兵庫県稲美町火事の住所特定|叔父の名前や顔・顔写真!家族と顔を合わせない引きこもりだった!


11月19日の夜、兵庫県稲美町で木造住宅が全焼する火事がありました。

この火災で、小学生の男の子2人と、その母親の兄の3人と連絡が取れていませんでしたが、

本日子供と見られる2人の遺体が発見されたということです。

さらに最新の報道では、この火災が「放火」の可能性があると報じられました。

一体誰が放火したというのでしょうか。

警察は叔父が何らかの情報を知っているとして所在の確認を急いでいます。

詳しくみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

兵庫県稲美町の住宅で19日に発生し、2人の遺体が見つかった火災で県警は21日、加古川署に捜査本部を設置し、現住建造物等放火事件として捜査を始めた。遺体は体の大きさなどから住人の小学生兄弟とみられ、県警は住宅に同居し、行方が分からなくなっている50代の伯父が何らかの事情を知っているとみて調べている。

 県警によると、住宅には小学生の兄弟と父母、母の兄に当たる伯父の5人が暮らしていた。火災後、兄弟と伯父の3人と連絡が取れなくなっており、県警は遺体の身元の特定を急ぐほか、出火原因などを調べている。

 出火当時、父は仕事に出ていた母を迎えに行って不在で、捜査本部は在宅していたとみられる伯父の行方を追っている。

 火災は19日午後11時50分ごろ発生し、木造2階建て住宅延べ約220平方メートルが全焼。隣家にも延焼し、一部が焼けた。約4時間半後に鎮火し、玄関脇の一室付近から1遺体、廊下付近から別の1遺体が見つかっていた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

兵庫県稲美町の住宅で19日に発生した火災で、2人の遺体が見つかりました。

遺体は体の大きさなどから、この家に住む小学生の兄弟とみられるということです。

警察は自宅にいた50代の伯父が何らかの事情を知っているとみて調べをすすめています。

 

小さな子供が犠牲になるなんて、本当にやりきれません。

ご両親は当時不在で無事だったということですが、大切な我が子を失った悲しみは想像を絶します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 亡くなったのは小学生の男児2人

遺体として発見されたのは、この家に住む男の子2人です。

兄は小学6年生

弟は小学1年生

近隣の方の話によると、兄はしっかり者で礼儀正しく、登校時は旗を手に下級生をしっかり先導する姿が印象的だったということです。

また、

「家でゲームをして遊ぶ子が多い中、2人は珍しく道端でキャッチボールをして遊んでいた」

と兄弟の様子を語っています。

 

兄と小学校が同じだった稲美中学2年の男子生徒(14)によると、

「野球をして外で遊ぶのが好きな元気な子。消防団員のお父さんから、あの子の家が燃えたと聞いてショックだった」

と話しているということです。

小学校1年生の弟は、これからもっと友達が増え、楽しい学校生活を送るはずだったでしょう。

6年生の兄は、来年中学生。

ご両親は2人の息子さんの成長を、心待ちにしていたに違いありません。

 

今回の火事が放火であれば、断じて許されません。

一刻も早く犯人を見つけてほしいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


火災現場の住所は兵庫県稲美町岡1443

 

火災の現場となった住宅の住所が特定されていました。

兵庫県稲美町岡1443

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 出火原因は?

今回の火事の出火原因については、現在も調査中ということです。

しかし、「人為的な火災」であると判断されたことからも、可燃性の高いものに火をつけたのかもしれません。

この家に子供たちがいると分かっていたのでしょうか。

何か恨みがあったのでしょうか。

火災の原因が特定されましたら、こちらにも掲載いたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

叔父の名前や顔・顔写真!

 

 

この住宅には、小学生兄弟と両親、母親の兄(50代)5人暮らしでした。

叔父は普段、この家の1階の部屋で過ごしていました。

近所の人の話によると、叔父は以前、工場勤務をしていたようです。

コロナの影響で職を失ったのか、数年前からこの家で同居を始め、現在は仕事をしていませんでした。

家族間でもほとんど接触がなく、引きこもりだったようです。

 

「伯父さんがいたというのを火事の時に知った。本当にいることも知らなかった。僕は見たこともないので…」

「わからない、大阪に出ていたというのも聞いたけど」

「昼間は家にいて夜になったらちょっと出歩いてたって」

 

叔父は近所の付き合いもなく、物静かな性格でした。

 

現在も叔父の行方は分かっていませんが、叔父は車の免許を持っておらず、

徒歩で移動しているとみられています。

最新の情報によると、住宅が出火の通報直前に同居の伯父とみられる男性が、

現場付近から徒歩で立ち去る姿が近所の防犯カメラに写っていたことが分かりました。

火災が発生し、家の中には子供たちがいることを知っているのにも関わらず、

自宅を後にするなんて、どういうことなのでしょうか…

 

お子さんが亡くなられたことは残念でなりませんが、もし叔父が生きており、

何らかの情報を知っているのであれば、早く所在を明らかにして欲しいですね。

 

現時点で叔父の名前や顔、行方については、分かっていません。

新たな情報が入り次第、追記いたしますのでお待ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 世間の声

 

 

夜遅くまで、母親が仕事をし、帰宅したら、子供に会えないのは残酷過ぎる。神様、仏様は何故守ってくれなかったのか。
毎年、火事で悲しいニュース。火事を起こさせない、起こしない、注意喚起が必要だ。

 

 

夜遅くまで、母親が仕事をし、帰宅したら、子供に会えないのは残酷過ぎる。神様、仏様は何故守ってくれなかったのか。
毎年、火事で悲しいニュース。火事を起こさせない、起こしない、注意喚起が必要だ。

 

 

何ともいたましいことが起きてしまった…。
こんなに悲しいニュースはやり切れない。

火災の原因は何だったのだろう。続報を待ちたい。

 

 

伯父様は甥二人を寝かしつけて一緒に寝てしまったのでしょうか。
夜遅くまで仕事をされて帰宅したら自宅が全焼し遺体も見つかるなんてやるせません。

 

こんな言い方良くないけど、この手の事件だと容疑者が自殺して見つかることが多いからせめて生きていて何があったのか本人の口で言ってほしい。そうじゃないと余りにもやりきれないよ

 

やはり…、そうでしたか…。とても複雑な気分です。
父親が母親を迎えに出たタイミングと出火のタイミング、また画像でしか見ていませんが出火直後、かなり大きく炎が上がっていてとても不自然に感じていました。
ご両親は大切なお子さまを二人も失い、そしてそれを実行したのが奥様のお兄さんだとしたら…、すごく苦しんでおられるのではないでしょうか。
お子さま達のご冥福をお祈りします。

 

 

あの世とか来世とか、俺は信じていないけど、次生まれ変わったなら幸せな人生を送って欲しい。
子供たちが犠牲になる事件を目にするたびにそんな事を思います。
あまりにも悲しいです。

 

 

親御さんのこと考えたらもう辛すぎて。当時のサイレンも聞こえてたけど結構な台数向かってだからそんなに大きい火事なのかな?ぐらいに思ってた。家が近いからとりあえず戸締りは確認しました。

 

 

なんの罪もない子供を巻き込むのは許せない。
動機を知る上でも、この叔父は何としても生きて確保して欲しい物です。

 

 

この伯父とやらも、はたして生きているのかどうか。生きていてほしいものです。そうじゃないとやりきれないよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)