北海学園大学山鼻キャンパス(札幌市)実験室で火事!出火原因や詳しい場所は?Twitter情報


3日昼ごろ、札幌市中央区の北海学園大学山鼻キャンパスの実験室で火事の通報がありました。

3日は祝日のため、実験室に人はいなかったようです。

何が原因だったのでしょう。

情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

 
 

3日昼ごろ、札幌市中央区にある北海学園大学山鼻キャンパスの実験室で火事がありました。  けが人はいません。  火事があったのは、札幌市中央区南26条西11丁目の北海学園大学山鼻キャンパスです。  午前11時半ごろ豊平区にある豊平キャンパスの警備員から「実験室で煙が充満している」と消防に通報がありました。  警察などによりますと、火はおよそ30分後にほぼ消し止められましたが、実験室の内壁およそ5平方メートルが燃えました。  けが人はいません。大学関係者によりますと、火事があったのは「工学部1号館」の1階にある実験室で、3日は祝日であったため、実験室に人はいませんでした。  警察は火の出た原因を調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

札幌市中央区にある北海学園大学山鼻キャンパスの実験室で火事がありました。

火事が起きたのは3日祝日で、実験方法には人がいませんでした。

よってけが人などはいないようです。

 

人がいない実験室でなぜ出火したのでしょうか。

火事の詳細についてみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


北海学園大学山鼻キャンパスの場所

 

火事が起きたのは、札幌市中央区南26条西11丁目の北海学園大学山鼻キャンパス、工学部1号館の1階にある実験室です。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 火災の原因は?

 

出火原因は現在調査中のようです。

 

自分が大学生だった頃は、理系の研究棟に住みついている人が結構いたんだけどな。
そういう人が料理でもしていたんじゃないだろうか・・・

人はいなかったと報道があるので、料理が原因とは考えにくいですが。。

実験室ということでなにか薬品が原因だったのでしょうか?

人が手を加えなくても発火しているとしたら、こわいですね。

放火という見方は今のところでていないようです。

 

続報を見守ります。

 

追記

原因は近くで行われていた工事が原因とみられているようです。

当時、工事業者が、実験室近くの屋外で、雨でぬれた舗装を乾かすためにガスバーナーを使用していたということで、警察はガスバーナーの火が何らかの理由で建物に燃え移ったとみて、火の出た原因を調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp

 

 

スポンサーリンク

 

 


 現場の状況やみんなの反応

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)