星朋之の顔!facebook特定!ウイスキーの瓶で殴って殺害!?場所は中野区マンション!


9日の午前10時過ぎに、中野区中央区のマンションにて30代の男性が心肺停止の状態で発見、其の後病院に搬送され死亡するという事件が発生しました。

警察はその場にいた部屋の住人・星朋之容疑者を逮捕しました。

二人の男性の間に一体何があったのでしょうか?

調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

 

 

9日午前、東京・中野区のマンションで30代の男性が心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。警視庁は、その場にいた47歳の男を緊急逮捕しました。 警視庁によりますと、逮捕されたのは、職業不詳の星朋之容疑者で、9日午前10時すぎ、中野区中央の自宅マンションの部屋で、知人の30代の男性の頭をウイスキーの瓶で殴った上、両手で首を絞めるなどしてケガをさせた疑いがもたれています。男性は病院に搬送され、その後、死亡が確認されました。 調べに対し、星容疑者は「口論となり、カッとなって瓶で頭を殴り、ケガをさせてしまった」と容疑を認めているということです。 2018年には、双方から「暴力をふるわれた」などと警視庁に相談があったということで、詳しい経緯を調べています。

(出典:https://news.yahoo.co.jp/

9日午前10時過ぎ、東京都中野区のマンションの一室で心肺停止の30代男性が発見され、病院に搬送せれましたが、その後死亡が確認されました。

逮捕されたのは事件現場となったマンションの部屋の住人である星朋之容疑者(47)です。

星朋之容疑者は被害者の頭をウイスキーの瓶で殴り、両手で首を締めという傷害の疑いがあるという事です。

警察の調べによりますと、星容疑者は

「口論になり、カッとなって瓶で頭を殴り、ケガをさせてしまった」

と容疑を認めているようです。

また、119番通報したのはマンションの管理人で、通報時は星容疑者もその場にいて落ち着いた様子だったようです。

しかし、ウイスキーの瓶で殴り、両手で首を締めるとは、いくら頭に血が上っていたとはいえ強い殺意を感じてしまします。

しかも、この二人は2018年に「暴力をふるわれた」と警視庁にお互い相談していたといいます。

二人の間には以前からトラブルがあったという事ですが、詳しい内容は明らかになっていません。

一体二人はどのような関係だったのか、一体何があったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 


星朋之容疑者のプロフィール!

名前 星朋之

年齢 47

住所 東京都中野区中央

職業 不明

容疑 傷害

星朋之容疑者について明らかにされている情報は以上です。

事件現場となったマンションの部屋に住んでいるという事ですが、

そのマンションはどこなのでしょう。

リサーチしてみました!

 

スポンサーリンク

 


事件現場となった容疑者マンション特定!

中野坂上駅に程近いシャルマン中野坂上ではないかという情報を入手しました。

事件の映像からしても確かな情報だと思われます。

 

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

動機は!?

今現在、同期に関しての報道はどのメディアもされておらず確実な情報は得られませんでした。

この二人の関係は一体何だったのでしょうか。

2018年にも警視庁に相談していたのだから、仲がよい友人関係だとは思えません。

しかし、関係か今でも続いていたという事は、仕事関係か、同じマンションの住人か。

また、通報したのが管理人だった事も気になりますね。

やはり同じマンションの住人でトラブルがあり、以前から管理人に相談していた可能性もあります。

今後、被害者の情報と共にリサーチを続けていきますので、続報をお待ちください!

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

昨今、人間力が低下してるよな。激昂するのは仕方ない。でも そんな時こそ自らをクールダウンさせるアンガーマネジメントが必要なんだよ。激しい口論で互いが歩み寄れるケースはまず無いので、そんな時は物理的に距離を置くスキルが大切。

 

酒が絡む事件や事故をもっと厳罰化するべきだ
大麻が厳しく取り締まられる一方でアルコールは飲酒運転や事故等も含め刑罰が軽すぎる

 

状況がよくわからないが、被害者につきまとわれていたのか、脅されていたのか、それで、発作的に殴ってしまったのか。そういう状況が続いたら、これでお終いにしたいという気持ちもわかる。

 

第三者であるだろう、管理人から通報があったのが謎なんだけど。
部屋が五月蠅いから様子を見に行ったら死んでいたって事?
それとも加害者が管理人に電話をかけたとか?
フィクション的だったら、真犯人をかばうために加害者を演じている?
単純なことなのかもしれないけど、ちょっと謎。

 

瓶で人の頭を殴るいうのはパフォーマンスという意味でいうのなら、ちゃんと殴り方いうものが存在する。
底の角で頭蓋骨を殴りつけたらたいていの頭蓋骨は陥没して
致命的なことになってしまう。
金属バット振り回すような演出だって一緒。
金属バットで頭蓋骨をジャストミートしてしまったら
生き残れる人なんてそうそう居ない。
だからこそそういうものはそうそう手にしちゃいかんのよ。
感情が高ぶってるときに。
正当防衛も含めた緊急避難でそれらを振りかざしたというならまだしも、そうでもないのに威嚇も含め初めにそれを手にしたらそれは手にした時点でそういう結果を見越して手にしましたね、と認定されても致し方ない。手にした時点では殺意はなかったとか言い出すのは見苦しい言い訳でしかない。

 

この人達がどういう関係かは知らないが、ダル絡みしてくる酒飲みの頭にビールジョッキフルスイングしたくなる気持ちは分かる。

 

>2018年には、双方から「暴力をふるわれた」などと警視庁に相談があったということで、詳しい経緯を調べています。

っていうことは今回の加害者と被害者が逆になる可能性もあったってことだな。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)