福岡宗像市自由ケ丘でビニールに包まれた遺体の身元は50代兄弟か?自宅特定や犯人の特徴は?


8日午前10時40分ごろ、福岡県宗像市自由ケ丘8の民家でビニール袋に包まれた遺体が見つかりました。

この民家には50代の兄弟が2人で暮らしていましたが、

現在も連絡が取れない状況だということです。

亡くなっていたのは、50代の住民の方なのでしょうか?

殺人事件の可能性は?

事件をみていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

 

 8日午前10時40分ごろ、福岡県宗像市自由ケ丘8の民家でビニール袋に包まれた遺体が見つかった。捜査関係者によると、民家は50代の兄弟の2人暮らし。

いずれも連絡が取れないという。県警は、死体遺棄事件の可能性があるとみて調べている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

福岡県宗像市自由ケ丘の民家でビニール袋に包まれた遺体が見つかりました。

この民家に住む50代の兄弟2人と連絡が取れていない状況です。

警察は死体遺棄事件の可能性があるとみて調べているということです。

 

遺体を発見したのは、訪れた裁判所職員の男性でした。

裁判所職員人が自宅に訪問してくることなんて、そうそうないと思うのですが、

何かトラブルでもあったのでしょうか。

 

速報ということもあり、事件に関する情報がほとんど出ていません。

詳細な情報が入り次第、更新致します。

しかし、ビニールに包まれているという時点で、他殺の可能性が高いのかもしれません。

 

【追記】

新たな報道によると、この家は差し押さえされていたことが分かりました。

裁判所の職員が訪れたのは、住民と連絡が取れなかったため、鍵を使って中に入ったということです。

さらに遺体は、住宅2階の押し入れに黒い袋に入った状態で発見されました。

遺体は一部ミイラ化するなど、死後、相当な時間が経っているということです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 遺体の身元は?

 

 

民家でビニールに包まれた状態で発見された遺体ですが、

身元については一切公開されていません。

分かっているのは、成人の遺体ということだけで、性別も不明です。

1人なのか?それとも2人なのかも公開されていませんでした。

しかし、住民の50代の兄弟である可能性を考えてしまいますね。

 

身元についての情報が入り次第、更新いたします。

 

【追記】

この家に住む住民は59歳と58歳の兄弟

と判明しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 現場となった自宅特定

 

遺体が発見されたのは、福岡県宗像市自由ケ丘8

にある、大きな一戸建てです。

 

 

 

 

 

 

 

住宅が立ち並ぶ静かな街並みですね。

民家の詳細な住所は分かっていません。

引き続き調査をすすめておりますので、もうしばらくお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 犯人像は?

福岡県宗像市の住宅で発見された遺体は、一部ミイラ化するなど死後相当な月日が経っていました。

そのため、犯人についての手がかりが掴みにくいと思います。

 

最新の報道では、

警察は弟が何らかの事情を知っているとみて、行方を捜しています。

と記載がありました。

 

この住宅に住む弟の行方を捜しているということですから、

遺体となって発見されたのが住民であれば、兄ということになります。

弟は一体どこにいるのでしょうか。

 

今後の報道で何か情報が入り次第、お伝えいたします。

 

 

 

 

 

ネットの声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)