一瀬健作氏(邦夫の息子)のwiki経歴や学歴(大学)!生年月日は?交通事故って?


ペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が退任し、副社長の一瀬健作氏が新社長に就任したことがわかりました。

一瀬健作氏についてまとめていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

「いきなり!ステーキ」などを展開する(株)ペッパーフードサービス(TSR企業コード: 292855524、東証プライム)は8月12日、一瀬邦夫代表取締役社長CEOが近年の業績不振の経営責任を明確にするという理由で辞任し、新社長に副社長だった一瀬健作氏が就任すると発表した。一瀬邦夫氏は取締役も辞任する。  一瀬邦夫氏は、1985年10月に有限会社くに(現:ペッパーフードサービス)を設立し、代表取締役に就任。以降、事業を拡大させ、2006年にマザーズ(当時)に上場していた。  ペッパーフードサービスは、店舗同士の競合や新型コロナウイルスの感染拡大による店舗の一時休業などで業績不振が長期化。2020年6月には「ペッパーランチ」事業を売却するなど立て直しを目指していた。しかし、生活習慣の変化や物価上昇などで主力のディナー帯の売上回復が遅れており、同日発表した2022年1-6月期の当期純利益は8億6,800万円の赤字だった。2022年12月期の通期予想も下方修正し、10億900万円の最終赤字を見込んでいる。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

いきなりステーキなどで有名な

ペッパーフードサービスの

社長が交代したことがわかりました。

 

 

一瀬邦夫社長は退任し、

一瀬健作副社長が新社長に就任したようです。

 

一瀬健作新社長は一瀬邦夫前社長の

息子で長男です。

 

 

邦夫氏は業績不振の経営責任を

明確にするという理由で辞任しているので

新社長に期待されるのは

業績の回復でしょう。

 

責任は大きいですが、

頑張ってほしいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

 


 一瀬健作のwikiプロフィール!生年月日は?

 

 

 

名前:一瀬健作

生年月日:昭和47年6月26日

父親:一瀬邦夫さん

母親:48歳で他界

姉or妹:久美子さん

甥:慶太郎くん

 

 

スポンサーリンク

 

 


 一瀬健作の経歴や学歴(出身大学)は?

 

 

一瀬健作さんの学歴(出身大学)については

情報がなくわかっていません。

 

父親の一瀬邦夫さんは日出学園高校の出身ですから

もしかしたら同じ学歴をたどっているかもしれませんね。

 


経歴

1993年4月 さわやか株式会社入社
1999年11月 株式会社ペッパーフードサービス入社
2005年3月 取締役ペッパーランチ運営部長就任
2012年1月 取締役管理本部長兼CFO就任
2012年1月 専務取締役管理本部長兼CFO就任
2019年1月 代表取締役副社長管理本部長兼CFO就任
2020年6月 JP(現ホットパレット)取締役就任
2022年8月 代表取締役社長就任

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 交通事故ってなんのこと?

 

一瀬健作さんについてネットで

「交通事故」というキーワードが

調べられていることがわかりました。

 

 

 

こちらは調査してみましたが、

一瀬健作さん自身が事故を起こしたという

事実は見当たらなかったので、

2016年に起きたいきなりステーキの

広告宣伝車が起こした死亡事故のことに

関連するキーワードではないかと思われます。

 

 

広告宣伝車による交通死亡事故

2016年5月29日午前11時24分、東京都台東区上野の交差点で、「いきなりステーキ」の広告宣伝車(アドトラック:車種は5tトラック)に60代男性がひかれた。男性は搬送先の病院でまもなく死亡が確認されたため、警視庁はトラック運転手を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕した。[26] 広告宣伝車はいきなりステーキの宣伝とキャンペーンを目的に、4月25日から5月29日まで東京23区を中心に運行を計画[27]されたイベントだった。宣伝車走行に際して「いきなりトラックを探して」と題し、車の写真をツイッターかインスタグラムに投稿することで「ワイルドステーキ300グラム」が1000人に当たるキャンペーンを実施。ポイントカードを保有していない顧客は、車の写真をペッパーランチ店舗で見せることで、無料でカード入手できるようにするというもの。毎日予定走行ルートをホームページで公開していた[28]その最終日に死亡事故を起こした。翌5月30日社長名で事故は「広告宣伝活動において依頼した広告代理店の委託先のアドトラック」であること、「今後は道路上での広告宣伝活動は一切行わない」とするコメントを発表した[29][30]

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

初めて行ってガッカリしたので、それ以来1度も行くことはなくなったな。美味しい店もあるようだけど全店一律に一定の品質が保証されてはいないんだから、コロナに関係なく遅かれ早かれ行き詰まってたと思います。事業を可能な限り精査して残った店舗の価値を高められるかが課題でしょう。高いと流行らない、ではなく値段と品質、サービスの最良のバランスを見つけ出さなければ。

 

年齢も年齢だと思うので普通に隠居します……… でいいと思うけど、全てを自分の罪として背負って辞任するのならそれはそれで凄く潔いと思うのですが……… ただこの人のこれまでの言動を見ている限り、形は息子に譲ったけどあくまでも形だけで実権は自分のものだからね かりにそうだとしたらやっぱりこれからも苦境は続くと思うし、息子さんが反面教師の父親を突っぱねる事が出来るか うちの地域のいきなりステーキもどんどん潰れて今やショッピングモールにあるだけになりましたが、今度食べに行ってみます

 

 

立ち食い発祥ゆえ、1人でも入りやすいステーキ店という長所に注力して、 ある程度の普及の後は堅実に経営していっていただければよかったと思います。 とはいえ、一世を風靡した事もある訳ですから、 その展開力は凄かったと思います。 こうしたタイプの経営者の方は、 落ち目になる前にチェーンを売却して悠々自適の暮らしをするのがいいと思うのですが、 なかなか難しいのでしょうかね。 私も一人で行けるステーキ店としてお世話になっておりました。 お疲れさまでした。

 

後任の再建は結構大変な仕事になるなー。店舗コンセプトも商材も固まってるし、柔軟性を持たせる余地はあまり大きくはなさそう。 ただ、急成長させただけあって店舗数の割にはまだまだ合理化や標準化できてない部分も多そう。意外とコスト管理も甘かったりして。新社長は息子かな?本社のリストラしたり店舗回りしたり、やること山積みだけど上場企業の経営者として頑張ってほしい。

 

会社を大きく成長させたことに尊敬します。が好調を維持でなく衰退に追い込んだのもまた社長かと思います。当時のサービスは斬新的で多くの層を取り込んだと思いますが、既存ユーザーより新規ユーザーに重点を置いたサービス展開が仇になったと思います。私の場合は残念だったのが肉マネーの補償に対する対応。店舗側から今後の補償はないと聞いたので過剰注文を受ける形で肉マネーを消化させたのは本当に残念でした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)