飯塚幸三の現在は?家族や息子は?自宅特定!トヨタの対応や弁護士の主張、親族等最新情報!


罪のない人が犠牲になるのが交通事故です。

池袋で、飯塚幸三被告(89)が

松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)の

母娘を死なせてしまった事件で、

被告から新たな証言が飛び出しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

車制御できずパニックに

東京・池袋で車が暴走、親子が死亡した事故で、飯塚幸三被告(89)が過失運転致死傷の罪に問われた裁判で27日、飯塚被告に対する被告人質問が初めて行われている。 飯塚被告は、「車が制御できないことを非常におそろしく感じました。パニック状態になったと思います」と述べた。 旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三被告は2019年、池袋で車のブレーキとアクセルを踏み間違えて、横断歩道に突っ込み、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させ、9人にけがをさせた罪に問われ、無罪を主張している。 27日の被告人質問で飯塚被告は、事故当日については、「走る前に車のブレーキのチェックをしましたが、異常はありませんでした」と答えた。 そして、事故当時の状況については、「アクセルを踏んでいないのに、エンジンが高回転になりました」と説明、「車が制御できないことを非常におそろしく感じました。パニック状態になったと思います」と述べた。 法廷では、飯塚被告に対する被告人質問が現在も行われている。

https://news.yahoo.co.jp

 

2019年4月、東京・池袋での痛ましい事故は、
 
記憶にある方が多いのではないでしょうか。
 
 
近所にすむ主婦、松永真菜さん(当時31歳)と
 
 
長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故です。
 
 
 
 
 
 
 
 
当時、なぜすぐに運転手である飯塚幸三被告(89)を
 
逮捕しないのか、と騒がれ、
 
旧通産省工業技術院の元院長、であることから、
 
「上級国民だからか」と揶揄されました。
 
 
 
 
 
 
今回、飯塚被告は
 
 
自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われ、
 
 
 
東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた被告人質問に
答えました。
 
 
 
 
その内容が、信じ難いものだったのです。
 
 
 
「走る前に車のブレーキのチェックをしましたが、異常はありませんでした」「アクセルを踏んでいないのに、エンジンが高回転になりました」
「車が制御できないことを非常におそろしく感じました。パニック状態になったと思います」
 
 
アクセルを踏んでいないのに、
 
 
 
エンジンが高速回転になることは
 
 
 
ありえるのでしょうか?
 
 
 
 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


車の不具合での無罪主張

https://news.yahoo.co.jp

現在、車を原因に無罪を主張している飯塚被告ですが、
 
 
現時点でわかっていることが起訴状などにまとめられていました。
 
 
 
飯塚被告は19年4月19日、東京都豊島区の道路を時速60キロで走行中、
 
 
車線変更の際にブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み続け、
 
 
 
時速96キロまで加速し交差点に進入。
 
 
 
 
横断歩道を渡っていた松永さん母子をはねて死亡させ、
 
 
 
通行人ら9人を負傷させたとされている、とのことです。
 
 
 
 
つまり、仮に飯塚被告の言い分が正しいのだとすれば、
 
 
車線変更をした際、アクセルを踏んでいないのに車が
 
 
加速を続けた、ということになります。
 
 
 
裁判所での質問に対し、
 
「アクセルを踏んでいないのに加速した。
 
 
視線を落とすと、アクセルペダルが(運転席の)床に
 
 
張り付いて見えた」と述べたとのこと。   
 
 
 
 
つまり、アクセルペダルが戻ってこず、
 
 
踏まれたままの状態だった、ということでしょうか。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


今までの公判でも、「車の暴走」を主張

https://news.yahoo.co.jp

飯塚被告はこれまでの公判でも、
 
 
「車の何らかの異常で暴走した」と
 
 
無罪を主張し続けてきました。
 
 
 
飯塚被告の弁護側も
 
 
「ブレーキペダルを何度か踏んだが減速しなかった。
 
車の電子部品の経年劣化が事故原因だった可能性がある」と
 
訴えていました。
 
 
 
飯塚被告は「ブレーキを踏んだが、ますます加速した」とも述べ、
 
 
さらに車の側の原因に言及しました。  
 
 
 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


「視線を落とすと、アクセルペダルが床に張り付いて見えた」

 
みなさん、運転していて、自分のアクセルペダルを
 
 
見ることはありますか?
 
 
 
筆者はありません。
 
 
 
というか、そんな余裕はありません。
 
 
よほどゆっくり走っていたとしても、
 
 
視界を足元に落とすのは怖いです。
 
 
 
しかも、飯塚被告は、「パニックになった」
 
 
とも証言しています。
 
確かに、糧に加速し続ける車に乗っていては、
 
 
パニックになるでしょう。
 
 
納得できますよね。
 
 
 
ですが、その時に
 
 
 
 
視線を落とすと、アクセルが床に張り付いて見えた」
 
 
 
 
と、その時の状況を今語っています。
 
 
 
本当に事実なんでしょうか?
 
 
 
 
もはや誰も信じていないように思うのですが…。
 
 

 

 

 

スポンサーリンク

 

飯塚幸三の自宅はどこ?

 

実は、飯塚被告の住所はすでに流出しています。

東京都板橋区弥生町61−1

ライフビア中板橋というマンションで、

部屋番号は503。

 

 

これは、飯塚被告が過去に出した書籍などから

特定できたものです。

消すのが間に合わなかったんですね…。

 

高級そうなマンションですね。

このマンションは4500万円なんだとか。

 

板橋区のマンションは、やはり4〜5LDKで4400万円代なので、

おそらく、飯塚被告の部屋も4〜5LDKでしょう。

 

高級取り、と思うところですが、

案外一般的なところに住んでいたのですね。

 

実は、電話番号も同様に流出していたのですが、

 

事故の後に変更した、ということです。

 

住むところは変えられなくても、

 

電話番号くらいは変えられますからね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

飯塚幸三の家族は?妻と息子と孫?

現在、確かな情報ではありませんが、飯塚幸三の家族は、

 

妻、息子、孫

 

の三人であるとされています。

 

ちなみに事故が起きた時、妻は車に同乗していたことが

明らかになっており、事故後公開された

ドライブレコーダーのデータには、

女性の声が確認できたとのことでした。

 

息子や孫はわかりませんが、

 

妻は一緒に住んでいる可能性がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

警備員や張り紙で警告

現在、住所が割れてしまっている

 

飯塚被告に対して、苦情や私的な嫌がらせ行為をしようと

する人もいるようで、

 

中には突撃取材したユーチューバーもいます。

 

 

現在は警官や警備会社の方が警備しているようで、

取材を断る張り紙もあります。

 

 

マンションの住民も、管理会社も

 

とことん迷惑していますよね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

飯塚幸三の息子と孫は?

現在、飯塚幸三被告が事故後息子に

 

 

「いっぱい人をひいてしまった」

 

 

 

と電話をしていることがわかっていますが、

 

 

その息子についてはなんの情報も出ていません。

 

ネットでは一時、息子や孫も官僚なのではないか、

とかなり荒れました。

 

 

まぁ確かに、一切情報が出てこない以上、

様々な憶測はできますよね。

 

 

ですが、父が、あるいは祖父が

 

こんな大事故を起こし、

 

さらに被告人質問では事故をあくまで車の異常と

 

している姿をみて、どう思うでしょう?

 

それだけでも辛いのに、

 

自分と飯塚被告の関係を知っている人からは、

 

どういう目で見られるのか…。

 

加害者の家族も、また不幸にしかならない結末です。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、もし本当に車のせいだけなら、
 
 
今回の責任は、プリウスを作っているトヨタ自動車にも
 
 
行くことになりかねません。
 
 
 
 
しかし、実際に毎回運転する前にブレーキの確認をする人や
 
加速し続ける中パニック状態でアクセルを見る余裕がある人が、
 
 
この世にどのくらいいるんでしょうね?
 
 
 
 
 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)