的に女子トイレを使用していた可能性はありますよね。

 

 

教員ということなのですが、学校ではどうだったのでしょうか?

 

 

恐らく、学校では他の教員の目や生徒や児童などの目もありますし、そもそも道徳的に絶対にしてはいけないことなので我慢していたものと思われます。

 

 

気持ちが女性ということを否定するつもりはありませんが、もし女子トイレを使用したいのであれば当然、戸籍を女性に変えてからですよね。

 

 

今では、性転換手術などもありますが、56歳という年齢なので幼い頃から心が女性だったとしてもそういったことになかなか理解が得られない難しい時代でもあったと思います。

 

 

そういった面で、この男も相当つらい人生だったかもしれません。

 

 

だからといって、それを理由に無許可で女子トイレに侵入していいという正当な理由にはなりませんし、そういった理由が通じるのなら、『心が女性だから女風呂に入った』という男が続出することでしょう。

 

 

たまたまおなかを下してしまったことをいいことに女子トイレに侵入してしまい、56歳という年齢で公務員という職まで失ってしまうこの男は、この先も同じことを繰り返すのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


男のプロフィール

名前:不明

年齢:56歳

住所:北海道札幌市豊平区

職業:自称教員

容疑:建造物侵入

 

現状、自称教員となっていますが逮捕時点では教員ということを証明できるものが何もなかったのでしょうね。

 

心が女性ということですが、興味本位で顔も見てみたい気がしますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

逮捕現場の大型書店特定!

 

調べたところ、札幌市豊平区には20店もの書店がありました。

 

その中でいわゆる大型書店とよべそうな店舗は4店舗でしたが、特手はできませんでした。

 

以下の4店舗のいずれかの可能性が高いものと思われますが定かではありません。

 

 

未来屋書店 西岡店

書店 i・BOOKイトーヨーカドー福住店

アシーネ 東札幌店

コーチャンフォー ミュンヘン大橋店

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ネットの声

 

 

本当に性同一性障害かどうかは事情の知らない第三者からは絶対にわからない。

実際に本来は軽犯罪のために女子トイレに侵入したにも関わらず、こういった言い訳をする輩も出てくるわけで、やはり先日の経済産業省職員の東京高裁判決は正しいともいえる。

本人の気持ちの問題ではなく、周囲の人が(この場合、女性が)同一のプライベート空間に男性と思われる人物がいてどう思うかが問題だと思います。
現実は男性として扱いトイレの使用制限は仕方ないのではないか。
実際に彼女や娘さんの隣の個室に男性がいたら…
想像したら当然嫌な気分になると思いますが。

 

我が職場にも似たような問題が有りもう何年間も特に女性は嫌な思いをしている。特に最近は世論の後押しがあると勘違いして本当にひどい状況になってきた。
ジェンダーフリー推進者らはこんな悲惨な現場を分かっているのか!

 

ほらね、出たよ。言った者勝ち。トランスジェンダーかどうかは本人にしかわからない。ほかでトランスジェンダーを擁護するなら今回も擁護しないとおかしいでしょ。ってか、こう言うことがあるから見た目男は女子トイレに入っちゃダメなんだよ。
擁護はわかってるのかな?

 

自民党の稲田とか立憲のレンポーとかその他左翼議員は、この男性を擁護するコメントを出しなさいよ。特に稲田は弁護士なんだから、この男性の行動を皆が納得できるように弁護してみなさいよ。

 

個人の権利は他人の権利を侵さないことが大前提だからね。この人が本当にLGBTかはわからないけど本当にこういう問題は起こる。この場合は今回みたいなケースになるのは仕方ないと思うわ。他の人も言ってるけど私の妻や娘がトイレでこのような人と遭遇し辛い思いをしたら憤懣やる方ないですよ。

 

「気持ちが女性」てのがよくわからない。共感力や観察力があって可愛いものが好きってことかな?逆に「気持ちが男性」に置き換えたら男性からしたらもっと分からなくなる。

 

心の問題なのはとやかく言うつもりは無いですが、それが嘘で言い訳に使ったとしたら許せないと思いますね。

まあ立証するのは難しいかも知れませんが。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)